2010年08月07日

割烹 一八(いっぱち) 〜名古屋から東京へ、東北へ〜



人気ブログランキングに参加しています。


この夏の休暇を利用して東北をぶらぶらしてきました。




touhokutabi2.JPG
名古屋から青春18きっぷ、ムーンライトながらを利用し、東京からは鈍行でゆっくーりと。
通過したり立ち寄ったりした主な駅は上の写真の通り。







touhokutabi1.JPG
どこへ行ったかはこの写真がヒント。
今回は地方の郷土料理を味わうための旅でした。






touhokutabi3.JPG
まずは眠い目をこすりながら東京から栃木県、日光へ。





touhokutabi4.JPG
キレイな庭園。








touhokutabi5.JPG
東照宮、その他。











その後は宇都宮へ。
宇都宮と言えばギョーザが有名。
それに加えて、栃木はかんぴょうの生産湯葉の生産が盛んなことでも有名。







ippachi1.JPG
そして、ここ「割烹 一八(いっぱち)」は郷土料理のコースを食べられるお店。
はじめに言っておくと、洗練された料理と言うよりは、家庭料理っぽいお店です。
でも郷土料理ってそれで良いと思います。(変な味さえつけなければ)


今回は5000円の郷土料理のコースをいただきました。
なお、郷土料理のコースは完全予約制です。











ippachi2.JPG
栃木のお酒、四季桜を燗で。





ippachi3.JPG
左上から時計回りに、かんぴょうの三色揚げ、生湯葉、かんぴょうとレンコンのごま和え、ちたけの煮物
揚げ物が最初に出てくるとなぁ・・・。まずくは無いけど。
生湯葉はうまい。
ごま和えも味がやや濃い目だがおいしい。かんぴょうの質は良いと思う。
ちたけは栃木でよく食べられるキノコだそう。はじめて食べましたが、味はさっぱりで独特な食感。このキノコ、相当高価だそうです。






ippachi4.JPG
左上から時計回りに、湯葉と甘鯛しんじょう、鹿沼こんにゃくの刺身、かんぴょうとアスパラのマヨネーズ和え、かんぴょうの吸い物
鹿沼こんにゃくは、栃木県の鹿沼市で作られるこんにゃく。
かんぴょうとアスパラのマヨネーズ和えはまずくは無いが、こんな創作料理みたいな調理法で出して欲しくない。居酒屋じゃないんだから。
かんぴょうの吸い物はおいしい。






ippachi5.JPG
このご飯、すごくおいしい。もっと食べたかった。
から揚げや出し巻きはB級な味わいで、皿の中で邪魔な存在。





ippachi6.JPG
以上で、コース一通り。
やや創作チックなのが残念だが、使っている食材の質はなかなか良いと思います。
お話を聞くと、もともとかんぴょうは巻物に入れるしか調理法が無かったものを、何とか料理に使えないかとこのお店の大将が考え抜き、様々な料理に仕立て上げたそう。
大満足とはいかないが、こういう料理もあるんだなー。と思えたし、なじみの無い郷土の味に触れられたのはとてもよかったです。



さて、ここからどんどんと北上します!
しばらくは旅の覚え書きのような記事ですが、どうぞよろしくお願いします。

人気ブログランキングに参加しています。


2010年夏の東北地方+αの旅
・割烹一八(いっぱち) 〜名古屋から東京へ、東北へ〜
・会津若松から大内宿へ
・米沢 鯉の六十里
・出羽屋(でわや)
・山寺観光と山寺御膳と立石寺
・バーニャのパン(Pain Bagnat)
・おりざの森、ふみえはらはん
・三彩館ふじせい
・食道園(しょくどうえん)
・日本酒と、郷土料理と日本酒と。(盛岡にて)
・料亭 東海林(しょうじ)
・酒盃(しゅはい)
・東北地方のうまいもん。
・アル・ケッチァーノ
・知憩軒(ちけいけん)
・蘭(あららぎ)


栃木県宇都宮市江野町3-3
028-633-6916
営業時間 11:30〜21:00
月曜休
posted by 1031 at 15:51| Comment(6) | TrackBack(0) | 観光とか県外とか | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんばんは、
眠る前の応援ぽちです。
Posted by 大阪の子育て主婦 トモの日記 at 2010年08月07日 23:16
18きっぷで東北ぶらぶら、いいですね(^^)
東北は美味しいところ満載なので
どんなところを巡られたのか
拝見するのが楽しみです♪

この夏も18きっぷぶらぶら
してみたくなりました。
今からでもなんとかなるかな。
Posted by cat at 2010年08月08日 23:55
お帰りなさい&お疲れ様でした!

18切符、この話題が出ると必ず「昔は体力あったから・・」と言ってしまいます。


私の一番の強行軍ルート、書かせてください。

関東→北海道のフェス、
ここまではよくありますが、フェス後の体でなんと礼文島を回ったんです。
しかもオール野宿(フェスでは人のテントで寝ました)。

どんな元気だ?本当に若かった。
今では夏フェスひとつ行けません。



しかしいい夏を過ごされてますね!
暑い時期は東北・北陸に、涼しくなると瀬戸内に憧れます。


寿やと並んで、古くからうちのおじいちゃんご用命の小布施。
栗かのこなんかは、私には甘すぎるんですが・・・。
その新商品を手にする機会がありちょっと調べてみたところ、
長野の本店が良さそうなんです。

http://www.obusedo.com/kurigashi/month.html#07

敷地内に、工場から北斎美術館から!なんと酒の醸造場まであるそうです。
甘味・酒、両刀お持ちの方には堪らないんじゃないでしょうか。


この醸造場にはテッパ(手盃)台と呼ばれるカウンターが設けられているそうですが、
テッパとはこの地の方言で「量り売り直飲み」。酒飲みが這い寄って来そうな響きです。

酔い潰れても大丈夫、「客殿」と冠した宿まであるのにはちょっとやりすぎを感じますが。


身上である栗生菓子はもう少し先ですが、新栗の摂れるごく短い期間のみ食べられる、
「朱雀」というイートイン限定メニューについてもお知らせを。

「採れたての新栗を蒸して皮を除き裏ごししたものを、栗餡の上にふわりと盛りました。
新栗の繊細な風味を損なわぬよう、注文を頂いてから栗菓子工場へ取りに走ります。」


半日経っただけで、私程度の舌にもパサつきの分かってしまう栗菓子。
本店のできたてを是非!

Posted by 永遠の18歳 at 2010年08月09日 02:29
大阪の子育て主婦 トモの日記さんへ

応援ありがとうございます。
Posted by 1031 at 2010年08月09日 21:45
catさんへ

東北は初上陸でしたが、すごく楽しめました。catさんのブログも参考にさせていただきましたが、本当においしいもの満載でした!
まだまだ行きたい所が山ほどありますので、またすぐにでも行ってしまいそうです(笑)
長々とアップしますが、見ていただければ幸いです♪
Posted by 1031 at 2010年08月09日 21:49
永遠の18歳さんへ

そのルートすごいですね(笑)
まさに青春。野宿はさすがに僕もできませんでした^^;
まだまだ日本中行きたいところだらけですが、今回の東北の旅は改めて日本っていいなぁ!と感じたたびでした。

おぉ、小布施堂の栗かのこ、懐かしい。甘いですよね。
これは我が家の定番でした(笑)
なかなか行ける距離ではありませんが、楽しそうだしぜひ行ってみたいです。
ステキな情報ありがとうございます!
Posted by 1031 at 2010年08月09日 21:56
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。