2012年03月10日

福文 その10


人気ブログランキングに参加しています。

大好きなお店、福文のお菓子。
惜しくもこの2月一杯で閉店されましたので、残念ながらこれから紹介するお菓子は二度と食べることが出来ません。
大変申し訳ありませんが、今回は自分の備忘録としての意味合いで記事にさせていただきます。




fukubun10-1.jpg
梅の雪
上質な百合根のきんとん。見た目にも美しい。







fukubun10-2.jpg
わらび餅
とにかく見た目に締まりがある。
上にかけられたきな粉も、ただかけられただけの飾りではなく、非常に上質。
このきな粉だけを味わってもお店のレベルの高さや技術をしっかりと感じ取れます。
そして生地も上等な香りと厚みのある旨み。
あんこも最高。
さらっとしていて、とにかく豆の香り、味の厚みが素晴らしい。
洗練されているのに、線の細さは一切感じない。
どの部分を見ても完璧においしいし、全体としてもとてもバランスがいい。
今まで食べてきた中で一番おいしいと思うわらび餅。
ぜひとも上質な煎茶と共に味わいたい。






fukubun10-3.jpg
好日
中には味噌を使ったあんが挟んである。
驚きはないが、間違いなくおいしい一品。








fukubun10-4.jpg
水羊羹
これ、実はまかないのお菓子なので、販売はしておりません。
もう時効だと判断して記事にさせていただきました。
これは鹿の音などを作る際にどうしても形が崩れてしまう小豆が出るそうで、そう言った商品にならない物を集めて作ってあるそう。
しかし、当然ながらこのお店の材料なので、最高品質の物しかありません。
味はというと、透き通っていながら驚くような厚みと香りがある。
ちゃんと甘いのにしつこさを感じさせない。
うまいとしか言いようが無い。
というか、今まで食べてきた中で一番おいしいと思う水羊羹。
だいぶ前に食べましたが、今でも鮮明に味を思い出せる。
はっきり言って水羊羹がこんなにおいしいものだとは知らなかった。




繰り返しますが、福文さんは閉店されてしまったため、二度とこのお菓子を食べることは出来ません。
最後の最後まで本当においしいお菓子をありがとうございました。
いつの日かまた「本物の和菓子」に出会えますように・・・・。

人気ブログランキングに参加しています。

福文その1(初夏のお菓子と冬のお菓子)の記事はこちら
福文その2(夏のお菓子)の記事はこちら
福文その3(秋の栗きんとん)の記事はこちら
福文その4(冬のお菓子)の生地はこちら
福文その5(新緑の時期のお菓子)の記事はこちら
福文その6(早春の時期のお菓子と真夏のお菓子)の記事はこちら
福文その7(わらび餅)の記事はこちら
福文その8(栗きんとんと栗蒸し羊羹)の記事はこちら
福文その9(冬のお菓子、かるかん、すはま等)の記事はこちら
福文その10(冬のお菓子、水羊羹)の記事はこちら


posted by 1031 at 17:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 和菓子・お茶など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。