2011年06月20日

ラ・ブティック・ドゥ・ジョエル・ロブション(LA BUTIQUE de joel Robuchon)その3


人気ブログランキングに参加しています。

ロブションのパンの紹介。
レストランはもちろん、地下のケーキとパンの方もこの6月いっぱいで閉店するらしいですね。
今回買ったパンはちょっと前の物ですので、今はあるかどうか分かりません。







Robuchon3-1.JPG
ブリオッシュ
正式名称は分かりませんが、ラングドブッフみたいなもの。
強めに塩気が効いた生地にシャープなバターの香り。
非常に口溶けが良く、嫌なしつこさが全く無い。
これはかなりうまかった。







Robuchon3-2.JPG
ルヴァン
天然酵母を使用したルヴァン生地に生姜か何かが入っていた気がする。
生地がしっとりしていて、旨みは十分。なおかつ変な酸味は無く、完成度は高い。
ガリッと焼き上げられたクラストの食感もあり、バランスもいい。







Robuchon3-3.JPG
枝豆のリュスティック
これいいなぁ〜、うまい。
豆の香り、味わいがしっかりと生地になじみ、生地だけ食べても枝豆のパンだと分かる。
枝豆自体にかなり強めに効いた塩が効き、好き嫌い分かれそうだが、これくらい効かせないと豆の旨みが引き立たないし、生地にも負けてしまうと思う。






Robuchon3-4.JPG
バゲットセレアル
数種類の雑穀が練りこまれ、食感、味わいともに深みがある。
味の強い料理はもちろん、コンフィチュールなどとも良く合う。




今回選んだものはどれも良かった。
行く度に印象が良くなりますし、はっきり言って名古屋でこのレベルのパンを安定して提供できるパン屋はほとんどないと思う。
このお店のパンをまだ食べたことが無い方は一度は試してみてもいいと思います。
バゲット、ルヴァン、ブリオッシュなどバランスよくレベルが高いです。
価格はやや高いと言われることもありますが、品質を考えると妥当だと思えます。
閉店はとても残念ですね・・・。

人気ブログランキングに参加しています。

ロブションその1の記事はこちら
ロブションその2の記事はこちら
ロブションその3の記事はこちら
posted by 1031 at 21:56| Comment(2) | TrackBack(0) | パン(愛知県) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
閉店なんですか?残念ですね。
私もロブション大好きです。
バゲットはもちろんのことヴィエノワズリーなど とても洗練されてて別格だと思います。
ウェスティンホテルのバンッケットでのディナーの機会があり 買ってきたロブションのバゲットクラシックとフェルマンタシオンラントを温めて出してくださいと頼んでしまったことがありました。
だってお食事がすごく美味しいのでどうしても自宅用に買ったパンなんですけど今ここで食べたらもっと美味しいだろうと思ったら抑えきれなくなってしまったんです。
失礼な客だと思われたかもしれませんが、そこのテーブルにいた方たちはホテルのパンも十分おいしいけどこのバゲットは何でこんなにもいい味がするんでしょう・・と感嘆してくれました。おかげで 私の失礼もゆるされました。おそるべしロブションです。
心が広いウェスティンです。
Posted by うさぎ at 2011年06月22日 17:08
うさぎさんへ

ロブションのフェルマンタシオンラントは特に美味しいですよね。
僕もずっと前に食べたのに強く記憶に残っています。
そのウェスティンの接客はとても気持ちが良いですね。
もしかすると失礼に当たるのかもしれませんが、そうせざるを得ないほどバゲットが美味しいのも罪ですよね(笑)
美味しい料理と美味しいパンをあわせるなんてこれ以上ない幸せです。
Posted by 1031 at 2011年06月22日 23:51
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/210927981

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。