2011年09月15日

シニフィアン・シニフィエ(Signifiant Signifie) その4


人気ブログランキングに参加しています。


SS2011-0.JPG
久しぶりの訪問。ここは何度来ても飽きない。





SS2011-1.JPG
ご存知の方も多いと思うが、ここのパンは多くのパンをスライスでグラム売りしてくれる。
スライスできないパンでも、ほぼすべてのパンが半分、4分の1、8分の1など小さなサイズで購入することが可能。
こういう業態のパン屋が増えて欲しいと切に願います。




SS2011-2.JPG
ウエルッシュ・ラビット(160円)
チェダーチーズ、ビール、ウスターソース、こしょう、卵黄で作ったソースをかけてトーストしたパン。
これはうまい。ビールが欲しくなる。




SS2011-3.JPG
ノアゼット・ブラン(1800円/個 490円/100g)
スライスしたヘーゼルナッツ、発芽小麦フレーク、かぼちゃのピュレを練りこんだパン。
酵母は自家製の酵母を3種類使ってあるそう。




SS2011-6.JPG
パン・オ・ルバーブ(1200円/個)
ルバーブのジャムが巻き込まれたパン。
こちらも生地にはかぼちゃのピュレが練りこまれており、しっとり感は抜群。





SS2011-4.JPG
パン・オ・ノア(1600円/個 340円/100g)
SSの定番商品。
クルミ、ピーカンナッツ、マッシュポテトを練りこんである。
一口でグッと広がる旨み、自然な甘味。ナッツ類のコクとクラムの味、クラストの香ばしさが相まって最高。
なんつーうまさだこりゃ。



SS2011-8.JPG
パン・ド・フリュイルージュ(1400円/個)
志賀シェフ監修の国産小麦を使った生地にフランボワーズ、イチゴ、クランベリーを練りこんである。
これ、すごくうまい。
袋を開けた瞬間から酔ってしまいそうなほど芳醇な香りが立ち込める。
そんな感じはしなかったが、酒でも使ってあるのだろうか?
どちらにしても素晴らしくいい香り。
もちろん、味も素晴らしい。
たっぷりと練りこまれたフィリングはそれそのものが非常に上質。
そしてこの旨みの強い生地が全体の完成度をグッと盛り上げる。
当然口溶けも良く、本当にうまい。





SS2011-7.JPG
カンパーニュ・デテ(1400円/個)
カンパーニュ生地にバナナとマンゴーを練りこんだパン。
夏季限定商品。





SS2011-5.JPG
パン・ド・オニョン(1000円/個)
玉ねぎの皮を使ったパン。
嫌味でない程度の酸味があり、強めの料理やチーズと合いそう。
当然単体でおいしいですが、これは料理とあわせてこそ力を発揮するパンだと思います。
ちなみに、「料理と合わせることを前提に作られているパンだからそのまま食べてもおいしくない」と言うのは個人的には間違っていると思う。
引き立て合ってさらにおいしくなると言うなら理解できますが、たとえ料理と合わせること前提に作られていても、おいしいパンはそのままでおいしいものです。
残念なパンを料理に合せたからと言ってそれがおいしいパンを超えられるかと言うとそんなことは絶対にありえないと思う。





SS2011-9.JPG
週替わりチャバタ(420円)
この週はレーズンを使ったチャバタ。
詳しい説明は書いていなかったが、味の違うレーズンが2種類練りこまれていたと思う。
水分量は非常に多いが、ただみずみずしいだけのパンではなく、ちゃんと味がある。
そしてこのレーズンがめちゃくちゃうまい。
生地自体にもレーズンの旨みがしっかりと移り、抜群の一体感。
そして香りもすごくいいんですよね、これ。
口に入れ、鼻に抜ける時の香りがなんとも言えず素晴らしい。
いい意味で、醤油、ワイン、みりんなどの発酵食品系の香りが深いところで感じられる。
おそらくSSには良い酵母叢、細菌叢が育っているのでしょう(笑)



やはり完全に別格。他のパン屋と比べるのはかわいそうかもしれません。
何度か言っているかもしれませんが、ここのパンは確かに価格は高いです。
ただ、品質やこの味のレベルを考えると個人的には妥当であると考えます。
もちろん人によって「高い」とか「品質に見合った満足度が得られない」思うことはあるでしょうが、それはいいと思います。
ただ、やっぱり数々のパン屋に行った結果個人的にはここは他店では代用できませんし、味やその完成度は別格だと思います。


人気ブログランキングに参加しています。

SSその1の記事はこちら
SSその2の記事はこちら
SSその3の記事はこちら
SSその4の記事はこちら


<2011年夏東京食べ歩き>
・鳴神(カフェ)
・鮨 水谷(すし)
・ベーグルスタンダード(ベーグル)
・ブーランジェリー スドウ(パン)
・オブロン(ビール)
・銀座 青空(すし)
・オーボンヴュータン(ケーキ)
・西麻布 真(すし)
・アウグスビアクラブ(ビール)
・ラトリエ・ドゥ・プレジール(パン)
・アーンドラキッチン(南インド料理)
・アントンビー(ビール)
・シニフィアン・シニフィエ(パン)
・ダバインディア(南インド料理)


東京都世田谷区下馬2-43-11
03-3422-0030
営業時間 11:00〜19:00 
定休日 ?
posted by 1031 at 23:10| Comment(13) | TrackBack(0) | パン(首都圏) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
間違いないですね♪私もこのお店のパンはどのパン屋さんとは比べられないクオリティと職人の技が光っていると思います(*^^*)
ここまでに達した職人のレベルは天才的とも言えると思います。
通販もありますがわざわざ東京まで行き食べる価値が十分あるお店だとも思います♪
パン・オ・ヴァンを食べた時は衝撃な美味しさで一生忘れません(笑)
Posted by イチヂク大好き at 2011年09月16日 14:35
シニフィアン・シニフィエ
素晴らしいパン
これは行かねば

おいしそうです
Posted by ryuji_s1 at 2011年09月17日 21:52
はじめまして。mieと申します。

かつて、日本の気候では本国で食べるようなバゲットやカンパーニュは無理なんだ…と思っていました。
が…ここのバゲットを食べて驚愕。
気候が異なっても探求心があれば、本国を上回る結果が出せるんだ、と。
志賀さん、凄いですね。
私もパン・ド・オニョンをいただきましたが、煮込みが欲しくなりました^^。
Posted by mie at 2011年09月17日 22:46
イチヂク大好きさんへ

他と比べられないお店ですよね。僕も大好きです。
おそらく日々研究をされているのでしょうね。
僕もわざわざ行く価値がある素晴らしいお店だと思います。
Posted by 1031 at 2011年09月18日 20:38
mieさんへ

はじめまして!
確かにフランスとは違いますし、同じ物を作ることは相当難しいのでしょうね。
僕はフランスのパンを知らないのですが、mieさんもおっしゃるように、ある意味本場をも上回るようなものを作ることも出来るのですね。
やはり志賀さんのパンはどんなパンでも食べてみたくなりますし、それだけの価値がありますよね。
このお店のパンは一つの完成形だと思います。
ブログも拝見いたしましたが、僕の大好きな料理も多いので勝手に参考にさせていただきます(笑)
これからもどうぞよろしくお願いいたします!
Posted by 1031 at 2011年09月18日 20:47
はぁ〜(←桃色吐息・笑)
萌えますぅ。。。

実店舗へ行くのはムツカシイので、
お取り寄せしようかなぁ。
Posted by 銀色猫 at 2011年09月19日 08:43
銀色猫さんへ

僕もこの写真で口元が緩みます(笑)
ココのパンは、ホントにうまい!
お取り寄せもいいと思いますよ〜
Posted by 1031 at 2011年09月19日 19:24
いつも楽しく読ませていただいています。

先日、珍しく仕事で東京出張がありましたので、初めてこのお店に寄らせて頂きました。過去に一度通販で買った事がありましたが、やはりお店で食べたパンは味音痴な自分にもわかるほど、おいしいパンでした。

昔からパンが好きで、このブログで紹介されているパン屋さんを色々巡りましたが、やはり突き抜けてる感じがしました。

しかし残念だったのは、おかわりが自由と言う事で楽しみにしていましたが、食べ終わってからもスタッフの方から声をかけていただけませんでした。自分から言おうとも思いましたが、ひょっとしてシステムが変わってしまったのか?最初におかわりの説明もなかったし・・・などと躊躇している内に、仕事の時間も押し迫ってきたので、お会計を済まして出来てきてしまいました。買って帰ろうとも思いましたが、僕の前のレジのお客さんがすごく時間がかかっていて、それもかなわずでした。

今度はもっと時間がある時に再訪してみたいと思います。
Posted by daihuku at 2011年10月21日 07:20
daihukuさんへ

コメントありがとうございます。
ここのパンおいしいですよねぇ!
ちなみに、イートインのパンですが、おかわり自由は無くなったとの話を聞いています。
自分で確認したわけではありませんので、確実ではありませんが。
訪問した時間の関係なのか、混んでいらっしゃったんですね。
Posted by 1031 at 2011年10月21日 21:25
なんかジャイアンに媚びるスネ夫みたいで滑稽。言ってる事も的外れ。

Posted by アホ舌 at 2012年02月02日 15:18
アホ舌さんへ

なんだか面白いことがあったみたいですね。
楽しんでもらえて良かったです^^
Posted by 1031 at 2012年02月02日 21:22
一消費者として食べてみて、自分の好みではないと正直に書く事については別に問題はないと思いますが、パンを作った事も発酵学を勉強した事もないパンマニアが、自分の好みではない事の理由に技術的に問題があるとか、ミキシングの問題だとか、発酵の問題だとネット上で言ってしまうのは問題だと思います。技術も知識もない人間がそんな事を言っても何も説得力がない。
あとよくクロワッサンの内相についてコメントしていますが、温度管理が悪く完全にバターが馴染んでしまっているクロワッサンの内相を、惜しいと表現していたり、クロワッサンが好きなわりには評価基準が曖昧。
バゲットにしても、味のバランスや香り食感、口溶けについて自分の好みとどう違うか書くのはいいと思いますが、内相の写真をのせて、これがその理由だと書く事には違和感があります。内相をチェックしたいのなら水平にカットしないで、真上から縦にカットして見ることをおすすめします。ハード系のパンは下火で持ち上げるので、パンの下の方は大体粗い内相になるので評価基準として不向きです。
味はともかく技術的な事を理由に低い評価を書くなら、最低その位の事は理解してからコメントして下さい。

Posted by アホ舌 at 2012年02月03日 02:21
アホ舌さんへ

僕のブログを隅々まで見ていただいているみたいでとても嬉しいです。
貴重なご意見ありがとうございました^^
Posted by 1031 at 2012年02月03日 20:45
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。