2011年04月24日

すし処 ひさ田


人気ブログランキングに参加しています。

hisada1.JPG
岡山観光の後は岡山の有名な鮨屋、ひさ田に行ってきた。
岡山の都心からは離れ、それも最寄り駅から車で20分ほどかかる不便な場所にある。
それでもいつも満席だということ。
数年前から行きたかったお店でしたが、ついに念願かなって初訪問。

メニューは基本的にお任せのみ。
その日によって変わるようだが、つまみと握りで11000円前後が目安だそう。



hisada2.JPG
平貝 △
茹でて(蒸して?)ぶつ切りにした平貝に酢醤油のジュレをかけてある。
切り方は意味を感じないほどやけに大きいし、貝自体も全くうまみを感じない。
酢醤油はそこそこの質だと思うが、ジュレにする意味が分からない。




hisada3.JPG
吉田牧場のモッツァレラチーズのヅケ △
出ました!ひさ田のスペシャリテ!
岡山でも有名な吉田牧場のモッツァレラチーズを使用した一品。
モッツァレラチーズ自体はかなりあっさりだが悪くはありません。
ヅケにする必要性は全く感じられず、醤油との相性も良くない。
面白がってやっているだけのネタにしか思えない。






hisada4.JPG
ふぐ ×
ぶつ切りにしたふぐは当然だが、かなり固く食べづらい。
なぜこの切り方にしたか疑問が残る。
そして、大根おろしにみょうがと生姜とネギを合わせてポン酢を大量にかけてある。
強い味と香りがあり過ぎてふぐの味も何もあったもんじゃありません。
この時点で半分味覚崩壊。




hisada5.JPG
牡蠣 ×
ツメは非常に甘く、相性が悪いし何よりうまくない。すだちの皮を削る意味合いも全くないし、それどころか牡蠣の味を完全に消している。
何をしたいのか理解に苦しむ。





hisada6.JPG
ひらめ ×、うに △、いか △、アコウ △
ここからは握りに。
ひらめは寝かせてあるとのことだが、うまみをほとんど感じない。切り方もう少し薄切りの方がいいと思う。
シャリは大きめで甘めで野暮ったい。
個人的にこの味は好みではないし、うまいと思えない。

うには普通。

いかも厚切り過ぎて、これではただの刺身寿司。

アコウも質は普通。刺身寿司。







hisada7.JPG
キス ×、車えび〇
キスは開いて酢にしばらく漬けた後に握っていたが、この酢がかなり甘く、とても魚の味を生かせるものではなかった。
キス自体もでか過ぎるし、全くシャリと馴染んでない。
車えびはややレアすぎるのが気になったが、質も悪くなく、薄く開いて切られた握りはまずまず一体感があり、悪くは無かった。








hisada8.JPG
鰆 ×、シャコ〇
鰆の質は悪くないが、上に乗せられている辛味大根のせいで味が全く分からない。
シャコは普通。




hisada9.JPG
鰆の炙り ×、いくら △
鰆を炙ってあるのはいいが、握りとしては全く成立していない。
ただ、シャリの上に分厚い切り身乗せてるだけ。
いくらはやや甘すぎるが普通。





hisada10.JPG
魚のアラで取ったスープ
普通。








hisada11.JPG
マグロのヅケ ×、青うなぎ ×
ヅケはかなり甘く、厳しい。マグロ自体もうまくない。
青うなぎはツメが激甘。その上にすだちの皮、山椒・・・。何が何だか分からないくらい口の中がめちゃくちゃになります。






hisada12.JPG
芽ネギ △、卵焼き △
芽ネギなんで握りで出されても全然うれしくないし、おいしくない。
こういうのを出すお店は奇を衒っているとしか思えません。

その場で焼き上げる卵焼きは激甘。
いつも鮨を食べていて思うが、卵がうまいと思ったことがほとんど無い。
とにかく僕にとっては甘すぎるものが多い。それが江戸前の仕事だと言われればそれまでですし、ポリシーを持って出しているならそれでいいと思います。
でもそれが「うまい」かそうでないかとはまた別問題だと思う。
よくある料理のレシピでもそうだと思うけど、「そうするのが常識」と思われているものでもおいしさとは全く別だと思うし。
現に魚を煮付ける時は醤油と純米酒だけで十分うまい思う。
みりんを入れるくらいならいいが、砂糖とか生姜を加えると一気に野暮ったくなるんですよね。
そういうのは例えば生姜なら「魚の臭みをとる」などといういわゆる「常識」をなんの疑いも無く信じ切っているだけなんでしょうね。
おいしい魚なら変な臭みなんてないのに。




hisada13.JPG
3年物のたくあんの巻物 ◎
これはうまい。
3年物のたくあんは酸味があるが、グッと来るうまみもあり、非常に上質なうまさ。






hisada14.JPG
あんこは普通。ほうじ茶の質はまずまず。
でも出す意味を感じない。





hisada15.JPG
たくあんは良かったが、魚介類は何一つとしておいしいものはありませんでしたし、シャリやツメは甘すぎるし、味付けや味の合せ方もかなり疑問。
店に着いてから出るまで約3時間と、無駄に長時間居座らせる演出も全く好みではありません。
どこをとってもセンスは全く感じませんが、こういうショーのような要素はやはり地方の名店になるには必要なのかもしれない。
わざわざ行くほどの名店では到底ありませんし、近くにあったとしても何の魅力も感じないし、半額でも行かない。
ただ、行きたいお店だったので後悔はありませんが。

人気ブログランキングに参加しています。

岡山県赤磐市桜が丘西9-1-4
0869-55-8585
営業時間 12:00〜14:00 17:30〜21:00
月曜、第4火曜
posted by 1031 at 19:37| Comment(6) | TrackBack(0) | すし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
一度、行ってみようかと思っていましたが,ためらってしまいます。そんなにひどいのですか・・・
Posted by 万 at 2013年04月24日 22:41
自分の味覚にあわないなら行かなければいい!!
Posted by キー at 2013年07月24日 05:47
皆様、このブログを見て、ひさ田に行くのをためらうなんて愚の骨頂です。このブログの評価は、その他の多くの人の味覚とは違うものをお持ちの方の評価ですので、心配なく訪問してみてください。そして、自分の舌で評価してください。
Posted by カハラッチ at 2014年05月12日 08:58
あなた様 何様?
Posted by グッチ at 2014年09月04日 22:44
パンだけ食ってろ
Posted by ぷぁ at 2015年09月01日 19:14
味音痴の渡部が絶賛してる店だからなぁ
Posted by た at 2015年12月08日 10:57
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/196643853

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。