2010年10月06日

プント(osteria il punto)



人気ブログランキングに参加しています。


ちょっと前のことですが、久しぶりにプントに行ってきました。





punto1.JPG
まずは前菜の盛り合わせ4皿。以上で一人1000円くらい。



punto2.JPG
ナストロアズーロ
ゴクゴクいける感じのビールでした。



punto3.JPG
しらすとからすみのキタッラ
キタッラの食感がいい。
ちょっとクセのあるからすみの味わいもいい感じ。




punto5.JPG
そら豆と4種のチーズのビーゴリ
濃厚なチーズの主張。
そら豆の香りもよく、しっかりまとまった一品。
これうまかったなぁ〜。






punto4.JPG
パン盛り合わせ




punto6.JPG
本日の魚介炭火焼
見たまんま。






punto7.JPG
仔羊の炭火焼
ちゃんとうまい。



気軽な雰囲気でおいしい料理が食べられるお店です。
軽く飲みながらカウンターで食事なんてのも良さそう。
いろいろ使い勝手がいいお店だと思います。


人気ブログランキングに参加しています。


愛知県名古屋市中区錦2-5-24
052-222-8239
営業時間 11:30〜14:00 18:00〜22:00
日曜休


posted by 1031 at 19:20| Comment(4) | TrackBack(0) | イタリア料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月05日

イル・パリアッチョ(Osteria Il Pagliaccio)



人気ブログランキングに参加しています。


Il Pagliaccio1.JPG
イル・パリアッチョに行ってきました。
なかなか評判が良いので楽しみにしていました。






Il Pagliaccio2.JPG
今回は10名で貸切り&ワイン持込による会。
メンバーはまぁ、アレです、最近よく集まってるメンバー(笑)









Il Pagliaccio3.JPG
自家製パン
やや残念。すごくまずくは無いが、これから出てくる料理に対して弱すぎると感じる。
何度でも言いますが、パンはただの脇役じゃなく、料理との相性を考えて引き立て役になる必要があると思うんですよね。
そういう点では自家製と言うのも考え物で、相応のレベルのパン屋があるかどうかは別問題として、個人的にはおいしい既製品を使ってくれた方がいい。
料理と一緒にまずい水を飲みたくないのと同じで、まずいパンを食べたくないですしね。





Il Pagliaccio4.JPG
バーニャカウダ
赤オクラ、ひし、ヤングコーン、にんじん、紫大根、ベビーキャロット、ズッキーニ、芽キャベツ。








Il Pagliaccio5.JPG
アンティパスト ミスト
手前から、スモークサーモン 生姜とレモンのソース、バジルとリコッタチーズのトルテローニ、プロシュート

スモークサーモンは質が良くおいしい。生姜のソースとの相性はどうなのかな?
トルテローニもうまい。






Il Pagliaccio6.JPG
バターナッツのスープ
スープは程よく濃厚で、うまい。
リコッタチーズも入っているそうだが、良く分からなかった。黒い粉はリクリツィアというもので、甘草を粉末にしたようなものだそう。
漢方っぽい味わいがあり、クローブとアニスを足してやさしくしたような風味にも感じる。



Il Pagliaccio7.JPG
バターナッツはそれそのものが油分にも似た滑らかな味わいで、リコッタチーズなどとの相性は良いのかもしれない。
食べた感想は「熟してないメロン」の味。





Il Pagliaccio8.JPG
ラザニア
ボロネーゼのようなソースにカリッと焼かれたラザニア。質の良いパルミジャーノの香り、味わいもとても良い感じ。
シンプルでとてもおいしい一品。これは好きな味でした。






Il Pagliaccio9.JPG
クロカンテ サルシッチャ コン インサラータ
スパイスを効かせたサルシッチャを包んでカリカリに揚げた感じ。
サルシッチャはフェンネルが効いた印象的な味わい。
包んでしまうと肉のありがたみがあまり感じられなくなる気がしないでもないが、おいしかった。







Il Pagliaccio10.JPG
モルビド パルミジャーノ
パルミジャーノが香るプリンのような味わいでした。








Il Pagliaccio11.JPG
ティラミス
おいしかった。ローストしたコーヒー豆が敷いてあるので、その香りもすごくいい。



Il Pagliaccio12.JPG
エスプレッソ





Il Pagliaccio13.JPG
ワインは全部で9本でした。




料理はどれもしっかりおいしく丁寧で、満足できるものでした。
サービスもいいし、居心地も良い。
ここはまた来てみたいと思えるお店でした。


そして、この後はとある場所で2次会・・・
楽しい楽しい一日となったのでした。


人気ブログランキングに参加しています。



愛知県名古屋市熱田区六野1-2-24 ベレーサ熱田1F
052-871-5501
営業時間 11:30〜13:30 17:30〜21:00
月曜休
posted by 1031 at 20:23| Comment(6) | TrackBack(0) | イタリア料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月28日

アル・ケッチァーノ(Al che-cciano)



人気ブログランキングに参加しています。

alchecciano3.JPG
秋田で飲んだくれた翌日、次に向かうは山形県の鶴岡市。
鶴岡と言えばもちろんあそこ、アル・ケッチァーノ。
僕がこのお店を始めて知ったのはたぶん5、6年ぐらい前だったと思うが、山形の食材を使ったイタリアンと言うことで非常に有名で、いつか行きたいとずっと思っていた。
今回東北の旅を計画するにあたって、このお店だけは外せないと思ってかなり前もって予約しておきました。





alchecciano1.JPG
こんなところにある。

ところで、庄内地方ってほとんど反則級なくらいうまいものが集まる土地ですよね。

米どころだから、米がうまいのはもちろん、山にも海にも近く、そのうえ庄内川をはじめ、近くにいくつもの川が存在する。
しかも寒暖の差が激しいため、果物や野菜は間違いなくうまくなる。

もちろん日本全国、その土地ごとでうまいものは存在します。でも米、野菜、果物、山菜、肉類、魚介類、川魚、どれをとっても最上級の材料が揃っているってのはやっぱり恵まれてると思う。この土地でイタリアンをやるってのは正解なのかもしれません。







alchecciano5.JPG
お昼のコースは3500円、5500円、8500円と主に3種類あるが、せっかく行くので一番上の8500円のコースをお願いした。

このコースでは他の2つのコースとは大きく異なる内容の料理が食べられる。
ホームページの紹介にもあるのだが、「お客様のニーズに合わせて食材を調達しに行きます。庄内のおいしい旬の食材を組み合わせたイタリアンです。ぜひ、旬の庄内を感じてください。」とのこと。
一応電話予約では「なるべく山形でしか食べられない食材をたくさん使って、クセの強いものを出してください」と伝えておきました。
そして、念のため他のコースと全く違う料理が出てくることも念を押して確認しておきました。







alchecciano6.JPG
櫛引の和なしのジュース
なんとなく惹かれて注文。
うまくない。
が、飲みながらしばし待つ。

しかし、何かサービスがバラバラなんですよね、ここ。
気分が悪くなるような感じではないのだが、すごく人数が多い割りに無駄な動きが多いというか。








さて、料理に参りましょう。









alchecciano7.JPG
1.庄内浜のコチのカッペリーニ
はい、いきなり撮り忘れです・・・・。
カッペリーニの上にこちの刺身が4枚ほど乗っている感じです。
こち自体は熟成された味わいと、力強い食感があり、おいしい。
でもカッペリーニに乗せる意味が分からないし、料理としては全く完成されていません。
カッペリーニもぬるい。
先行きが不安になる料理。






alchecciano8.JPG
2.遊佐の岩魚の燻製でサンドしたヒラメの四角いカルパッチョ ブドウと焼いた皮
岩魚とヒラメを交互に重ね、層にしたもの。
魚の質は良くおいしい。








alchecciano9.JPG
3.山北の岩ガキ 畑のモロヘイヤのケッカソース
あぁ・・・やっちゃったと言う感じの料理。非常に残念。
牡蠣自体はおいしいが、上にかかっている野菜(モロヘイヤ、トマト、セロリ)と全くマッチしてない。
これは少なくとも牡蠣の味を生かす調理法ではない。
野菜自体もおいしいと思うが、牡蠣は牡蠣だけで食べて、野菜は別に醤油でも垂らして食べるとうまいんじゃないかな。
例えうまいものとうまいものを混ぜても決して相乗効果でうまくなるとは限らないと思う。
うまい日本酒とうまいワインを混ぜて飲んでおいしいですか?

この段階で思ったが、これをうまいと思って出しているなら、どうやら僕にはこのお店は合わないかもしれません。








alchecciano10.JPG
4.60℃で炒めた玉ねぎと削りたてのチーズと挽きたての黒こしょう
シンプルなのはいいのだが、パルミジャーノもおろしてから再度加熱されているようで、パサ付いて香りも飛んじゃってる。
悪くはないけどうまくはない。






alchecciano11.JPG
5.長ネギのシェリービネガーマリネとクミン
まずくはないけど、うまくはない。
食べにくいし、ありがたがって食べるほどのものじゃない。
さっきの玉ねぎといい、原価かかってないね(笑)






6.三瀬の鮎と丸なすの田楽仕立て(写真撮り忘れ)
なすの上に焼いた稚鮎と揚げた山椒の葉が乗った感じです。

ここまでずっと方向性が分散していると言うか、ワケの分からない料理が続いたが、これはおいしかった。
なすと苦味のある鮎のはらわたの味がマッチ。
揚げた山椒の葉も意味ある存在。






alchecciano12.JPG
7.サマートリュフのリゾット
香りはやや乏しいが、ちゃんとおいしい。
特筆すべきことはありません。








alchecciano13.JPG
8.甘鯛の松笠焼きと夕顔ともずくのスープ
さっぱりしたスープにもずくと夕顔。スープにはフェンネル系の香り。
シンプルなうまさ。甘鯛もおいしい。
驚きはないけどちゃんとしてる感じ。








alchecciano14.JPG
9.ズワイガニとブロッコリーの紅花を練りこんだビゴリーニ
ブロッコリーもズワイガニも非常に中途半端な大きさで、パスタと絡まないし、かと言って食べ応えもない。
パスタは茹で過ぎなのか狙ったのかは知りませんが、柔らか過ぎ。
しかもこのパスタの味自体がおいしくない。
これは方向性もわからないし、全然おいしくない。






alchecciano15.JPG
10.アル・ケッチァーノ風 だし
だしはこの地方の郷土料理のこと。
「シンプルに塩だけで味付けしました!」とのことだが、全然うまくない。
これはオリーブオイルなどが欲しいし、野菜自体もそれほどうまいとは思えない。
「野菜の塩もみ」なんか食べにここまで来たんじゃねぇぞ・・・。








alchecciano16.JPG
自家製フォカッチャ
クソマズイ。
塩強すぎ。焼き過ぎてパサ付く。さらに口溶け悪い。
一口食べて終了。食べられないです。
これをうまいと思って出してるのなら相当問題。






alchecciano17.JPG
11.庄内牛のローストと紅茶のタンニンでのばした人参のピュレ
このコースのメインが牛肉って・・・・。
しかも他のコースを食べている人とかぶってるし。

肉自体の質は悪くないが、にんじんのピュレはただの摩り下ろしにんじんと言う感じで全然うまくないし、肉とも合わない。
意味不明な料理でした。

このメインでは他もあまり期待は出来ませんが、どうせならアラカルトメニューにあった、山羊とか猪とか鳩とか食べたかったな。





alchecciano18.JPG
12.イエローマジックシャーベット
オレンジと柿酢とパプリカを使ったシャーベット。
これはうまかった。
このコースの中で一番満足。





alchecciano19.JPG
13.もものコンポート
普通。






alchecciano20.JPG
コーヒーまずい。








alchecciano4.JPG
これは8500円払う価値のある料理ではありません。
パンとコーヒーを除いた13皿でどれ一つとして記憶に残るものは無かった。
うたい文句である「お客様のニーズに合わせて食材を調達〜」、これ一体何のつもりなのだろうか。

5500円以下のコースとは全く違うとのことでしたが、3品ほどはかぶっていましたし、さすがにメインがかぶるのははっきり言ってただの怠慢でしょう。
もしかしたら昔は良かったのかもしれませんが、シェフも東京へ行ったり雑誌の取材で忙しいのかお店にいないし。

放心状態でコーヒーを飲んでいるときにサービスの1人が、
「おなかはいっぱいになりましたか?」などと嬉しそうに聞いてきたのにはさすがに開いた口がふさがらなかった。

僕はおなかいっぱいになるためにこんな遠くまで来たわけじゃないんです。
方向性の定まらないワケの分からない料理で皿数だけ増やしておなかだけいっぱいにしたの?
ここでしか食べられない料理を食べに来たのに、この料理・・・このサービス・・・。
持てはやされているお店が、必ずしも味とは比例しないってことが良くわかりました。
素材を生かすという意味では山猫軒の方がどれだけ満足できることか。
想像できる味だとは言え、あっちはちゃんと方向性の定まったおいしい料理が食べられるし。







alchecciano2.JPG
重い足取りでバスに乗り込み、次の目的地へ向かうのでした・・・・。


人気ブログランキングに参加しています。



2010年夏の東北地方+αの旅
・割烹一八(いっぱち) 〜名古屋から東京へ、東北へ〜
・会津若松から大内宿へ
・米沢 鯉の六十里
・出羽屋(でわや)
・山寺観光と山寺御膳と立石寺
・バーニャのパン(Pain Bagnat)
・おりざの森、ふみえはらはん
・三彩館ふじせい
・食道園(しょくどうえん)
・日本酒と、郷土料理と日本酒と。(盛岡にて)
・料亭 東海林(しょうじ)
・酒盃(しゅはい)
・東北地方のうまいもん。
・アル・ケッチァーノ
・知憩軒(ちけいけん)
・蘭(あららぎ)


山形県鶴岡市下山添一里塚83
0235-78-7230
営業時間 11:45〜14:00 18:00〜21:00
月曜休
posted by 1031 at 15:50| Comment(18) | TrackBack(0) | イタリア料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。