2008年05月08日

AUX BACCHANALES(オーバカナル)

AUX BACCHANALES(オーバカナル)に行ってきました。
何店舗かあるみたいだけど、今回はたまたま通りかかった銀座店のものです。
チェーン店化した店は好きじゃありませんが、すごく有名なので一度味わってみようと思い、行ってみることにしました。




オーバカナル1
バゲット、クロワッサン
初めての店では必ずこの選択。
もしくはこれに準ずる選択。





オーバカナル2
バゲットの裏側にこういう風に模様があるのは、オーブンの違いによるものだそう。
たぶん工場での大量生産型かな。ちょっとがっかり。




オーバカナル3
ランダムな気泡は無い。
クラムに全く主張は無い。クラストも特に印象に残らない。
でもなぜかうまみが濃い。そこだけは悪くない。
そういえばゲランドの塩使ってるって書いてあったからなぁ。だからかな?



まぁおそらく大量生産型ってことでした。


興味のある方はお店のホームページで


↑人気ブログランキングに参加しています!今日は何位かな〜?
posted by 1031 at 10:50| Comment(2) | TrackBack(0) | パン(首都圏) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
1031さん、こんにちは。

おいしそうなパン日記が続々と更新されるので
読者としては目が離せません♪(^^*)

パンの裏側にある模様についてですが
《穴あき天板》もしくは《ベーキングシルパン》の模様では?

確かにパスコなどのコンビニ系バゲットにも
こういう模様がついている場合がありますが
個人経営の小さな洋菓子店でも
焼き菓子の裏についてますよ(^-^*)

マトファー社の製品ということもあり
フランスで修業したことを売りにするお店で
よく使われていることが多いかな。

でも確かにバカナルのバゲットは
工場(工房クラス?)で一括生産していそうですけどね…★

ネット海を浮遊していると、たまーに
この穴あき模様について否定的な意見をみかけます。
単にムラなく焼くための器具の1つなので
美味しくない店の目印ではありませんよ(笑)

製菓の歴史の中では比較的新しいほうの器具なので
必要だと感じる経営者は少ないのかも。
どちらかといえばパティスリーで普及してる商品ですし
修業先での経験に基づいてるのかもしれませんね。

ちなみにこの天板、昔からすごーく欲しいのですが
普通の天板に比べて高いんですよー(泣)

これ以上、製菓器具を増やすな!と怒る人もいるので
なかなか手が出ない私です。。(^^;)
Posted by 雪緒 at 2008年05月08日 14:57
雪緒さんへ

いつも詳しい内容のコメントで勉強になります。
フランスではこのタイプの天板が主流なのでしょうか?
高いんですか〜!?なかなかお店には導入できないかもしれませんね〜。


僕もこれがおいしくない目印だとは思いませんが、バカナルは怪しいかもしれませんね。笑
実際いまいちでした。
Posted by 1031 at 2008年05月09日 13:13
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/93096056

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。