2009年11月27日

和菓子工房まっちん





人気ブログランキングに参加しています。


matchin1.JPG
ある秋の晴れた日に、東郷町にあるぶなの木に行ってきました。
目的はまっちんの和菓子。
以前は三重県の伊賀市にお店があったそうだが、2009年9月をもって閉店され、現在はイベントなどで特別に販売しているそう。






matchin2.JPG
今回はカフェメニューとして、お菓子セット(600円)があり、和菓子は2種類選択できた。






matchin3.JPG
けしくるみ大福
けしの実とくるみが練りこまれた大福。
あんこも丁寧に炊かれていておいしい。くるみやけしの力強さを考えると、粒あんの方がバランスがいいかもしれない。






matchin4.JPG
わらびまんじゅう
わらび餅の中にさらっとしたこしあん。こっちはこしあんじゃないとね。
あんこはさっきの大福よりも少し甘さが少なくなっていて、わらび餅との相性はすごくいい。
わらび餅自体もかなり柔らかいのだが、ちゃんとしたコシを兼ね備えていていい感じ。どこも同じように感じるわらび餅とは違い、丁寧でしっかりしたおいしさでした。
一幸庵のわらび餅を少し思い出した。






matchin5.JPG
わらび餅(720円)
これは持ち帰りで。




matchin6.JPG
あんは入っていない。こっちもちゃんとおいしい。





matchin7.JPG
もちろん変なものは一切入っていない。
余談だが、成分表示の話を少し。
「本わらび粉」と表記されているものはわらびから取ったデンプンのみを使った粉のこと。
「わらび粉」と表記されているものは、本わらび粉のデンプンを配合した粉のこと。この粉の配合されている割合はメーカーによって異なると思うが、概ね5%程度だろう。残りはジャガイモ及びサツマイモのデンプン。
つまり、「わらび粉」にはほとんど本わらび粉が使われていない。
また、成分表示は多いものから順番に書いてあるので、このわらび餅も残念ながら本わらび粉の使用量は非常に少ないということ。まぁ、うまいから別にいいけど。

ちなみに「本わらび粉」は灰色なので、透明なわらび餅はまず本わらび粉は使われていないと思っていい。
そういうのはわらび餅じゃなくてジャガイモ餅かサツマイモ餅(笑)
さらに「本わらび粉」のみのわらび餅は非常に不安定なので、練り上げて15分程度が寿命だと聞いたことがある。
宝泉のわらび餅は100%本わらび粉です。





ちゃんと丁寧に作っておられる印象でした。
こういうイベントがあればまた行ってみたいですね。


人気ブログランキングに参加しています。
posted by 1031 at 07:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 和菓子・お茶など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/134005321

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。