2011年11月16日

ひぃなの丘 湖山荘


人気ブログランキングに参加しています。

kozanzo1.jpg
冷麺を食べた後は、ひぃなの丘 湖山荘
1泊2食付きで1万2000円くらいから。
湯気がもくもく。硫黄のかほり。





kozanzo2.jpg
足湯もあるよ。



kozanzo3.jpg
温泉を楽しんだ後は夕食へ。





kozanzo4.jpg
夕食のはじまり。山川の幸。
いろいろと。



kozanzo8.jpg
日本酒は「鷲の尾 秋あがり」熱燗で。





kozanzo5.jpg
畑の豆腐
よくわからん。





kozanzo6.jpg
川魚の刺身
鱒と岩魚だったと思う。これは質も良くおいしい。
醤油の質もまずまず。わさびもちゃんと本わさび。





kozanzo7.jpg
地鶏味噌、地野菜と山菜の揚物、南部かしわの炭火焼、豚しゃぶ
揚げ物はもう一歩。
南部かしわは質がいいのは分かるけど、これは焼きすぎ。
豚しゃぶは悪くはないけど、時期も時期だしあえて必要はない。



kozanzo9.jpg
秋野菜の豆腐饅頭
やや濃い目だが悪くない。日本酒によく合う。





kozanzo10.jpg
岩魚の塩焼き
これはおいしい。焼き加減も塩加減もいい。



kozanzo11.jpg
舞茸ご飯




kozanzo12.jpg
山葡萄のムース
嫌な予感はしましたが、ムースのクリームは添加物たっぷり。
口の中がベタベタになる。
こうなってしまうくらいなら普通に季節の果物を出して欲しかった。



kozanzo13.jpg
朝食は期待したほどではなく、ごく普通。





kozanzo14.jpg
ただし、ご飯はおいしいし、味噌汁もちゃんと出汁を引いたであろう真っ当な味です。
どれもちゃんと食べられるレベルの料理が並びます。




料理はまずまずの質。従業員も多いし大箱だし、ちょっと心配していましたが、素材の質も料理も悪くありません。調味料もそれなりのレベルのものを使っていたり、刺身にはちゃんと本わさびを出すなど、目立たないところをちゃんとやってる点にも好感が持てます。
もう少し頑張って欲しいところは色々とありましたが、この価格帯でこれ以上を求めるのは酷かも。
従業員の方の接客も問題ないし、概ね満足です。


ただ、唯一致命的な問題がありました。
気にならない人は気にならないのでしょうが、僕はすごく気になりました。
あえてここには書きませんが、もし宿泊を検討している方などで聞きたい方がいればメール下さればお伝えします。

リピートしたいかどうかはともかくとして、これで1泊に真っ当な食事2食に温泉も付いて1万円前半なら文句は言えませんがね。

人気ブログランキングに参加しています。

<2011年秋 東北旅行の記事一覧>
片平まつり2011(東北大学片平キャンパス内)
アル・フィオーレ
山ふところの宿 みやま
東家
福田パン
光原社
ビアパブ ベアレン
ぴょんぴょん舎 盛岡駅前店
ひぃなの丘 湖山荘
寿司一
ダ・サスィーノ
三内丸山遺跡を巡る。
大館で鶏飯を食らう
秋田内陸縦貫鉄道で行く。
料亭 稲穂
酒盃(その2)
浅舞酒造
発酵の町 横手を歩く
横手焼きそばを食らう。
知憩軒(その2)
羽黒山と精進料理
一心 加減燗


岩手県盛岡市繋字上野23-36
019-689-2658


posted by 1031 at 20:33| Comment(5) | TrackBack(0) | 宿・旅館・ホテルなど | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月09日

山ふところの宿 みやま


人気ブログランキングに参加しています。

miyama1.jpg
アルフィオーレから、続いては向かうは川渡温泉、鳴子温泉郷方面。
以前から宿泊してみたかった山ふところの宿みやまに宿泊。
外観では宿なのか良く分からない。





miyama2.jpg
中はキレイな感じ。






miyama2'.jpg
ひろびろ。




miyama2''.jpg
鳴子名物こけしもね。





miyama3.jpg
部屋もかなり広い。
宿泊の予約は多くても1日3組程度しか取らないそうで、ゆったりと休める。




miyama4.jpg
まずは温泉へ。
効能はなんだったっけな?




miyama5.jpg
で、夕食。
まずはこれらが用意された。
・ブルーベーリー酒
・蕗の煮付け
・みずの実
・月見蒸し
・柿のカッテージチーズ和え
・岩魚の田楽


岩魚の田楽は一体いつ焼いたんだという感じ。
味付けは総じて甘味が抑え目で、田舎料理としてはなかなか洗練されている。
わりと好みの味でした。




miyama6.jpg
しかし、食べ進めるとやや舌に残る感じが気になる。多量ではないにしろ化学調味料を使用している可能性はあります。
もしくは調味料自体に化学調味料が含まれていると思われます。




miyama8.jpg
日本酒は純米吟醸 雪渡り 友酔
確か生酒だった。雑味もあり、味のふくらみもない。キレも悪い。
非常に苦手な味。




miyama7.jpg
鶏まんじゅう
まずまず。
出汁は鰹だし。




miyama9.jpg
飛龍頭
これはうまかった。





miyama10.jpg
まんじゅう麩




miyama11.jpg
おむすび
米はササニシキ。やや柔らかめに炊かれている。



miyama13.jpg
いちじく
うまい。




miyama14.jpg
翌日の朝食はわりと普通な感じ。
しそ巻きや笹かまぼこなど、地のものを盛り込んではある。
ごはんはとてもおいしいです。



宿泊は1泊2食付だと17000円ぐらいからだったかな。
料理は特筆するものはありませんし、個人的には調味料が気になりますが、大衆的な旅館で出てくる料理よりはよほど上質で手がかかったものが食べられます。
温泉がある宿でゆっくりと休みたい人にはいいと思います。
豪華絢爛な料理を食べきれないほど食べたい人、上質な料理にこだわる人には向かないと思われます。

人気ブログランキングに参加しています。

<2011年秋 東北旅行の記事一覧>
片平まつり2011(東北大学片平キャンパス内)
アル・フィオーレ
山ふところの宿 みやま
東家
福田パン
光原社
ビアパブ ベアレン
ぴょんぴょん舎 盛岡駅前店
ひぃなの丘 湖山荘
寿司一
ダ・サスィーノ
三内丸山遺跡を巡る。
大館で鶏飯を食らう
秋田内陸縦貫鉄道で行く。
料亭 稲穂
酒盃(その2)
浅舞酒造
発酵の町 横手を歩く
横手焼きそばを食らう。
知憩軒(その2)
羽黒山と精進料理
一心 加減燗


宮城県大崎市鳴子温泉字要害91
0229-84-7641
posted by 1031 at 20:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 宿・旅館・ホテルなど | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月23日

郷土料理の宿 さんなみ その2


人気ブログランキングに参加しています。

sannami2-1.JPG
ちょっと前のこと、前回ものすごく感動したさんなみへ。
もう宿泊は不可能かと思っていましたが、たまたまキャンセルが出たとのことで3月末に再度宿泊。
夢のような気分で訪問しました。





sannami2-2.JPG
部屋、風呂などの説明は省略。早速夕食の紹介!
まずは食前酒のすだち酒。






sannami2-3.JPG
いしりの貝焼き、刺身、ガンドのヅケ、マツモ(海藻)
泊まる前に船下さんから「前泊まった時と料理はほとんど変わらないけど」と念を押されていましたが、それでいいんです。あの料理を食べたかったのだし、むしろ「変わらないこと」がこの宿の良さでもあります。
どれもすべて期待通りにおいしい。





sannami2-4.JPG
鱈のフト
鱈の胃などを唐辛子などと漬け込んだもの。チャンジャに近い味わいだが、これ一つとっても居酒屋のように変に安っぽい料理にならないのがすごい。







sannami2-5.JPG
ごま豆腐
先回も頂いたが、本当においしい。
洗練を極めた味。もちろん、びっくりするような味ではないが、素朴な中に素晴らしいセンスを感じる。
「素朴な料理」「野暮ったい料理」は似ているようで、全く違います。






sannami2-6.JPG
バイ貝
バイ貝はそれそのものが上質で、独特の食感はもちろん、しっかりとした旨みがある。
そして一緒についてくる「ゆうなんば」が素晴らしい!
ゆずの味が濃いのにバイ貝とあわせてもお互いを全く邪魔しない。それどころかお互いを引き立てあって、抜群の味わい。
ゆうなんばを醤油にたっぷり溶かし、たっぷりと付けて味わいました。
刺身に醤油をたっぷりと付けたくなることなんて久し振りです。
それだけ醤油もゆうなんばも上質で、なおかつ相性が良かったということ。






sannami2-9.JPG
タコの刺身
いしりの原液とともに。
うまいに決まってる。





sannami2-8.JPG
囲炉裏で焼いた海餅(かいべ)とハチメ(メバル)
焼き魚ってセンスが出ますよね。これは抜群にうまいです。
海餅もほんっとに・・・ほんっとにおいしい・・・。






sannami2-7.JPG
イカの鱈子付け
イカはもちろん、鱈子も上質。これだけでもおいしいが、これにいしりを付けたときのうまさは格別です。
もう悶絶と言うほかありません。うますぎる・・・・!!








sannami2-10.JPG
定置網にかかった鯨
「なみかわ」と言う超希少な部位を頂くことが出来た!
うまい!






sannami2-11.JPG
ごはんと漬物
最高のご馳走。これ以上何を求む?





sannami2-12.JPG
デザート
娘さん手作りのゆずチョコ。
ゆずも畑で取れたもの。素朴なうまさ。

夕食後も船下さんと関東からの宿泊客の方と話が弾んで、ついつい長居してしまいました。
ここに来る客はみんな少なからず食に対する興味がある方ばかりなのでしょうね。







sannami2-13.JPG
そして翌日の朝食・・・。まさに世界一の朝食!
相変わらず夕食から一貫して余計なものが一切無いです。
変な旅館泊まるとお決まりのように出てくる天ぷら、ブランド牛、寿司、創作料理、目玉焼きetc...そういうのが一切無いもんね。
ただ、逆に言うとそういう料理が出てこないと満足できない人食べきれないほど料理が出てくることに満足感を得る人にはこの宿はオススメできないです。







sannami2-14.JPG
3年ものの「こんか鯖」
前回も感動したが、今回もめちゃくちゃ感動した。
「うまい」と言う以外言葉が見つからない。
これを食べた後ではどんなこんか漬けも色褪せて見えてしまう。
もちろん最高のこんか漬け。日本人にとっては最高の食べ物とも言えるかも。








sannami2-15.JPG
サラダ
いしりドレッシングをかけて。変なサラダなら朝食に不要だが、これは野菜がしっかりうまい。







sannami2-16.JPG
煮豆、自家製ピクルス、赤かぶ酢漬け、ブリ大根、わらびと麩の煮物、漬物
最高にうまいものしかない。






sannami2-17.JPG
そりゃぁご飯が進むよね。6杯ぐらい食べるよね。









sannami2-18.JPG
めかぶの粕汁
味噌も自家製。うまい!
毎日の食事なら、僕はおいしい味噌汁とおいしいご飯があればそれ以上何も必要ありません。








sannami2-19.JPG
からすみ
深みのある味わい。お茶漬けなんかにしても良さそう。





sannami2-20.JPG
ごちそうさまでした。これで料理は一通り。
食後はサンルームで乾物などを見ながらゆっくりと・・・。





sannami2-21.JPG
やはりすべてが最高の料理でした。
もちろん日本の郷土料理ですから、見たことの無いような驚きの料理が出てくることはあまりありません。
でも一つ一つの完成度が素晴らしい。言うなれば、家庭料理を最高レベルに洗練させ手間ひまをかけたという感じ。
今回食べた料理は出汁や付け醤油なども含め、すべておいしくいただきました。残すところが無いくらいうまかった。
人生のうちでさんなみへ来て、能登の風土とこの味を堪能できたことはとても大きな経験になった。
大袈裟な表現でなく、一生のうちでここへ来るか来ないかというのはその後の考え方、人生の厚みが変わると思う。
おいしい料理は雰囲気とそれを楽しめる人があってさらに味が増すものですね。
柄にも無くこんな時間がずっと続けばいいのにと思ってしまった。
船下さん、本当にありがとうございました!!お疲れ様でした。


人気ブログランキングに参加しています。

さんなみ その1の記事はこちら
さんなみ その2の記事はこちら

石川県鳳珠郡能登町矢波27-26-3
0768-62-3000
posted by 1031 at 20:00| Comment(6) | TrackBack(0) | 宿・旅館・ホテルなど | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。