2011年08月07日

燻や


人気ブログランキングに参加しています。

kunya1.JPG
続いて目指すは、佐賀にある燻や
結構山奥に入っていきます。




kunya2.JPG
到着!!






kunya3.JPG
冷蔵ケースには魅力的な商品がたくさん!




kunya5.JPG
これ欲しい(笑)




kunya4.JPG
全部うまそ。

店主の田辺さんがいらっしゃったので、いろいろと話を聞きながら選ぶことに。
ここのソーセージ、燻製類はすべてアミノ酸の添加は行っていないそう。
(添加物は亜硝酸塩のみ。)
もちろんそれは体に良いとか悪いとかの観点ではなく、「必要が無いから」だそう。
一応亜硝酸塩も使っていない完全無添加の商品もあるが、田辺さん自身ソーセージに関しては使った方が好みだそう。
「亜硝酸塩を体に悪い云々言うなら野菜も食べられないよね」とおっしゃっていたのが印象的。
当たり前だけど、野菜類には亜硝酸は含まれていますよ。
僕も同じ意見だけど、ソーセージ類の亜硝酸塩をバカみたいにうるさく言うならもうソーセージは食うなと言いたい。そして当然野菜も食うな。






kunya6.JPG
燻やドッグ
一応ドッグのみはここで食べることが可能。
ソーセージはやや粗挽きの肉で、しっかりとした旨み。
化学調味料を添加していないので、不自然な味の強さを感じることは無い。
うまかった。
ビール欲しい(笑)





kunya7.JPG
やわらか燻製半熟黄身卵
うまい〜。






kunya8.JPG
チョリソー
そして博多に戻りがてら、駅で地ビールを購入。
浜地酒造の杉能舎ビール!!
そしてチョリソーと合わせる。当然相性は最高。
このチョリソー、めちゃくちゃうまかった。






kunya9.JPG
こういうソーセージとかハム類を作っているお店は最近よく見かけますが、その中でも相当うまい部類に入るお店だと思います。
さが蔵で食べて気に入ったが、やっぱりわざわざこのお店に来たかいがありました。
商品を買うだけなら通販でも百貨店でもいいが、そのお店がどんな場所にあって、店主さんがどんな考え方で作っているのかを知るためには直接お店へ伺うのが一番です。
最近こういう社会見学っぽいのも大好きです(笑)
いいお店です。ごちそうさまでした!

人気ブログランキングに参加しています。

2011年初夏福岡、佐賀の旅
・たつ庄(すし)
・小山(すし)
・安春計(すし)
・玄瑛(ラーメン)
・吟醸酒肆 ネッスンドルマ(酒)
・銀鮨(すし)
・ブルーマスター(地ビール)
・鮨よし田(すし)
・Sake Dining さが蔵(酒)
・きはる(居酒屋)
・鳳凛(ラーメン)
・飴源(川魚料理、郷土料理)
・つく田(すし)
・燻や(ハム、ソーセージ、燻製)
・鮨 安吉(すし)



佐賀県唐津市七山白木1027-3
0955-70-7170
営業時間 10:00〜18:00
火曜休
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。