2011年09月18日

ダバインディア(Dhaba India) その3


人気ブログランキングに参加しています。

東京最後の夜はダバインディアに行ってきた。
「南インド料理食いに行くよ!」と東京の友人を呼び出す(笑)








dhabaindia4-2.JPG
タンドリーチキン
チャトニうまいなぁ〜。




dhabaindia4-1.JPG
そりゃビール飲むよね。





dhabaindia4-3.JPG
マサラドーサとワダ
有無を言わせずうまいよね。






dhabaindia4-4.JPG
単品のメニューも気になって仕方ないのだが、久し振りに来るとやっぱりミールス注文してしまう。
なんだか安心を求めてしまいます(笑)
こんな保障されたうまさなかなかないもん。







dhabaindia4-5.JPG
サンバルとラッサム






dhabaindia4-6.JPG
チキンカレーと魚のカレー




dhabaindia4-7.JPG
ポリヤルとエビカレー
このポリヤルのミックスベジタブルだけが唯一残念。



うまいっ!!!
次こそは単品カレーとか食べてみよ!


人気ブログランキングに参加しています。

<2011年夏東京食べ歩き>
・鳴神(カフェ)
・鮨 水谷(すし)
・ベーグルスタンダード(ベーグル)
・ブーランジェリー スドウ(パン)
・オブロン(ビール)
・銀座 青空(すし)
・オーボンヴュータン(ケーキ)
・西麻布 真(すし)
・アウグスビアクラブ(ビール)
・ラトリエ・ドゥ・プレジール(パン)
・アーンドラキッチン(南インド料理)
・アントンビー(ビール)
・シニフィアン・シニフィエ(パン)
・ダバインディア(南インド料理)


東京都中央区八重洲2-7-9相模ビル1F
03-3272-7160
営業時間
月〜金11:15〜15:00 17:00〜23:00
土・日・祝12:00〜15:00 17:00〜22:00
無休


2011年09月12日

アーンドラキッチン(Andhra Kitchen)


人気ブログランキングに参加しています。

Andhra-Kitchen1.JPG
アーンドラキッチンに行ってきました。
詳しい経歴は分かりませんが、ダバインディアの元シェフのお店。





Andhra-Kitchen3.JPG
アル・ボンダ
南インド風のコロッケ。中はサブジみたいな感じ。
塩がやや強めに効き、スパイスもしっかり。これはうまかった。
ビールに良く合う。




Andhra-Kitchen2.JPG
だからキングフィッシャー飲むよね。がぶがぶ。





Andhra-Kitchen4.JPG
ミールス(1950円)
ノンベジでお願いした。
チキンカレー、シーフードカレー、マトンカレー、ポリヤル、サンバル、ラッサム、チャパティ、パパド、アチャール、バスマティライスが付いてくる。
チャパティはかなり甘めで個人的には好きな味ではない。





Andhra-Kitchen5.JPG
チキンカレーもシーフードカレーもスパイスはしっかり効いていてうまい。
若干だがダバインディアより抑え目かな。
辛さに関しては僕がちょうどいいと感じるくらいなので、やや控え目だと思います。




Andhra-Kitchen6.JPG
マトンカレーもまずまず。
ポリヤルはミックスベジタブル。ダバインディアの唯一悪い点がそのまま(笑)
ミックスベジタブルはうまくないからこれだけはやめて欲しいけど、スパイスはよく効き、うまかった。



どれも想像通りおいしかった。当たり前だが、ダバインディアと似ている部分がかなり多いので、安心して食べられる。
ダバインディアと比べると少しだけスパイスが控えめであったり、なんとなく違った感はありますが、どれもよかった。
ただ、これならやっぱりアクセスの良さなどを考えても、今後もダバインディアに行ってしまうかも(笑)
近くにあればとっても嬉しいお店なんだけどね。

人気ブログランキングに参加しています。

<2011年夏東京食べ歩き>
・鳴神(カフェ)
・鮨 水谷(すし)
・ベーグルスタンダード(ベーグル)
・ブーランジェリー スドウ(パン)
・オブロン(ビール)
・銀座 青空(すし)
・オーボンヴュータン(ケーキ)
・西麻布 真(すし)
・アウグスビアクラブ(ビール)
・ラトリエ・ドゥ・プレジール(パン)
・アーンドラキッチン(南インド料理)
・アントンビー(ビール)
・シニフィアン・シニフィエ(パン)
・ダバインディア(南インド料理)



東京都台東区上野3-20-2 水野ビル B1F
03-5818-6564
営業時間 11:30〜15:00 17:00〜21:00(L.O.)
無休

2011年06月11日

セクションドール(SEction D'or)


人気ブログランキングに参加しています。

SEction D'or1.JPG
平安神宮のそばにあるタンドリーチキンの専門店、セクションドールに行ってきました。
オープンは2011年4月1日と新しいお店。8席だけの小さなお店です。
イケメンシェフの永松秀高氏はフレンチなどの修行経験もあるようなことを聞いたような聞いていないような。
しかし、インドで食べた家庭のタンドリーチキンを食べて感動したのがこのお店を始めるきっかけだったと聞いたような聞いていないような。






SEction D'or2.JPG
ハイネケン(400円)
とても上手に注いだ美味しいビール。泡もうまい。
価格も良心的。喉も渇いていたし3杯飲んだ(笑)

メニューは非常に少なく、僕が行った時にはタンドリーチキンとサラダぐらいしかなかった。
飲み物はインドのワインなど厳選された品揃えでした。





SEction D'or3.JPG
タンドリーチキン(1800円)
鶏のもも肉が一枚、ドン!と出てくる。写真では分かりにくいかもしれませんが、ボリュームあります。
これに野菜、パン、チーズが付いてきます。
付いてくるパンはパンデュースのもの。
やや酸味があり、これ自体が主張があり美味しいパン。もちろん料理ともあう。
ちなみにパンデュースは通常は卸しをやっていないので、パンデュースのパンが現地以外で食べられるのはここだけ。
シェフが頼み込んで使わせてもらっているそうです。





SEction D'or4.JPG
スパイスがとてもシャープに効いていて、鶏肉の味をうまく引き出している。
そして変にバランスが悪く何かが主張するわけではない。
まさにセクションドール(黄金比)。
鶏肉自体も皮がカリッと焼かれているが、パサつきも一切無く、とてもおいしい。
食べるのに夢中で断面を撮り忘れてしまいましたが、とてもジューシーに仕上がっていました。
そしてまたもりもりの野菜がすごくうまい!
それ自体が味がとても濃く美味しいのはもちろん、調理法も的確で、うまく野菜の味を引き出せています。





SEction D'or5.JPG
想像以上に良かった。
タンドリーチキンに1800円と言うとやや高いように思えるが、ボリュームもしっかりあるし、シェフのこだわりが詰まった一皿を食べられると思うとこの価格は妥当だと思います。
もちろん食べて驚くような食べ物では無いですが、これだけ手がかかったタンドリーチキンはあまり無いのではないでしょうか。これが今後のタンドリーチキンの基準になりそうです。
観光のついではもちろん、京都に行かれた際にはぜひ行ってみると良いでしょう。
オススメです。
僕もまた行こうと思います。ごちそうさまでした!

人気ブログランキングに参加しています。


京都府京都市左京区岡崎西天王町84-1 M&M's APARTMENT 1F
075-752-2249
営業時間 11:30〜14:30 17:00〜21:00
火曜休
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。