2010年06月19日

きりん屋



人気ブログランキングに参加しています。

kirinya1.JPG
三重県松阪市の山ん中にあるきりん屋に行ってきました。
営業日は金曜日、土曜日、日曜日のみ。
なんでも、開店前から行列が出来るわ、開店しても数分で売り切れるわで大変な人気店だそう。
今回はかなり前に予約して確保しておきました。






kirinya2.JPG
店内はかわいい感じ。これだけでも人気が出そうな感じはする。
女の子が好みそう。
ちなみに今回は予約は2000円分お願いしておいた。
パンを指定して取り置きできるのかどうかは知りません。
なので、今回はパンの値段、正確な名前などはほとんど分かりません。




kirinya3.JPG
いちじくとクリームチーズのパン
ヒキが強い生地にどーんといちじくとクリームチーズが入っている。
いちじくは全体に練りこまれていた方が好みだが、これはこれで悪くは無いです。
歯切れも良く、ほんのわずかに感じる酵母のやわらかい酸味が心地よい。






kirinya4.JPG
よもぎあんぱん(?)
あんまり気にせず食べたけど、よもぎだったかな?
あんは洗練されてはいないが、素直においしいと感じる味。
生地もあんもいい意味で雑味があり、荒々しい中でバランスが取れていて素朴にうまい。
洗練されたこしあんなんかだと完全にあんが負けますからね。
焼き具合もぴったり決まってる。








kirinya5.JPG
オレンジと山ぶどうの食パン(ハーフ・360円)
弾力がある生地、オレンジ、山ぶどうがどれもバランスよく主張して、素直にうまいと思える。
何と表現していいのか分からないが、若干口溶けが悪く、口の中で団子になる感じがあり、少し残念。よくあるんですよね、こういうの。
まぁすごく気になるほどではありませんが。






kirinya6.JPG
じゃがちーず
水分たっぷりの生地にチーズとじゃがいも。
チーズは思ったより質が良く、なかなかうまい。
予約してあったため、袋に入れられており残念な見た目だが、焼き戻すとしっかりおいしかった。






kirinya7.JPG
チョコとオレンジのパン
これは普通。
大きく焼き上げているというメリットがあまり感じられなかった。緩慢に長く焼いたようなイメージ。もっと強く一気に焼き上げてコントラストをつけるといいかも。








kirinya8.JPG
くるみパン
リーンな生地かと思いましたが、思ったより甘かったです。
黒糖のような甘みが感じられる生地とくるみがミスマッチ。
粉自体の熟成された甘さではなく、なんだか頭が痛くなる味わい。
花桔梗の「木枯らし」思い出させる感じ。
個人的には好きになれませんでした。









kirinya9.JPG
レーズン、オレンジピール、さつまいも、あずき、ごまなどが入ったカンパーニュ
これもやや緩慢に焼いたような感じで、力強さが感じられない。
あと、さつまいもがうまくない。
フィリングの組み合わせもなんとなく奇をてらったような感じで好きにはなれませんが、味は悪くは無いです。








kirinya10.JPG
オレンジピールとクランベリーのベーグル
水分が多く、弾力の無い生地で僕の好みではない。
味は悪くないので、パンとしてはおいしいと思います。






kirinya11.JPG
生地はいわゆる「もっちり」とした感じが強いものが多く、誰もがおいしいと思えそうな感じ。一部のパンでフィリングの組み合わせ、生地の甘さ加減などが個人的には好きになれなかったが、全体的には悪くは無いです。
天然酵母のパンだと思うけど、酸味はほとんど無く、酵母の状態などはいいんだと思います。
このお店では大型のパンよりも、どちらかというと小型のパンの方が好みです。


人気ブログランキングに参加しています。











fami1.JPG
ファミリエという天然酵母のパンのお店にも行ってきた。








fami0.JPG
こんなとこにあります。









fami2.JPG
酒かすのような風味。
しっとり。


人気ブログランキングに参加しています。


(きりん屋)
三重県松阪市飯高町作滝239-1
0598-46-0226
営業時間 12:00〜16:00
月曜、火曜、水曜、木曜休

(ファミリエ)
奈良県宇陀郡御杖村神末2695-2
050-5004-6222
営業時間 11:00〜17:00
不定休
posted by 1031 at 23:54| Comment(4) | TrackBack(0) | パン(三重県) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
>予約してあったため、袋に入れられており残念な見た目だが…

この気持ちなんかわかります。
今まではそんなに感じていなかったのですけど、少し前、例の私のおすすめのお店でガーリックフィセルを予約して取りに行ったとき、私がお店に入ってからガーリックバターを塗って仕上げの火を入れてくれたんです。
なんでもないようなことのようにそこまでしてくれてすごく感動しちゃいました。そこでは、予約しているものを熱々で袋に入れてとっておいたりせず、そのパンのいい状態のままとっておいてくれているんです。
そういう些細なことってすごく大切ですね。
Posted by のんたん at 2010年06月20日 21:40
のんたんさんへ

手間や利便性の観点からも袋に入れておく方が無難なのかもしれませんが、著しく味が落ちることは分かっているだろうから、できればその都度包装して欲しいです。
そのお店、素晴らしいですね!少なくとも僕はそんなお店を一度も見たことが無いし、できそうでできないですよね。
パンを最善の状態で味わって欲しいと言う気持ちが感じられますね。より一層気になってきました。
Posted by 1031 at 2010年06月21日 20:16
こんにちは。少し前からパン屋探しの参考にさせていただいていました。
以前三重に住んでいたので、一度「きりん屋」へ足を運んで下さらないかなと思っていました。
感想が読めて満足です。
あまり三重の中部や南部へは行かれてなかったですよね。
同じ松阪でもう少し市街地にある「コパン」もいつか食して頂きたい店です。
Posted by maotako at 2010年06月23日 16:44
maotakoさんへ

こんにちは。
三重の南部は遠いのでなかなか行けなかったんです。
コパンも機会があれば行ってみますね。
Posted by 1031 at 2010年06月23日 22:25
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/152067287

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。