2012年01月04日

福文 その9


人気ブログランキングに参加しています。

帰省の際に頂いた福文のお菓子を紹介します。
前回の記事で年内いっぱいで閉店と書きましたが、間違いでした。訂正いたします。
1月中ぐらいまで営業されるそうです。
ただし、お茶会等の予定も相当立て込んでおられるそうで、お菓子を予約することが不可能である日にちもあると思います。
もし予約をされる際には注意した方が良いかと思います。




fukubun9-1.jpg
白菊
これは秋に頂いたものです。
上品でとても凛とした佇まい。
薯蕷の入った滑らかな舌触りのきんとん。
見た目だけでも丁寧さと味が伝わってきますが、食べても予想通り上質で安心できるおいしさ。
ぜひ上質な煎茶とともに。






fukubun9-2.jpg
雲龍
今年の干支にちなんだ上生菓子。
紫の部分は薯蕷入り。白い部分のきんとんも上質なあんの香りがとても良い。
上に乗せられた小豆がこれまたとてもおいしい。
すべてを一緒に食べてもうまいし、それぞれの部分の完成度がとにかく高い。
味を構成する上での必要の無い装飾なども無い。






fukubun9-3.jpg
百合根きんとん
うまいの一言。









fukubun9-4.jpg
梅の雪
こなし製。これだけはいわゆる「お稽古用」のお菓子です。
それでも十分すぎると言うか、このレベルのお菓子を出せるお店は無いけどね。






fukubun9-5.jpg
はるけしき
加賀丸薯を使った、いわゆる「かるかん」
滑らかなで上質な生地。
かるかんですら全く駄菓子を感じさせない。







fukubun9-6.jpg
たまゆらの煌
和三盆と寒天のお菓子。
一口味わった瞬間からグッと広がる上質な甘味と香り。
しっかりと甘いのに、全くもって重さを感じさせない。
非常にキレが良く、うまい。







fukubun9-7.jpg
すはま
ショーケースに置いてあって気になって購入。
いわゆる「州浜」の型。

すはまとはきな粉と水飴を合わせて練り上げたお菓子。
どちらかと言うと駄菓子のイメージではあるが、素朴で昔から結構好きな部類のお菓子ではある。
福文のすはまはこの日がはじめて。







fukubun9-8.jpg
ものすごくうまい、これ。一口食べてかなり驚きました。
口に入れた瞬間からとても心地良く香ばしい大豆の香りが広がるのだが、青臭さなどは全く無い。
続いてグッと広がる自然な甘味と旨み。
そしてとても香りと味の余韻が長いのだが、まったく嫌味が無い。
すはまとはこういうお菓子を言うのかと理解した。今まで食べてきたのは「すはま風」か。
材料は大豆、砂糖、水飴のみ。それだけに素材の良さや技術が如実に出るのだろうか。
洋菓子でも焼き菓子をはじめ、シンプルな素材の物ほど素材や技術が出ると聞いたこともあるし。
このすはまに関しては今まで食べなかったことを激しく後悔した。



生菓子はもちろんのことだが、今回一番印象に残ったのはやはり、すはまでした。
今回で福文さんのお菓子を頂くのは最後になるかもしれません。
本当においしいお菓子をありがとうございました。
大袈裟ではなく、もう二度と本物の「和菓子」に出会えることはないかもしれません。

人気ブログランキングに参加しています。

福文その1(初夏のお菓子と冬のお菓子)の記事はこちら
福文その2(夏のお菓子)の記事はこちら
福文その3(秋の栗きんとん)の記事はこちら
福文その4(冬のお菓子)の生地はこちら
福文その5(新緑の時期のお菓子)の記事はこちら
福文その6(早春の時期のお菓子と真夏のお菓子)の記事はこちら
福文その7(わらび餅)の記事はこちら
福文その8(栗きんとんと栗蒸し羊羹)の記事はこちら
福文その9(冬のお菓子、かるかん、すはま等)の記事はこちら
福文その10(冬のお菓子、水羊羹)の記事はこちら

石川県加賀市大聖寺荒町31
0761-72-0307(生菓子は予約制)
営業時間 9:00〜18:00
日曜休
posted by 1031 at 01:00| Comment(6) | TrackBack(0) | 和菓子・お茶など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
何とかもう一度食べたかったので、年末休みに雪におびえながら行ってきました。
今回は雪餅(と言われてましたがたぶん1番上の写真の白菊と同じだと思います。)と鹿の音をいただきました。
大満足です。

まだまだ和菓子に精通しているわけではないですが3回いただいて思ったのは、他の大体の美味しい和菓子屋さんは何と言うか細かい事をする事に力をいれている感じがするのですが、福文さんのお菓子からは丁寧さとセンスの良さを感じるように思えました。

ほとんど知ったばかりで閉店というのはとても残念ですが、少しでも食べることができて良かったです。
教えていただきありがとうございました。
Posted by シャイアントぬねの at 2012年01月05日 00:11
シャイアントぬねのさんへ

年末に行かれたのですね。
雪餅おなじでしょうかね?このきんとんおいしいですよね。
鹿の音も大好きなお菓子の一つです。
おっしゃるとおり、ここは余計な装飾なども無く、本当においしいお菓子を適正な価格で提供してくれる稀なお店だと思います。
本当にセンスが違います。
閉店は残念ですが、僕もここの和菓子に出会えて本当に良かったと思います。
Posted by 1031 at 2012年01月06日 21:15
1031様

 いつも楽しく読ませていただいております。
 以前、福文の事を教えていただいていたのですが、やっと伺う事が出来ました。大満足のおいしさでした。本当に閉店が残念でなりません。
Posted by hiroro at 2012年01月15日 14:07
hiroroさんへ

福文さんへ行かれたんですね。
満足されたようでよかったです。
僕も本当に残念です。
Posted by 1031 at 2012年01月15日 21:02
こんなにいっぱいお買い上げしたのですね。
す、すごい!

でも、福文さんが閉店したら加賀地方のお茶会は、次はどのお店で購入するのかしら?
と思ってしまいました。

Posted by むっきゅ at 2012年01月19日 12:37
むっきゅさんへ

一人で食べたわけじゃありませんよ(笑)
お茶会・・・、いくつかの候補は考えられますが、「和菓子」を食べることはもう不可能でしょうね。
Posted by 1031 at 2012年01月23日 21:55
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。