2010年06月15日

ララ・ナチュラル(Lala Natural Organic Cafe & Deli) 〜マクロビという考え方 その4〜



人気ブログランキングに参加しています。

lala0.JPG
ララナチュラルというお店に行ってきました。
オーガニック食材を使った料理が食べられるらしい。







lala1.JPG
ランチ(1260円)
538kcal PFC比=12:19:69(1031調べ ※メニュー、および季節により大きく前後しますので、参考程度にお考え下さい。)
おかずはどれも素朴なおいしさがあり、なおかつ変に和洋折衷風創作料理に走っておらず、なかなかいい感じ。それほど無理の無いメニュー。
糠漬けがかなりうまかった。
玄米の炊き具合も好きな感じ。





lala2.JPG
どれも無理の無い素朴においしいメニュー。



このメニューは動物性食品は一切使っていないようです。
でもマクロビを原点に戻って考えると、身土不二の観点から、必ずしも動物性食品は完全に禁止だと言う意味ではないと僕は考えている。
極端な例で言うと、イヌイットの食事は大半が生の肉であり、野菜も穀物も果物もほとんど口にしない。
これを現代の栄養学(笑)にあてはめて考えると大変なくらい栄養素(笑)が偏っていると思われる。
しかし肉を生で食べれば、それでビタミンやミネラルは摂取できるし、理にかなっているとも考えられる。とにかく、この食生活で生きられるということは、やはりこの食生活が彼らに合っているのである。
よってこれも一種のマクロビと考えることが出来る。

話はそれるが、「食生活」というのは世界中の民族で一律なわけが無く、それを欧米の栄養学などで一律に、栄養が「足りている」「足りていない」と判断すること自体間違っているのである。食べ物は季節により、風土により、多種多様なのである。
そんなことも理解できないから、「カルシウムが足りていない」「タンパク質が足りていない」などと言うおバカなことを本気で信じてしまうんです。






この日たまたま、変なものが無かっただけなのかは分かりませんが、このお店が一番マクロビのことを理解しているお店なのではないか。
マクロビを実践する=味気無い食事ではありませんよ。
食べた後にいやなもやもや感が残らなかった、いいお店です。

人気ブログランキングに参加しています。


マクロビという考え方 その1(空色曲玉)の記事はこちら
マクロビという考え方 その2(ピンチオブソルト)の記事はこちら
マクロビという考え方 その3(コビファクトリー)の記事はこちら
マクロビという考え方 その4(ララ・ナチュラル)の記事はこちら


愛知県名古屋市緑区鳴海町向田209
052-623-0660
営業時間 11:00〜19:00(日曜は9:00〜17:00)
不定休
この記事へのコメント
食べた後の爽快感。それたいせつですよね。
ほんとに身体に合う食事ってココロも身体も満足してますものね。
わたしもこのお店でお食事してみたいです。
玄米に合っている感じがします。
ほかにご紹介されたお店ではおかずの中に必ず揚げ物やら、肉に見立てたものなど消化に重いものが入っていて、玄米みたいに重いものと合わせるとつらいです。
以前、マクロビ系のレストランで、ヒヨコマメのカレー&玄米に車麩のカツが乗っていたものを食べたことがありますがものすごく胃もたれしました。
玄米自体、ぬかの部分に油分が含まれているので、油物のおかずは極力避けてほしいところです。
Posted by のんたん at 2010年06月16日 02:03
最近マクロビにすごい興味があるから勉強になりました!!
一部私の頭じゃ理解出来なかったけど☆笑。
私は「マクロビ」としてじゃなくて、お野菜が沢山食べれるお店って気持ちで行ってるんだけどね!
ララナチュラル行ってみたかったお店だから今度ランチしてくる〜♪
Posted by YUI at 2010年06月16日 07:29
動物性食品といっても、数多くあるので十把一絡げには言えませんが魚・貝は日本で食べられていたものですからね。

結局、マクロビはヴィーガン・ベジタリアンのように一律●●はダメっていう概念ではないということが大事なんですよね。

ここではワタシは野菜のせいろ蒸しと玄米ごはんを食べました。

マクロビの本も数多く店内に置いてあって、店主さんが勉強されている姿勢が垣間見れました。
Posted by Richebourg at 2010年06月16日 16:10
のんたんさんへ

おっしゃるとおり、無理矢理揚げ物を入れたりするマクロビは、まるで子供受けを狙った給食を食べているかのようですよね。
その点、このお店はとても自然なメニューです。野菜の使い方も無理が無い。
糠漬がうまいのも僕にとっては嬉しい要素です。
ヒヨコマメのカレーに玄米までは許せますが、またカツ乗せちゃうんですね(笑)
Posted by 1031 at 2010年06月16日 20:42
YUIさんへ

いえいえ!僕は自分の思ったことを書いているだけですよ。
野菜がたくさん食べられるお店は食後感も良くていいですよね。YUIさんのようにいい意味であまりこだわりが無い(失礼?)と言うのがとても自然で良いと思います。
機会があったら行ってみてくださいね!
Posted by 1031 at 2010年06月16日 20:45
Richebourgさんへ

その通りだと思います。
古代から、貝や小魚程度の動物性食品は食べていたはずですし、それがその風土にあった食事であるはずです。
マクロビは本来、身土不二に代表されるようにその地域に根付いたものを食べる、ことをよしとするわけですからね。あまりにこだわりすぎる必要は無い気がします。
野菜のせいろ蒸しもおいしそうですね!
店主さんはどの方かは分かりませんでしたが、無理なくおいしい料理を出せると言うことは他のお店にはないいい点だと思いました。
Posted by 1031 at 2010年06月16日 20:48


続きましたね。
溜まってるんですね〜。

影響力のあるこのブログで、何かきっかけになるといいですね。


マクロビオティックと言うものが価値を認められたのは現代のアメリカだったからこそですね。

巨大な国土のあちこちで、ケタ違いのスケール・合理性・機械による農・牧、大量生産。

それがトラックで縦横に運ばれ、使い易いようにある程度処理されたものを、人々は
郊外のメガサイズスーパーマーケットで週末にドカ買い。
それも缶詰・冷凍食品・レトルト・半加工品を。

完全にイメージですが、もしこれが多少とも当たっているならそれこそ食の危機であり、
マクロビの理念を改めて説く必要があるでしょうね。

しかし私たちは千年の単位でこの土地に住み、ここに適応した体と、
言葉で諭されなくても受け継いだんだか吸収したんだかの
日本人らしい感性を持っています。

言われるまでもなく、私たちは冬にはミカンを夏にはスイカを食べ、
料理好きな奥さんでなくても山菜やタケノコ、サンマが店に並ぶのを見ては
走り・旬・名残に「もう」とか「まだ」とか、思いを巡らすでしょう。


語弊を承知で書きますが、文化的に後進国であるアメリカから学ぶものが何かあるの?とか
思ってしまいます。


マクロビが、イタリアやフランス、東南アジアほか、ルーツがしっかりしている国で、
広がったりなんかしないだろうと思います。




食から離れたから、「イルカを殺すのはかわいそう」とか言うんですね。

生きると言うことは殺すことで、肉を食べない位で罪を逃れようなんて思うなよと言いたい。

前に、完全な菜食主義(ストックもダメ)のオランダ人が、
その理由を「食肉処理場でバイトした経験から」だと言っていましたが、
私が鍋で煮ていた鶏ガラを見て、「ウェ〜このグロイの料理してるの誰?」と叫びました。

殺したならムダにしちゃダメでしょ。

でもね、今の「残しちゃいけない!!!」一辺倒の風潮も違いますね。

地球上のあらゆるものが、人間に食べ尽くされる為にあるんじゃない。
土に還ればいいんです。

身土不二もここに繋がります。

食べ残しても地面にポーンと放れば、小動物やら虫やら最後には微生物が食糧にします。
食べた分も、し尿となって土に還ります。死んだ人間も、そこで土になります。

土地が痩せていくことはないはずです。

別に宗教ではありませんが、大地も動物も、もちろん人間も、ひとつの命です。


日本の野菜は味が薄いと言いますね。(やたら美味しい果物もあるけれど)
異常な量・密度で生産した野菜を根こそぎ刈ってどっかへやってしまうんだから、
栄養が奪われていくのは当たり前、当然年月を経て貧しい実りしかもたらさなくなります。


「自然」の対義語が「人工」、という感覚が、人間を自然物と思っていない証拠ですね。

エコだ食育だと言って、1回きりのハンパな体験授業や口頭の座学をする前に、
土をキタナイと思わないように育てて欲しい。

長々ごめんなさい!




Posted by ヒマな時に読んでください at 2010年06月22日 06:45
ヒマな時に読んでくださいさんへ

大変興味深く読ませていただきました。
ちゃんとマクロビを理解した上で、しっかりした考えを持っている人がいることが分かって少し安心しました(笑)
その「完全にイメージ」のアメリカなのですが、まさにその通りでした。僕は一応勉強のために行ったのですが、ワケが分からないくらいに細かい栄養学を説いている割には、メガサイズの食品。遺伝子組み換えの危険性について質問したときに「あなたは昨日も遺伝子組み換え食品を食べてるはずだけど、今日も体調は変わらないでしょ?」と真顔で言われたた時には開いた口がふさがりませんでした(笑)
おっしゃるとおり、日本人には日本人の感性があるわけで、何もしなくても自然と旬のものを選べるはずです。マクロビなんてもちろん必要ないです。
それなのに冬でも緑黄色野菜を食べろと言っちゃうんですからね、体にいいらしいですよ(笑)もう笑うしかないですよ。
しかもそれが「食育(笑)」だの「エコ(笑)」だのにつながるんですからね。
食育なんかも本来学校で教えるものではなく、もちろん食育基本法などというおバカな法にするものでもないです。食育を頭から完全に否定するわけではありませんが、「食育」をやりたがる人に食(いわゆる日本の食であり自然な食事のあり方)を理解している人は少ないように思えます。
僕ももちろん別に宗教ではありませんし(笑)
日本に元来存在しない、肉やパン、色々な食べ物を食べます。
しかし、本来食事はその土地、風土とともに育まれてきたものであり、理解しようとしなくても理解できたはずのものです。
こうなってしまった今、日本では本当の食事をすることは不可能でしょうね。
「栄養」「食育」などと口先だけで言う前にできることなんて山ほどありますよね。
長くなってしまいましたが、とりあえずこのあたりで(笑)
またなんでもコメントくださいね!ありがとうございました!
Posted by 1031 at 2010年06月23日 22:20
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/146543322

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。