2011年11月09日

山ふところの宿 みやま


人気ブログランキングに参加しています。

miyama1.jpg
アルフィオーレから、続いては向かうは川渡温泉、鳴子温泉郷方面。
以前から宿泊してみたかった山ふところの宿みやまに宿泊。
外観では宿なのか良く分からない。





miyama2.jpg
中はキレイな感じ。






miyama2'.jpg
ひろびろ。




miyama2''.jpg
鳴子名物こけしもね。





miyama3.jpg
部屋もかなり広い。
宿泊の予約は多くても1日3組程度しか取らないそうで、ゆったりと休める。




miyama4.jpg
まずは温泉へ。
効能はなんだったっけな?




miyama5.jpg
で、夕食。
まずはこれらが用意された。
・ブルーベーリー酒
・蕗の煮付け
・みずの実
・月見蒸し
・柿のカッテージチーズ和え
・岩魚の田楽


岩魚の田楽は一体いつ焼いたんだという感じ。
味付けは総じて甘味が抑え目で、田舎料理としてはなかなか洗練されている。
わりと好みの味でした。




miyama6.jpg
しかし、食べ進めるとやや舌に残る感じが気になる。多量ではないにしろ化学調味料を使用している可能性はあります。
もしくは調味料自体に化学調味料が含まれていると思われます。




miyama8.jpg
日本酒は純米吟醸 雪渡り 友酔
確か生酒だった。雑味もあり、味のふくらみもない。キレも悪い。
非常に苦手な味。




miyama7.jpg
鶏まんじゅう
まずまず。
出汁は鰹だし。




miyama9.jpg
飛龍頭
これはうまかった。





miyama10.jpg
まんじゅう麩




miyama11.jpg
おむすび
米はササニシキ。やや柔らかめに炊かれている。



miyama13.jpg
いちじく
うまい。




miyama14.jpg
翌日の朝食はわりと普通な感じ。
しそ巻きや笹かまぼこなど、地のものを盛り込んではある。
ごはんはとてもおいしいです。



宿泊は1泊2食付だと17000円ぐらいからだったかな。
料理は特筆するものはありませんし、個人的には調味料が気になりますが、大衆的な旅館で出てくる料理よりはよほど上質で手がかかったものが食べられます。
温泉がある宿でゆっくりと休みたい人にはいいと思います。
豪華絢爛な料理を食べきれないほど食べたい人、上質な料理にこだわる人には向かないと思われます。

人気ブログランキングに参加しています。

<2011年秋 東北旅行の記事一覧>
片平まつり2011(東北大学片平キャンパス内)
アル・フィオーレ
山ふところの宿 みやま
東家
福田パン
光原社
ビアパブ ベアレン
ぴょんぴょん舎 盛岡駅前店
ひぃなの丘 湖山荘
寿司一
ダ・サスィーノ
三内丸山遺跡を巡る。
大館で鶏飯を食らう
秋田内陸縦貫鉄道で行く。
料亭 稲穂
酒盃(その2)
浅舞酒造
発酵の町 横手を歩く
横手焼きそばを食らう。
知憩軒(その2)
羽黒山と精進料理
一心 加減燗


宮城県大崎市鳴子温泉字要害91
0229-84-7641
posted by 1031 at 20:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 宿・旅館・ホテルなど | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。