2010年10月29日

古今 青柳(こきん あおやぎ)



人気ブログランキングに参加しています。

aoyagi1.JPG
香川で宿泊し、次に向うは徳島県。
徳島県にはあの有名な小山裕久氏の「青柳」がある。ここだけは絶対に行こうと決めていたお店。
青柳と言えば、ミシュランにここで修行したお店が3軒も掲載されたことであまりにも有名。
しかも、かんだ(ミシュラン3つ星)、小十(ミシュラン3つ星)、龍吟(ミシュラン2つ星)ということだから驚き。

青柳は鳴門パークヒルズ内ホテルリッジ併設で、こちらでも青柳の料理が食べられる。
本店をこの地に移すということがとても話題になりました。
東京にあったお店は閉めたらしい。







aoyagi2.JPG
座敷の席のほかにテーブル席が用意されており、お昼はこちらでいただくこともできる。
5000円ぐらいからの手軽な食事から、10500円の会席まである。
せっかくなので「青柳の料理」を食べるため、10500円(サ10%別)の会席をいただきました。




aoyagi4.JPG
芳水 純米吟醸
お酒は数種類ありました。
香りはほんのり、味わいは辛口でやや複雑で米っぽいうまみがある。
重めの口あたりでちょっと飲み疲れる。
食事との相性はあまり良くないと思いました。








aoyagi3.JPG
八寸
どれもちゃんとおいしい。特に鯛の肝の時雨煮がうまかった。
鯛の昆布締めはうまいけど、この後定番の鯛の造りが出ることが分かっているので、別の魚にして欲しかった。




aoyagi5.JPG
えびしんじょう
やや強めに出汁が効いた感じ。ふんわりやわらかで、これはおいしい。






aoyagi6.JPG
造り
出ました!青柳と言えば、小山氏と言えば鯛の造りですよね。
でもこれ、悪いけどそれほどおいしくない。なめてんの?ってレベルです。
このくらいならちゃんとしたスーパーに置いてそう。
切る大きさもあまり適正とは思えない。
ツバスはおいしかったけど、鯛はもうちょっと良い物を出さないといけないでしょう。







aoyagi7.JPG
鯛の頭のから揚げ
うーん。悪くは無いけど、何て言ったらいいか、何も魅力を感じない一皿。





aoyagi8.JPG
炊き合わせ
上品でおいしい。だしもいいと思います。






aoyagi9.JPG
ハモ丼
おいしいですよ。おいしいんですけど、何で食事がこれなの?
悪くは無いんですが、普通にごはんと汁物を食べたかった。
定食屋に来てるんじゃないんだから。



aoyagi10.JPG
漬物
うまい。



aoyagi11.JPG
デザート
梨にアングレーズソースかけちゃう神経が分からない。
アングレーズソース自体はおいしい。
あんみつみたいなのはちゃんとおいしい。




aoyagi12.JPG
お茶まずい。お茶ぐらい良いの出して。





aoyagi13.JPG
以上、お酒無しなら11550円。あとはお酒をどれだけ飲むかによると思いますが、この内容でこの値段なら高いと言わざるを得ません。サービスは問題ないと思いますが、サービス料かかりますからね。
まともな料理もあったが、子供騙しみたいな創作料理は意味が分からない。
定番中の定番の鯛の刺身もこの程度じゃあ満足できないです。

結局地方の有名店(特にフレンチ、イタリアン)は井の中の蛙状態な気がします。
田舎ではちょっとお洒落なだけで目新しく映るだろうし、何と言っても競争相手がいないということとが相当大きいと思います。
アル・ケッチァーノがいい例だと思う。
地方の名店ってすごく気になっていたけど、もうあまり行く気無くなっちゃった。
(青森のダ・サスィーノ、仙台のアル・フィオーレ、香川のトモシロ・イノウエ、和歌山のヴィラ・アイーダあたりが気になりますが、誰か行ったことある方いたら教えてください。)


人気ブログランキングに参加しています。

2010年秋 四国の旅
・四国へ、愛媛へ、今治へ。
・千年松、しまなみ海道
・松山の町並みと道後温泉とビールと。
・石畳の宿
・草や 〜高知観光〜
・今宵、高知の飲み屋で(黒尊、タマテ)
・讃岐うどんを食べ歩く。
・こんぴらさん、1386段に挑戦! 〜悦凱陣の里へ〜
・民宿 美合
・古今 青柳(こきん あおやぎ)
・すし一 〜鳴門海峡を見下ろす〜
・わかたけ 〜旅の終わりは徳島ラーメンで〜




徳島県鳴門市瀬戸町大島田字中山1-1
088-688-1155
営業時間 11:30〜15:00 18:00〜
不定休
posted by 1031 at 00:05| Comment(5) | TrackBack(0) | 和食など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
1031さんこんにちは。

青柳は元々徳島が本店で現在の場所に移転したんですよ。
東京は店を出しすぎて店舗数を減らしたんではないでしょうか。
店と屏風は拡げすぎると倒れるの典型ですねw。
Posted by グローブ at 2010年10月29日 22:26
グローブさんへ

ご指摘ありがとうございます。元々本店はあったんですね、勘違いしていました。
店舗を広げて結局どちらもダメになってしまったのでしょうかね。
Posted by 1031 at 2010年10月30日 19:40
初めまして。いつも拝見させていただいてます。

地方の無名(笑)の名店をご紹介いたします。

飛騨高山から車で約40の飛騨市神岡町にあるビストロ・シェ・ボアです。

ご夫婦でやられている小さなお店ですが、料理、デザート、パンは、間違いなく日本トップクラスの味です(サービスは普通ですが)

是非、夜のシェフお任せコース以上を頼んでみてください(コストパフォーマンス抜群です)
シェフはお酒やワインにも精通されていますので予約時、予算、食べたい物、飲みたい物などを伝えればなおよし。

近くに宿もありますので高山や富山に観光がてら行かれては。

私(食べ歩き暦20年)はここ10数年、このお店に食べに行く為だけに名古屋から通っております。

お店のブログを載せておきますのでご判断ください。
http://black.ap.teacup.com/chezbois/
Posted by 名古屋ポン at 2010年11月03日 01:56
名古屋ポンさんへ

ビストロ・シェ・ボアは初めて聞きました。
情報ありがとうございます。地方ならではの材料を使ったり、変なことをしなければおいしくなると思うのですが、やっぱり残念なお店が多いのが現実だと思います。
飛騨地方には泊まりたい宿がいくつかあるので、ここはいつか行ってみたいです。
Posted by 1031 at 2010年11月03日 22:48
伊勢市在住ですが、昨夏『青柳』に行きました。時期的なものがあると思いますが、不評の鯛の刺身は、私の時は結構おいしかったです。食後に若女将が店内を案内してくれ『感動』来て良かったと思いました。『青柳』は、徳島から東京へ進出しましたが失敗、現在のホテルリッジ内で再起を図ったようですが、立地条件にも恵まれず経営状態はあまり良くないようです。
Posted by 鬼頭 丙八郎 at 2014年03月03日 22:53
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。