2010年03月20日

キノシタ(RESTAURANT Kinoshita)






人気ブログランキングに参加しています。

kinoshita1.JPG
代々木にあるフレンチレストラン、キノシタに行ってきました。
有名すぎるぐらい有名なお店ですね。
雰囲気は気軽なビストロです。


ディナーは4000円、5300円、7600円の3つのコース。







kinoshita3.JPG
今回は4000円のAコースと、5300円のBコースをいただきました。

<Aコース>
・アミューズ
・本日のオードブル
・本日のスープ
・本日のメイン(肉または魚)
・本日のデザート
・パン
・カフェ




<Bコース>
・アミューズ
・前菜(9種類から選択)
・スープまたは魚料理から一品(4種類から選択)
・肉料理(8種類から選択)
・デザート(6種類から選択)
・パン
・カフェ




kinoshita2.JPG
アミューズ






kinoshita4.JPG
パン





kinoshita6.JPG
Aコースの前菜:スモークサーモンとじゃがいものテリーヌ
分厚めのテリーヌ。サーモンは変な脂臭さも無くスモークの香りも良く、うまい。





kinoshita5.JPG
Bコースの前菜:白子のソテー
白子うまい。ポテトのピュレ、ソースともにかなりたっぷりでうれしい。フランス料理を食った!って感じになる。
味付けはかなり濃い目だが、力強い中でバランスが取れていておいしい。そもそもフレンチはこういうものだし、フレンチ食べに来てまで塩分だのカロリーだの気にする方がおかしい。








kinoshita8.JPG
Aコースのスープ:ミネストローネ
フォンのうまみがプラスされたような、ややうまみの濃厚なスープ。
おいしいです。







kinoshita7.JPG
Bコースのスープ:新鮮なアジと甘海老のスープ・ド・ポワソン
甘海老の味が非常に強く感じられる。殻の味がめちゃくちゃ強く、強めの塩味とのバランスもすごくいい。
アジはあまり感じられなかったが、とてもおいしかった。
これはすごく好きな感じ。






kinoshita10.JPG
Aコースのメイン
牡蠣だったっけ?ちょっともらいましたが、クリームのソースも非常に濃厚だが、しつこくなくうまかった。






kinoshita9.JPG
Bコースのメイン:九十九里の熱田さんが大切に育てた緑茶豚ロース肉のロースト 生姜の香りのソースとシャルキティエールソース 2種類のソースでじゃが芋のピューレを添えて
豚は脂も甘く上質なうまさ。
どちらもソースも量もしっかり、味もおいしかった。





kinoshita11.JPG
口直し





kinoshita13.JPG
Aコースのデザート:ガトーショコラとキウイのキウイのアイス
キウイのアイスうま!







kinoshita12.JPG
Bコースのデザート:グレープフルーツのカンパリゼリー寄せ ゴールデンパイナップルのソルベを添えて
あっさりすっきり。とってもうまい!







kinoshita14.JPG
店内はにぎやかな感じだが、ちゃんと禁煙だし適度にくつろげていい感じ。サービスもある程度ラフだが、とても感じが良いです。
料理は塩がかなり強めだが、下手に控えすぎたりしておらず、バランスがいいのですごくおいしい。ポーションも大きめ。
東京で夜で4000円から楽しめるのなら非常に満足度は高いと思います。





kinoshita15.JPG
近くにあれば通いたくなる。
ごちそうさまでした!



人気ブログランキングに参加しています。



東京都渋谷区代々木3-37-1 代々木エステートビル1F
03-3376-5336
営業時間 12:00〜14:00 18:00〜21:00
月曜休
posted by 1031 at 08:07| Comment(2) | TrackBack(0) | フランス料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
「キノシタ」は”ビストロ”草分けですが、最近雑誌などでは別店がとりあげられ、出ていませんね。ていますね。それでもいつもほぼ満席なのは、美味しい、地元民に愛されている証拠でしょうか?
東京には他に沢山、”予約のとれないビストロ”はありますが、まずはよい選択でしたね!
私も「がっつり&塩効いた」味が好きなので好感、同感です。

とろこでビストロとフレンチとの線引きは如何に?難しい問題です。
ではではまた。
Posted by しゃ at 2010年03月21日 04:48
しゃさんへ

東京にはビストロがすごくたくさんありますが、やっぱりこのお店には行っておいて良かったです。人気がある理由が分かるお店でした。
僕もこのお店いい意味で塩が強くてヘビーで気に入りました。
最近フレンチだかイタリアンだか分からないような料理を出すお店が増えてますからね(笑)
Posted by 1031 at 2010年03月21日 08:06
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。