2010年05月20日

ポン・デ・アスカル



人気ブログランキングに参加しています。

pda1.JPG
豊橋市にあるドイツパンのお店ポン・デ・アスカルに行ってきました。







pda2.JPG
かなりマニアックなドイツパンがたくさん並ぶ。
はっきり言って菓子パンなどは買う気が起きませんが、このお店ではドイツパンを選ぶべきでしょう。








pda4.JPG
ロッゲンサワーブロート(1本・600円)
ライ麦が90%ぐらいだったような気がする。
当たり前だが、ライ麦の味わいが非常に濃く感じられる。
酸味は少しあるが、嫌な感じではなくむしろ乳酸菌を思わせるようなまろやかなうまみが感じられる。
これは強い料理やディップなどとの相性は抜群でしょう。








pda5.JPG
カラント入りライ麦パン(1本・640円)
こちらもとても濃厚な味わい。見たまんまちゃんとおいしい。
若干パサつくが、口溶けは良くあまり気にならない。







pda3.JPG
ブリオッシュ
バターの香りは感じられるが、ややパサつくのが残念。







pda6.JPG
フルーツパンプキン(1斤・330円)
かぼちゃを練りこんだ生地にレーズン、クランベリー、パンプキンシード、ジンジャー、数種類のスパイスを入れて焼いている。






pda7.JPG
かぼちゃはほんのり感じる程度だが、ドライフルーツのうまみをうまくまとめ、しっとりと仕上がっている。スパイスは後味に少し感じる程度です。
これはかなりうまかったです。










小物類は町のパン屋という印象。地域に合わせた感じで魅力は感じません。もちろんそれが悪いという意味ではないですが、このお店の本当の魅力を味わうならマニアックなドイツパン、もしくは今回のフルーツパンプキンのような大きなパンを買うといいでしょう。


人気ブログランキングに参加しています。


愛知県豊橋市大橋通3-48-8
0532-54-1727
営業時間 9:00〜19:30
日曜休


posted by 1031 at 20:12| Comment(4) | TrackBack(0) | パン(愛知県) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月15日

ル・パン・フランセ(Le Pain Francais)




人気ブログランキングに参加しています。

Le Pain Francais1.JPG
かなり久しぶりにル・パン・フランセに行ってきました。
東山通りに移転してからは初めての訪問なので、前回の訪問からかれこれ3年ぐらい経ってるかもしれない。






Le Pain Francais2.JPG
店内









Le Pain Francais3.JPG
バタール
クラムは水分をたっぷり含んでしっとりしている。
もう少し焼きが強い方が好みだが、これはこれでちゃんとまとまっている。クセになるうまさ。なかなか良かったです。
生地にはやさしい酸味が感じられ、サンドにはぴったりだと思う。






Le Pain Francais4.JPG
そういう意味ではサンドをたくさん揃えているのは正解。
間違いなくおいしいでしょうね。






Le Pain Francais5.JPG
クロワッサン
もっと焼きが強かった覚えがあるので、思っていたのとは違いました。
でもザクザクとした生地はちゃんとおいしい。
バターがほのかに香り、クッキーの様な味わいでもある。







Le Pain Francais6.JPG
クルミのヴィエノワ
ヴィエノワなので、もっともっとリッチな生地かと思っていましたが、思ったよりはリーンな感じでした。
生地はクルミのうまみが移り、いい味わい。
なんとなく物足りない感じだが悪くはないです。







フランスパン生地(バタール)は好みが分かれそうですが、このお店らしさというか、特徴があっていいと思います。
今回選んだその他のパンは正直あまり魅力は感じませんでしたが、バタールは結構気に入りました。

人気ブログランキングに参加しています。


愛知県名古屋市千種区東山通4-17
052-781-0688
営業時間 10:30〜18:30
日曜休
posted by 1031 at 09:28| Comment(2) | TrackBack(0) | パン(愛知県) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月28日

しあわせをはこぶパン by PANDUCE(安城市 暮らしのお店内)




人気ブログランキングに参加しています。

kurasino-anjo1.JPG
2010年4月28日に安城市にオープンした『暮らしのお店』にある『しあわせをはこぶパン by PANDUCE』に行ってきました。
このお店は、パンデュースがプロデュースしたということで話題のお店です。







kurasino-anjo2.JPG
ポップやディスプレイの仕方などはパンデュースそのもの。





kurasino-anjo3.JPG
パンの種類は、売り場面積の関係もあると思うが、パンデュースに比べるとかなり少なくはなっている。






kurasino-anjo4.JPG
クロワッサン(140円)
力強さはそれほど感じられないが、香ばしさをほど良く感じ、おいしい。
バターはたっぷりだが、口溶けが良く、まずまずいい感じでまとまってはいる。
しかし、大阪のパンデュースのクロワッサンと比べると著しく劣る。





kurasino-anjo5.JPG
パン・オ・ショコラ(160円)
折込を少なくし、主張を強くしたいのは分かるんだけど、肝心の生地の食感がやや残念。
チョコレート自体はなかなかおいしい。
目指す方向性は悪くないけど、これも大阪の本店に比べ、著しく劣る。
とは言っても高いレベルであることには間違いないです。






kurasino-anjo6.JPG
ブリ食のバンズ(70円)
ブリオッシュと角食パンの生地を混ぜた小型のパン。
角食特有のヒキとコシの強さがあり、その上バターがほんのり香り、とてもおいしい。
しつこさも感じさせず、いい意味で独創的だと思います。






kurasino-anjo7.JPG
レンコンのタルティーヌ(260円)
パンデュースと言えばタルティーヌもね。







kurasino-anjo9.JPG
トラディショナル(220円)
クラストはやや薄めで、パリッとした軽やかな食感。
気泡の力強さはしっかりとあり、熟成した甘さもほんのり感じられる。






kurasino-anjo10.JPG
クラムはやや褐色を帯び気泡もまずまずいい感じ。
ただ、弾力や力強さはやや欠けるため、残念な印象。
おいしいといえるレベルにはありますが、これまた大阪の本店に比べ、かなり劣る。






kurasino-anjo11.JPG
角食(一斤・270円)
はちみつ練り込んだ食パン。これ、かなりうまいです。
配合自体はそれほどリッチではないと思う。発酵によって引き出されたうまみがしっかりと感じられ、はちみつを練り込んだことで、いい意味で苦味や酸味のようなニュアンスが感じられる気がする。
生地自体はヒキが強く、口溶けもまずまず良い。
なかなか好みの食パン。
ただ、並んでいるのを見る限りではやや過発酵気味のものありました。






kurasino-anjo8.JPG
クルミのリュスティック(260円)
クルミのうまみが十分に生地になじんでいて、とてもいい感じ。
パサつきは全く無いが、水分量はそれほど多くは無い。ただ、クルミとの相性を考えるとこれくらいがちょうどいいのかもしれない。
いずれにしても、これはおいしかったです。





kurasino-anjo0.JPG
現時点では全体的に高いレベルでまとまっています。今後どうなるかは知りません。
愛知県内ではトップレベルと言えるでしょう。
しかし、大阪の本店を知っている身としては、はっきり言って残念な印象
このお店のパンを食べて、「パンデュースのレベルはこの程度か」と思って欲しくは無いです。
次食べるなら、僕はたとえ遠くても間違いなく大阪へ行ってしまうでしょう。
今回の愛知県への出店は成功なのか失敗なのか・・・・。


人気ブログランキングに参加しています。











kurasino-anjo12.JPG
ついでに同じ「暮らしのお店」内にある、「CHARLIE'S VEGETABLE(チャーリーズ・ベジタブル)」へ。
愛媛県に本店を持つスープとサラダの専門店。
ビュッフェ形式で食事が出来るが、一応単品メニューもあるらしい。
ランチビュッフェは1280円。






kurasino-anjo13.JPG
約40種類の野菜。
豆腐以外は本当に野菜しかない。1280円て(笑)
いくら野菜が高騰していてもこれなら原価率は相当抑えられますね。
うまく健康志向に乗っかった経営上手なお店。










kurasino-anjo14.JPG
15種類程度のドレッシング・・・・
あと、スープとパン。






kurasino-anjo15.JPG
まぁ質が良ければ文句は無いが、豆腐、トマト、かぼちゃあたりはまずかった。
パンはパンデュースのもの。だからうまい。








kurasino-anjo16.JPG
今後どうなるのかも少し楽しみ。


人気ブログランキングに参加しています。








kurasino-anjo17.JPG
そして・・・・
少し歩いて、神杉酒造へ。







kurasino-anjo18.JPG
うま〜い!
いろいろ試飲して帰りましたとさ。




人気ブログランキングに参加しています。


パンデュースその1の記事はこちら
パンデュースその2の記事はこちら
パンデュース(愛知県安城市暮らしのお店内)の記事はこちら




(暮らしのお店)
愛知県安城市百石町1-6-3
0566-71-4070(代表)
ホームページはこちら

(神杉酒造)
愛知県安城市明治本町20-5
0566-75-2121
ホームページはこちら
posted by 1031 at 16:14| Comment(28) | TrackBack(0) | パン(愛知県) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。