2011年11月08日

勘違いの食育 その3 〜おかしな栄養バランス〜


人気ブログランキングに参加しています。

ra-men.jpg
東北方面記事の途中ですが、一時中断。
参考にさせていただいているあるブログに気になる記事があったので、僕も紹介してみたい。
その名も「インスタントラーメン 小学生レシピコンクール」



要綱の抜粋を以下に記す。

社団法人 日本即席食品工業協会では食育推進事業の一環として、全国の小学校4年生から6年生を対象とした、「インスタントラーメン小学生レシピコンクール」を開催します。平成23年度は第10回大会となります。
本コンクールは、小学生が身近にあるインスタントラーメン(カップや袋の即席ラーメン、即席うどん、即席そば、即席やきそば)を素材に、材料・調理法・栄養バランス・盛り付けなどについて自ら考え、調べ、調理を体験し、家族や友人とともに試食し、食について話しあうことができる機会を提供することを目的としています。

主催: 社団法人 日本即席食品工業協会
後援: 社団法人 日本栄養士会


栄養もおいしさも考えて楽しいインスタントラーメンを作ろう!
インスタントラーメンを使ったアイデアいっぱいの料理を募集(ぼしゅう)する「インスタントラーメン小学生レシピコンクール」。書類選考(せんこう)のあと、全国7地区で11月〜12月に地区大会が行われ、各地区から代表2〜3名が、12月17日(土)に東京で行われる全国大会に参加できます。みなさんのご応募(おうぼ)をお待ちしております。




うぅ・・・、めまいが(笑)
なんとまぁ恐ろしいことをコンクールとして開催しているのか、この日本即席食品工業協会というところは。
さて、ちょっと解説していきましょう。


>社団法人 日本即席食品工業協会では食育推進事業の一環として
食育と言えば何でも許されるのか。
誤解されるといけないのではじめに断っておくが、僕はインスタントラーメンの存在意義を否定しているわけではありませんし、日本即席食品工業協会が嫌いなわけでもなんでもありません。
食べるか食べないかは別にして、インスタントラーメンは便利だと思うし、その存在価値があるからこそこのように多種多様に商品化されているはずなのだから。
しかし、便利であるという長所は認めるが、こういうものに食育という言葉を持ち出すべきではない。(まぁ食育などという言葉自体も好きになれないが。)
そもそもこの協会も別に食育推進事業などと本気で思っているはずが無く、要するにアピールであり、宣伝であり、儲けのためである。
食育という体にしとけばイメージいいからね。
もう一度言うが、食育と言えばなんでも許されるのか?



>後援:社団法人 日本栄養士会
そしてこのコンクールとやら、先にも述べたとおり日本即席食品工業協会がただの宣伝で行っているならば百歩譲って、「うまいやり方だな」と思うだけで済んだ。
でもなんだ、「日本栄養士協会」って。
そこにお前が出てきてはいけない。

そしてこういう大会を本気で「食育推進事業」と思っている人が結構いそうで怖い。
インスタントラーメンに装飾を加え栄養バランス云々などは全く必要がない。インスタントラーメンは湯を注いで食えればそれでいいのだ。
食育なんてものはこういう無理矢理な形で実践するものではない。
本来食べ物はどういう形でその地域と風土と共にあるか、そして「いただきます」の意味を教えることからはじめてみてはどうか。
食育について思うことは山ほどあるし、言い出したらキリが無いのでこれくらいにしておきます。


最後にインスタントラーメンレシピの一例をご覧下さい。

因幡のいろどりラーメン
<材料>
即席めん(みそ)1袋/とうふちくわ(鳥取県産)/かに(鳥取県産)/長いも(鳥取県産)/西条柿(鳥取県産)/長ねぎ(鳥取県産)/なし(鳥取県産)/チャーシュー/ねぎ/紅しょうが

京の四季ゆばラーメン
<材料>
即席めん(しお):1袋 水400cc/豆乳:100cc/水菜:20g(約1束)/大根:100g/にんじん:30g/もみじ生ふ:15g/さくら漬:20g/ささみ:40g/乾燥ゆば:3g/片栗粉:大さじ1/水:大さじ1/2/焼肉ソース:大さじ1/2

サクサクチーズのホワイトラーメン
<材料>
即席めん(塩):1袋/じゃがいも:小 1ケ/人参:1/4ケ/玉ねぎ:小 半分/白菜:1/4枚/煮あさり:10ケ/コーン:大さじ1/スライスチーズ(プロセス):1枚/牛乳:300cc/水:200cc


め、めまいが・・・あせあせ(飛び散る汗)

人気ブログランキングに参加しています。

勘違いの食育その1 〜米粉パンを給食に〜 はこちら
勘違いの食育その2 〜地産池消という大義名分〜 はこちら
勘違いの食育その3 〜おかしな栄養バランス〜 はこちら
勘違いの食育その4 〜農林水産省の愚かな取り組み〜
posted by 1031 at 20:49| Comment(8) | TrackBack(0) | 栄養学など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ひえぇぇぇっぇ!!
そんなコンクールがあるの?

同じ「インスタント」麺でも
頼むから「非常食or宇宙食」のカップラーメン系でなくて

乾麺(うどん・きしめん・そうめん系)か
せめてせめて冷凍麺くらいまでにして!!

百歩譲って、麺だけ使って
スープがオリジナルレシピのコンテストとか(涙)
Posted by カイエ at 2011年11月08日 21:26
おなじく めまいが。。。。

それ以上のコメント見つかりませぬ( ̄◇ ̄;)
Posted by のんたん at 2011年11月08日 22:30
地元の食材を使えば良いって言う催しですね
Posted by potage at 2011年11月08日 23:36
別の意味で「面白い」ですね。深く考えないで、それっぽいし、まあ軽いノリでいこうぜイェ〜イ!みたいな(苦笑)。
利益追求に綺麗も汚いもない!てことは大人なら一度はこねる理屈なんでしょうけど、真に子供の食育を考えているかという部分は微塵も感じられないですね。
しかし食育って言葉もなんだかむずがゆいわ〜
Posted by 主任です at 2011年11月09日 10:32
カイエさんへ

スープがオリジナルとかなら楽しそうですよね。
コンテストはまぁ勝手にやってろって感じなのですが、これを食育と言われてもねぇ・・・。
Posted by 1031 at 2011年11月09日 20:43
のんたんさんへ

おいおい、本気かよ。と思ってしまいました。
こういうことを間違っても「食育」として広めて欲しくないものです。
Posted by 1031 at 2011年11月09日 20:44
potageさんへ

本来使えば良いってもんじゃないのに(笑)
Posted by 1031 at 2011年11月09日 20:45
主任さんへ

一体どういう意図で行っているのか?
まぁ子供のことなど一切考えてはいないことだけは良く分かりますよね。
「食育」ってなんなんでしょうね。僕はあまり好きではない言葉ですが。
Posted by 1031 at 2011年11月09日 20:47
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/233917647

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。