2011年08月09日

鮨 安吉 その2


人気ブログランキングに参加しています。

そして、今回の放浪で最後に訪れたのは博多駅近くの安吉!
前回印象が良かったので、楽しみにして訪問。





平日の早い時間なので一番乗りでした(笑)
大将は前回の訪問のときを覚えてくれていました。
ちなみにここの大将、かなりのイケメンです。







まずはビールで喉を潤し、墨廼江を燗で頂く。
まずまずイケる。
その後東北泉も燗で頂いたが、これもまずまずイケる。

横に座ったねーちゃんが、かなり香水臭かったのは萎えた。
鮨屋に強い香水付けて来るなよ・・・。


さて、今回もお任せでいただく。




yasukichi2-4.JPG
子持ちヤリイカ〇 白海老昆布締め〇
ツマミから始まる。
子持ちのヤリイカは濃厚な旨みで酒に良く合う。
白海老もおいしい。






yasukichi2-5.JPG
鰹のヅケ◎ 鯖の炙り〇
鰹は上質な旨み。かなり良かった。
鯖はわらの香りを付けてある。味付けや香りの効かせ方はいいのだが、鯖の質がイマイチ。こればかりは時期の問題もあるので仕方ないと思う。









yasukichi2-6.JPG
鯖寿司〇 穴子の炙り△
鯖寿司は丁寧な作りでおいしい。ここでシャリがやや甘めであることに気付く。
バランスを崩すほど激甘ではないが、もう少し甘さを控えればより一層好み。

穴子の炙りは前回も頂いたが、レアに火を入れた穴子は個人的に好みではない。もちろんまずくは無いけど。







yasukichi2-7.JPG
穴子の肝〇 穴子白焼き〇
どちらも見たまんまではあるが、おいしく仕上がっており、酒のつまみには最適。







yasukichi2-8.JPG
じゅんさい〇
うまし。






yasukichi2-9.JPG
飛魚のなめろう◎ ハモの卵塩辛〇
飛魚はややクセのある味わいだが、酒に最高に合う。
やや濃い目の味付けが味に締まりを持たせていてとてもいい。

ハモの卵塩辛はまずまず旨みがあるが、塩が弱すぎる。
これはかなりキツめに塩を効かせてほしい。熟成も甘い。





生のシャコ〇
これは写真がありません。シャコを生で食べたことは数えるほどしかないが、シャコは火を通した方が断然好み。




yasukichi2-10.JPG
イサキの白子◎ アサリの丼〇
イサキの白子は文句なしのうまさ!
アサリはやや旨みに欠ける。






ここからは握りに参ります!!
写真はありませんので悪しからず・・・。







イカ〇
よく覚えていないがうまかった。


ヒラマサ◎
まずまず脂が乗り、熟成したうまみもあっておいしい。
ブリやカンパチなど、この系統の魚は大好きです。


カスゴ〇
締め具合は浅め。ほんのり甘くやさしい味わいのシャリには良く合う。


アジ△
悪くは無いが、あさつきがやや邪魔な感じがしないでもない。


壱岐のマグロ漬け◎
ねっとりした味わい。うまい!


壱岐のマグロ トロ〇
しっかりとした脂。こちらもマグロらしい味があり、とてもおいしい。
これ以降は赤酢を使ったシャリです。


車えび〇
突出した感じは無かったが、おいしくいただけた。


青柳△
旨みはやや薄く、赤酢のシャリに対して浮いている感じがした。


赤貝〇
ここでまた通常のシャリに戻ります。
赤貝はおいしいが、特別感は無い。


アサリの出汁を使った味噌汁〇
おいしい。


穴子◎
柔らかく煮てある穴子は十分な旨み。変な臭みなどはない。うまかった。


小柱〇
うまかったはず。


かんぴょう巻き〇
よく覚えていない。





yasukichi2-11.JPG
コハダ◎
握りも一枚だけ撮っておいた。
締め具合は浅めだが、このシャリにはよく合っている。
コハダ自体もちゃんと味わいがある。




卵〇
普通。



その後追加で、コハダとヒラマサをいただいた。





前回とややかぶるネタもあったが、この品質なら何の文句もありません。
ビール1本に日本酒を熱燗で2合。
そしてツマミから握りまで30種類を越えるネタを味わい、追加で握りを2カンいただき、支払い金額は驚きの15000円台!!
これはかなり安い。
すべてが完璧とは言わないが、これだけ手がかかったツマミをたくさんいただき、おいしい握りを十分に食べてこの支払い金額で一体何の文句があるでしょうか。満足度は非常に高い。
シャリがもう少し甘くなければさらに好みであるが、このほんのりとした甘さが広い客層に受け入れられている気がしないでもない。
いずれにしても素晴らしいお店です。
福岡は鮨のレベルが凄く高い。絶対また福岡いこっと。
今回も大満足でした!ごちそうさまでした!!

人気ブログランキングに参加しています。


2011年初夏福岡、佐賀の旅
・たつ庄(すし)
・小山(すし)
・安春計(すし)
・玄瑛(ラーメン)
・吟醸酒肆 ネッスンドルマ(酒)
・銀鮨(すし)
・ブルーマスター(地ビール)
・鮨よし田(すし)
・Sake Dining さが蔵(酒)
・きはる(居酒屋)
・鳳凛(ラーメン)
・飴源(川魚料理、郷土料理)
・つく田(すし)
・燻や(ハム、ソーセージ、燻製)
・鮨 安吉(すし)


福岡県福岡市博多区博多駅前4-3-11
092-437-8111
営業時間 18:00〜22:00
日曜休
posted by 1031 at 20:52| Comment(4) | TrackBack(0) | すし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ハモの卵塩辛・・・

私的に今のところ鯛玉塩辛が一番おいしいんだけど
ハモはどんなかしら。
Posted by カイエ at 2011年08月10日 10:28
九州のレベルって本当に高いのですね。
同じお値段で関西だと・・・・

今回お寿司の画像が少なくて残念。
イケメンさんの画像もなくて残念。

あ、逸脱してしまいました。
ごめんなさい。

ルミックス慣れてきました、なかなか良いです。
キャップを付けたり外したりがちょっと面倒です。
Posted by くみょん at 2011年08月10日 14:49
カイエさんへ

ハモの卵ははじめて食べました。
どんな感じか表現するのは難しいですが、鯛ほどではないにしろ今回食べた物はうまみもあり、良かったと思います。
ただ、鯛と比べてしまうとやはりかなり差があるような気はします。
Posted by 1031 at 2011年08月11日 23:21
くみょんさんへ

写真が少なくてすみません。
お鮨もイケメン大将もご自身の目で確認ですね(笑)
僕のLX3もキャップの付け外しが面倒なので、ずっと外しっぱなしです。
Posted by 1031 at 2011年08月11日 23:23
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。