2011年09月05日

銀座 青空(はるたか)


人気ブログランキングに参加しています。

harutaka1.JPG
夜は銀座 青空(はるたか)に行ってきた。



harutaka2.JPG
すきやばし次郎で12年間修行をした高橋青空氏のお店。
ずっと前から来たかったが、やっと来ることが出来ました。
次郎や水谷などと異なり、ここはツマミが充実していることでも有名。
ってことでこの日はツマミからいただくことにしました。




harutaka3.JPG
アラのポン酢がけ ◎
軽く湯引きしたアラをポン酢に浸してある。
アラ自体が上質なのはもちろん、このポン酢が非常においしい。
ポン酢だけで酒が飲めるくらい。
この一品を味わっただけで、ネタの質、味付けのセンスなどは良く分かるし、好みに合っていることも分かります。後の料理や握りに非常に期待が持てます。




harutaka6.JPG
酒は「まつもと」。熱燗で2合いただきました。




harutaka4.JPG
マコガレイ〇 枝豆〇
マコガレイは熟成された上質なうまさ。
枝豆はうまいけどこれは別にいらんね。






harutaka5.JPG
ハモ◎ 鰹のタタキ◎
上質な出汁に浸してあるハモ。これもとても良かった

鰹はわらで軽く炙ってあり、香りはとてもいい。ガスで炙ったときに良くありがちな臭さなどもちろん無い。
鰹自体もうまい。




harutaka7.JPG
焼き穴子ポン酢がけ◎ 煮ダコ◎
この穴子うまいなぁ〜。
最初のツマミとやや味付けがかぶるが、うまかったからいい。

軟らかく煮られたタコもまたいい。
程よく磯の香りがして、当たり前だがまさにタコと言う味わい。こういう単純なネタ一つとっても全く軽んじていないところに好感が持てる。





harutaka8.JPG
うにとホヤの塩辛◎ カラスミ〇
酒が進んでいるのを確認して、「珍味は食べられますか?」との一言。もちろんお願いします。
濃厚なウニの味わいとホヤの独特の味。まさに珍味。

カラスミは塩が弱めで旨みに欠けるが、問題なくうまい。酒が進む。
でも珍味とか保存食で塩分控える必要ないよね。(限度を越えていなければ)
こういうのは塩がしっかり効いてた方が好み。





ここからは握りに参ります!




harutaka9.JPG
小いか◎ キスの昆布締め〇
この小いかを食べて確信が持てました。熟成された小いかは旨みがありとてもいい。
シャリは固めに炊かれ、甘さはほとんど無く洗練された味わい。
塩も酢も強めに効いており、個人的には好みの味。

キスの昆布締めもうまい。


harutaka10.JPG
赤身〇 中トロ◎ 大トロ◎
マグロもとても上質。しっかりとした旨みがあります。
しかも中トロ、大トロはかなり脂が乗っているが、しつこさは無い。
この塩と酢がしっかり効いたシャリには抜群に良く合う。




harutaka11.JPG
コハダ◎ あわび◎
コハダは小さめのものを1枚半付けに。
締め具合はとても良く、しっかりとした旨みを感じる。
あわびも十分な旨み。おいしかった。




harutaka12.JPG
アジ〇 小柱〇
どちらもおいしいです。





harutaka13.JPG
車えび◎
これは最高に良かった!
握る直前に茹でられ、人肌程度まで冷まされて供される。
えび自体は非常に上質ですごい旨み。茹で加減もぴったり。
半分に切られた頭の部分はミソと共に、尾の部分はおぼろと共に。
あー、うまかった!





harutaka14.JPG
カスゴ◎ いわし〇
カスゴうまかった。軽く締められていてうまい。
いわしもうまい。




harutaka15.JPG
いくら〇 穴子◎
いくらはかなり大盛り!
穴子は身のうまみもさることながら、ツメがさらっとして洗練された味わい。
うまいなぁ〜、これ。





harutaka16.JPG
玉子×
玉子だけは激甘で個人的には厳しい。
あと車えびがあまりにもうまかったので追加でいただいた。






harutaka17.JPG
ツマミのネタと握りのネタがかぶることもないし、とてもよく考えられた一連の構成で、なおかつうまかった。
高橋青空氏は客のタイミングをしっかり見てつまみも握りも出してくれる。
多くを語らなくても、「うまい鮨をちゃんとしたタイミングで出す」これこそが鮨屋に求めるべきサービスではないでしょうか。

ツマミをしっかりいただき、熱燗を2合。
それに握りが15カンと追加で1カン。これで支払い金額は3万数千円。
それなりに値は張りますが、銀座という立地条件もあるし、ここでつまんで飲んで握りをしっかり食べ、2時間程度楽しめることを考えると決してCPが悪いとは思えません。
やっぱり鮨はハレの日の食事です。だからこそ、安くてそこそこおいしい鮨屋もそれはそれで魅力的ですが、個人的にはやっぱりある程度値段は張っても最高にうまい鮨が食べたい。
とてもいいお店でした。頻繁には行けないが、季節を変えて是非訪れたい名店でした。


人気ブログランキングに参加しています。

<2011年夏東京食べ歩き>
・鳴神(カフェ)
・鮨 水谷(すし)
・ベーグルスタンダード(ベーグル)
・ブーランジェリー スドウ(パン)
・オブロン(ビール)
・銀座 青空(すし)
・オーボンヴュータン(ケーキ)
・西麻布 真(すし)
・アウグスビアクラブ(ビール)
・ラトリエ・ドゥ・プレジール(パン)
・アーンドラキッチン(南インド料理)
・アントンビー(ビール)
・シニフィアン・シニフィエ(パン)
・ダバインディア(南インド料理)



東京都中央区銀座8-5-8 かわばたビル3F
03-3573-1144
営業時間 [月〜金]
17:00〜23:30くらい
日曜、祝日休
posted by 1031 at 20:00| Comment(5) | TrackBack(0) | すし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
店主がマグロに合わせたシャリだと仰ってました。
Posted by ホレイショ at 2011年09月06日 04:02
なかなか、行けないお店です。

綺麗な写真をありがとうございます。
写真だけでも美味しさが伝わってきます!。

「まつもと」は伏見の?。

先日、大分で飲んだ際、そのお店にたまたま?、入荷していました。
確か、純米だったかと・・・。

冷やしていましたが、恐ろしく洗練されていました。

燗も良いと思います。
Posted by おー at 2011年09月06日 23:24
銀座 青空(はるたか)
素晴らしお寿司 料理

見事ですね
高級寿司店ですね
Posted by ryuji_s1 at 2011年09月07日 15:44
ホレイショさんへ

なるほど!そうなんですね。
文章にも書きましたが、確かにマグロには抜群に相性が良かったです!
Posted by 1031 at 2011年09月07日 21:15
おーさんへ

そうです、まつもとは伏見のです。
おっしゃるとおり、洗練されたお酒だと思います。燗でも主張しすぎず、様々な料理にあわせやすいですね。
Posted by 1031 at 2011年09月07日 21:17
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/222836342

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。