2010年12月31日

ラ・ブティック・ドゥ・ジョエル・ロブション(LA BUTIQUE de joel Robuchon) その2


人気ブログランキングに参加しています。

名古屋松坂屋本店の地下にあるお店。
松坂屋は頻繁に行くんですけど、ここは久しぶりの訪問。
前回はどうやら3年近く前です。





robuchon2-1.JPG
バゲット・クラッシック
しっかり焼きこまれたクラストは食感の強さはもちろんのこと、ざっくりした歯切れの良さもあり、意外に食べやすい。
クラムは十分に水分を含み、見るからにうまそうなクリーム色。
生地の甘さ、味わいにやや複雑な香りや風味を感じたが、粉の配合の関係だろうか。
文句なしのバランス感覚でキレイにまとまったお手本のようなバゲット。
相当高いレベルにあります。





robuchon2-2.JPG
バゲット・ロブション
ロブションといえばこのバゲットも有名。
ほんのり酸味が感じられる生地だが、芳醇なうまみもあってしつこさは全く無い。
先端が細く香ばしく焼かれていて、一度で二度おいしい。
これは主張の強い料理やジビエなどにも十分耐え得るパンです。





robuchon2-4.JPG
パン・オ・シードル
りんごのお酒であるシードルに漬け込んだ非常に主張の強いりんごが練りこまれている。
それに合わせる生地はこれまた主張の強い自家製酵母のルヴァン。
適度な酸味とうまみが全体をうまくまとめていた。これはうまい。
仮にこの生地が主張の弱いものだったとしたら、一気に残念なものに仕上がっていたと思います。




robuchon2-5.JPG
パイナップルの天然酵母パン
パイナップル、ヘーゼルナッツ、ピスタチオなどが練りこまれたパン。
生地はしっかりしたうまみがあり、パイナップルもシャープな酸味が感じられ、思った以上に力強いパン。
ナッツとの相性はどうなのだろうと思わない部分も無いでもないが、間違いなくうまいといえるパンです。
欲を言えばもう少しだけしっとりしていた方が好み。




robuchon2-3.JPG
焼き栗のリュスティック
強く焼きこまれた生地は焼き栗の甘さや香ばしさと相まって、とてもいい香り。
しっとり感はまずまずあり、リュスティックならではの弾力も兼ね備えている。
ナッツ類との相性も良く、うまくまとまった一品。
こちらも欲を言えばもう少しだけ水分が多いと嬉しい。



バゲット、パン・オ・シードルが特にうまかった。
その他も一定以上のレベルにあるし、今回選んだものはかなり良かった。
唯一、折込系だけはだらしない見た目が食欲をそそらなかったが、実際どうなんでしょうかね。
ややチェーン店化してきているのであんまり褒めたくないけど、これはうまいとしか言いようがありませんでした。今回で印象がさらに良くなりました。
ただ、ケーキは非常に残念らしいけど、食べたことは無いので分かりません。

人気ブログランキングに参加しています。


ロブションその1の記事はこちら
ロブションその2の記事はこちら
ロブションその3の記事はこちら


posted by 1031 at 06:32| Comment(4) | TrackBack(0) | パン(愛知県) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月08日

パントリコ(Pantricot)


人気ブログランキングに参加しています。

pantricot1.JPG
地下鉄一社駅付近に10月28日にオープンしたばかりのお店。
昭和のギャグ女王の記事を見て行ってきました。





pantricot2.JPG
店内にはキレイなショーケースがあり、店員さんに伝えて取ってもらう。
清潔感があり、かわいらしくまとまっていい雰囲気の店内。
いい意味で迷います。





pantricot3.JPG
これは売り物ではないらしい。いつかラインナップに加えて欲しい。






pantricot4.JPG
クロワッサン(150円)
折込は少なめで、ざっくりとした強い食感の生地。
層の一枚一枚が押し返すようような強さがあり、存在感抜群。
キレのいいバターの香り、甘さの加減ともにバランスよく主張するレベルの高いクロワッサン。
一見すると少々巻き込みが乱暴な感じがしたが、味に影響する要素ではありませんでした。





pantricot5.JPG
バターロール(80円)
自家製の天然酵母を使って仕込んだパン。このお店の定番商品だそう。
袋から取り出したとたんに芳醇なバターの香り。
食感はさっくりしており、口溶けも良く、何の違和感も無く食べられる。
もっとヒキのある生地を想像していたので、思ったものとは違ったが、おいしかったから問題なし。
表面はつるっとしていて、見た目にもかわいらしい。





pantricot6.JPG
ブリオッシュ(100円)
バターが程よく主張し、素直においしいと感じるブリオッシュ。
口溶けもまずまずよく、パサつきやベタつきが一切無い。
絶品とは言わないが、なかなか無い高いレベルでまとまったブリオッシュ。
原価率の高いブリオッシュにしては良心的な価格設定。





pantricot7.JPG
バゲット(240円)
少量のイーストを使って低温長時間発酵させたバゲット。
かなり強く焼きこんだクラストはやや厚めで、ガリガリッと重厚感のある食感。クープもしっかりとエッジが立ってカッコイイ。もれなく口の中が裂傷だらけ(笑)
ハードはハードだが非常に歯切れも良く、余計なヒキを感じることも無い。
クラムはたっぷりと水分を含み、その上しっかりとクリーム色で、発酵によって引き出された穀物の甘みがなんとも言えない。口溶けの良さもかなり良く、抜群の完成度と言える。
かなり好みのバゲット。とにかくうまい!






pantricot8.JPG
フォカッチャ(220円)
具は数種類のバリエーションがあるようでした。
これはベシャメルソースにキノコとじゃがいも。
ベシャメルソースはおそらく自家製で余計なうまみなど無く、キレイな味。シンプルながらとてもセンスのある味付け。
生地自体は特筆することは無いが、丁寧さが伝わるパン。





pantricot9.JPG
ニシノカオリの食パン(1斤・190円)
国産のニシノカオリを使った食パン。
水分量は非常に多く、力強い弾力があるパン。
甘さは程よく感じるが、噛み締めるごとに膨れ上がる旨みや甘味がとても強い。
食パンとして見た時に、僕の好みドストライクではないのだが、とにかく「おいしいパン」であることには間違いないです。
同じ系統で言うとクロアの湯捏ね食パンよりも好きです。
いわゆる「もちもち」のパンが好きな方にはいいと思います。
しかもこれがたったの190円。良心的です。某大手袋入りパンでも150円前後ですからね、バカらしくなってきます。
あとたったの4、50円出せばこんなうまいものが味わえる。安くてうまい。最高。
この価格帯では間違いなく最高レベルの食パンと言ってもいいでしょう。




全部うまかった。
リーンなパンはもちろん、惣菜パンも手抜き無し。
今回は特にバゲットと食パンが気に入ったが、その他のパンも文句無くうまかった。
あえて言うなら生地の種類がやや少ないことが残念。だって今回選んだものでほぼ完全にこのお店の生地を制覇してしまっているから。
このお店くらいのレベルだったらもっとマニアックなものや面白い物を高いレベルで作れそうな気がする。
今後はこの品質を保ったまま、ぜひともマニアックなものも焼いて欲しい。


人気ブログランキングに参加しています。

パントリコその1の記事はこちら
パントリコその2の記事はこちら


名古屋市名東区高社1-191
052-768-5857
営業時間 10:00〜19:00
日曜、隔週月曜休
posted by 1031 at 08:35| Comment(19) | TrackBack(0) | パン(愛知県) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月03日

ポンレヴェック(Pont l'Eveque) その4



人気ブログランキングに参加しています。


plvq3-1.JPG
久しぶりにポンレヴェック。移転後初訪問。
JRの蟹江駅から歩きましたが、15分程度でした。





plvq3-2.JPG
移転に伴い売り場面積、イートインスペースともに拡大。






plvq3-3.JPG
サラダとパン
ランチのパンはおかわり自由。
ちなみに、ランチについてくるパンの中で、いつも疑問なのが丸いふわふわのヤツ。あれ、単体でもおいしくないし、ここの料理には全く合わないんですよね。
もちろんそれを求める方もいるのだとは思いますが、このあたりをこだわって本当に合うものだけを出して欲しいんですよね。
そうすれば料理におけるパンの存在がもう少し見直されてくると思うんですよね。
本当に料理合うパンを出すことができる数少ないお店だと思うんですけどね。






plvq3-4.JPG
この定番のポークシチューには強いバゲット、サワーライ、カンパーニュなどがベストマッチなんです。






plvq3-5.JPG
こちらは季節のメニュー。たっぷりキノコと豚バラ肉のオニオンスープのシチュー。




plvq3-6.JPG
このお店のハード系との相性はやはり抜群!!
こりゃたまらん。

料理と全然合わない変なパンを出すレストランのシェフは、一度ここのランチを食べてみるべきだと思う。
そうすればあまりにも残念すぎるパンを出すお店も減るんじゃないでしょうか。







plvq3-7.JPG
そして、パンを購入。

しかし偶然ってあるもんですね。
パンを選んで会計を済まそうとしていると、この日のつい3日前に会ったばかりのさゆりさんにバッタリ遭遇。
もうお互い笑うしかない(笑)








plvq3-8.JPG
そしてコレがさゆりさんpantikiさんオススメの明太子パン!




・・・・じゃねぇ、間違えた(笑)
これは「明太子フランス」で、こっちが「明太子パン」










plvq3-9.JPG
胡桃とラムレーズンのパンドママン(180円)
生地は全粒粉が入っており、フィリングと相まって香りがいい。
ガッシリとした焼き具合がまたいい。
ただ、塩がほんの少しだけ弱いため、ちょっと間の抜けた印象。








plvq3-10.JPG
りんごとクリームチーズのパン
普通。








plvq3-11.JPG
秋味(280円)
全粒粉の生地にクルミと栗が練りこまれている。
生地は思ったより甘く、軽い。
誰にでも好まれそうな味だが、特筆するようなおいしさはありませんでした。
これも少しだけ塩が弱い。









plvq3-12.JPG
バゲット(252円)
塩気のバランス。
クラストの焼き込み具合。
しっとりしたクラム。

ピシャリだ・・・・残す気がしねぇ・・・!!


と、SLAM DUNKの三井寿っぽく言いたくなるくらいにうまい!!
んー、たまらん。







このお店のバゲットは本当に大好きです。
僕はこれまで訪れたお店ではかなりの割合でバゲットを購入していますが、このお店のバゲットは全国でも相当レベルが高い部類に入ると思います。もちろんバゲットも目指すところが違うのでどれが一番優れているかは一概には言えないと思います。
でもどれが好きかと言われると、このお店のバゲットが一番好きかもしれない。


今回は全体的に塩が弱めだと感じましたが、これがたまたまなのか、狙ってこの強さなのかは分かりません。
しかし、どう考えても全体的にもう少し塩を強くしないといけないように思えました。これが偶然であることを祈り、そしてこの味をぜひ維持&向上させて欲しいと思う。


人気ブログランキングに参加しています。


ポンレヴェックその1の記事はこちら
ポンレヴェックその2の記事はこちら
ポンレヴェックその3の記事はこちら
ポンレヴェックその4の記事はこちら



愛知県海部郡蟹江町学戸2-38
0567-96-6646
営業時間 8:00〜18:00
水曜、第1・3・5火曜休
posted by 1031 at 18:12| Comment(10) | TrackBack(0) | パン(愛知県) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。