2010年06月11日

空色曲玉(そらいろまがたま) 〜マクロビという考え方 その1〜



人気ブログランキングに参加しています。

sorairomagatama1.JPG
マクロビのランチが食べられると言うことで、興味があり行ってみた。

知らない方のためにマクロビについて簡単に説明しておきます。
マクロビとは、マクロビオティック(macrobiotic)のことで、明確な定義があるわけではないが、玄米および精製していない穀物を主食とし、野菜や漬物や乾物などを副食とすることを基本とし、独自の陰陽論を元に食材や調理法のバランスを考える食事法である。
穀物以外にも、精製した食品は使わず、動物性食品は出汁も含め、一切使用しない場合が多い。
ただし、これはベジタリアン、ビーガンに代表される菜食主義者とは異なる考え方である。




マクロビを実践する上では以下の考え方に基づいた食生活、およびライフスタイルが非常に重視される傾向にある。

<身土不二>
身体と環境は切っても切れない関係にあり、自分の暮らす土地で季節にとれた旬のものを食べると身体のバランスが整うという考え方。
つまりこの考えを根本にするならば、国や地域によってはマクロビオティックであっても、肉類をはじめとした動物性食品を摂取することが可能な(必要な)場合もある。
(例:酪農が盛んなヨーロッパでは牛乳、チーズを食べる。)

<一物全体>
生命あるものはすべてそれ一個で調和が保たれ、食べ物は皮もアクも含めた、まるごとを食べて身体を整えるという考え方。

<陰と陽のバランス>
陰の性質の食べ物は体を冷やし、陽の性質の食べ物は体を温める。
例えば夏の野菜などは陰のものが多く、熱くなった体を冷やす効果があり、逆に冬の野菜(主に根菜)などは陽のものが多く、冷たい体を温める効果がある。

これらは食べ物を食べる上で、非常に重要な考えであり、実践すべき考えだと思う。
つまり僕は、行き過ぎていなければ、そして考え方さえ間違っていなければ、基本的にマクロビオティックには賛成である。




さて、食事に参りましょう。






sorairomagatama4.JPG
玄米、味噌汁、レンズ豆のスープ
味噌汁があるのにスープをつける意味が分からないし、細かいことを言えば日本原産でないレンズ豆を使うことは「身土不二」に反している。
味噌汁が若干濃い味だが、許容範囲内。だしは昆布と椎茸だと思う。
玄米の炊き具合は良い。



sorairomagatama3.JPG
おかずが4種類ついてくる。
ランチはこの1種類のみ(1050円)
計468kcal PFC比=13:15:72(1031調べ ※メニュー、および季節により大きく前後しますので、参考程度にお考え下さい。)


どれも見たまんまです。家庭の味。でもコスパ悪い。
手前は大豆タンパクのそぼろ。挽肉っぽく感じなくも無い。しかし、なぜマクロビ系のお店ではこの大豆タンパクを良く使うのか疑問です。
大豆タンパクとは、大豆からタンパク質のみを工業的に(化学的に)抽出した物質のこと。つまりマクロビにおいて、大前提である「一物全体」という理念に反している。
そのもの全体を食べるのがいいのではないのかい?
これを出すってことはマクロビやってても「結局肉(っぽいもの)が食べたいんだな」と思わざるを得ない。
本当にマクロビやりたいなら、「煮豆」を出せば何の問題も無いのであるが。





sorairomagatama5.JPG
チョコレートケーキ(400円)
動物性の素材を一切使っていないらしい。
それはさて置いても、甘さがあまりにも無さ過ぎる。これを何だと思って食べればいいのでしょうか。
「甘くないから体にいい」とでも思えばいいのでしょうか。
ケーキ食べてまでそんなこと考えるならはじめから食べるなと言いたい。
ま、もちろんこれが「体に良い」なんてこともありえませんけどね(笑)
しかも値段も結構高い。



sorairomagatama2.JPG
こういうお店って大はやりですけど、僕にはイマイチありがたみが分かりません。
こんな家庭料理みたいな野菜中心の食事なら家で作ればいい。
もちろん存在価値は否定しませんが、結局こういうのって現代メディアの健康ブームに踊らされている気がしてなりません。
そもそもが肉に見せかけるために「大豆タンパク」なんてそんな工業製品使わなくても良いと思う。
肉のアレルギーの人のため、などと反論が来そうなので付け加えておくと、そういう方はわざわざイミテーション食材を食べなくても、おいしい大豆を食べた方がよっぽど良いと考えるのが僕の持論です。



人気ブログランキングに参加しています。


マクロビという考え方 その1(空色曲玉)の記事はこちら
マクロビという考え方 その2(ピンチオブソルト)の記事はこちら
マクロビという考え方 その3(コビファクトリー)の記事はこちら
マクロビという考え方 その4(ララ・ナチュラル)の記事はこちら


愛知県名古屋市中区新栄3-16-21
052-251-6949
営業時間 11:30〜14:00 18:00〜23:00
月曜休
この記事へのコメント
カカオも地元産なのでしょうか。
団子出しなさいよ!


以前、瀬戸内の風物をまとめた番組を見て
笑ってしまったことがありました。

地元の子 数人が、着衣のまま海にドボン!

その手には茹でダコが握られており、
波に揺られながらタコをかじっていました。


地元産ではありませんでしたが、私も小さい頃、カワハギの干物やらサキイカやらが
大好きでした。
枝豆やら果物やら焼餅やら、
ケーキのようにファンシーでなくても
コドモはけっこう喜ぶもんです。

ただ、「地産」の範囲もアバウトですね。
国産?県内?

残念ながら真に理想的な食はもう不可能ですね。
Posted by みんな国産米育ち at 2010年06月12日 06:26
こんにちは

マクロビスイーツ(豆乳が酸化している感じがして・・・)も
大豆たんぱくメニュー(油分がきつい)も好きではないのですが、
菜食の方にとって、外食で<食べられるものがある>喜びで、いっそう美味しく感じられるのかもしれません。
SSサイズの方が、SSサイズの服が見つかるだけで買ってしまうような心理・・・
和食のお店に行っても、意外と動物性のものばかり使ってますから。
個人的には、マクロビのお店よりも、新鮮な食材を使ってシンプルに作ったお料理を作りたてで出してくれるお店が名古屋駅周辺にあったらいいなぁと思います。
昨日名古屋駅に出て、お昼のランチ、目に付いた洋食家 ロンシャンというところに入りましたが、ポークソテーがなかなか美味しかったです。迷っていたら店員さんが親切に相談にのってくださいました^^
Posted by たま at 2010年06月12日 06:57
ここは1×年前に一回行ったことがあります。
当時「マクロビ」なんて言葉は殆ど知られていなくて菜食の店、という感じで行きました。
コスパは確かに高いと思いました。(当時でもランチ1500円くらいしましたから)
けど、身体になじむ料理だなあ、と記憶しています。
ソイミートなんて当時出してなかったけどなぁ(^^;)

さて。ソイミートというか大豆蛋白はもともと食事が戒律によって決められている修行者達の為に開発されたものだそうです。
他にアレルギーなどで「肉が食べたいのに食べれない」人が昔よく食べていたのが、すっかり菜食者達に好まれてますね。
私も一時期よく使いましたけど、どうも豆くさくて今ではそれほど使いたいとは思いません。食感だけならエリンギや蓮根刻めば出るし、そのほうがおいしいし。
大豆蛋白よりも車麩使ったほうが好きですねぇ。

宗教とか病気のために肉が禁じられてるのでなく、趣味・思想で菜食やるのに何故「モドキ」を必要とするのか…。
いつもそれをフシギに思います。

>>肉に見せかけるために「大豆タンパク」なんてそんな工業製品使わなくても良いと思う。

1031さんのこの言葉についつい反応してしまい、長文失礼いたしました。

野菜料理はとても好きですが、それは単なる野菜食いなだけで
決して動物性や砂糖を否定してはいないものですから^^
同じようにとららえてらっしゃるの方が他にもいるのだなぁ、とコメントさせていただきました。
Posted by カイエ at 2010年06月12日 10:56
みんな国産米育ちさんへ

「団子出しなさい!」ホントにその一言に尽きますね。無理矢理ケーキ、焼き菓子などを出さなくてもいいのに。
おっしゃるとおり、真に理想的な食事はもう難しいと思います。欧米の栄養学(笑)が正しいという風に誰もが教え込まされていますもんね。。。
Posted by 1031 at 2010年06月13日 07:42
たまさんへ

マクロビの食事がおいしいかおいしくないかではなく「健康的な感じがする」だけで満足な方も多いかもしれませんね。
地元の新鮮な材料をシンプルな調理で食べれば何でも素朴なおいしさを味わえますよね。
Posted by 1031 at 2010年06月13日 07:45
カイエさんへ

いえいえ!長文大歓迎ですよ!
ここはそんなに昔からあるお店なんですね。
確かに食感だけの問題なら他のものでも代用できそうですね。

>宗教とか病気のために肉が〜
ここ、すごく共感します。
モドキを使用するということは結局肉が好きで(食べたくて)我慢しているんだとしか思えません。そうでなければモドキを使わずにできる料理なんてどれだけでも作れますからね。
僕も野菜は大好きですが、一方からなにかを否定するという考えはしません。それは添加物についても同じで、基本的には嫌いですが、それが便利な面もあったから広まっているわけですもんね。。。。。。
・・・長くなりそうなのでこれくらいにしておきますが、これは機会があればぜひ一度お話したいです(笑)
今後ともよろしくお願いします。
Posted by 1031 at 2010年06月13日 07:53
肉類が消化できる人はそう思うのでしょうね。
体質的に動物性が消化できない人も世の中には居ることを知って頂きたいです。
外食なんかできないのですから。
Posted by PaP at 2013年07月26日 08:43
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。