2009年11月08日

BOULANGERIE PATISSERIE y'KUNIEDA(ブーランジェリー パティスリー ワイ クニエダ)





人気ブログランキングに参加しています。


y'kunieda1.JPG
大垣市にあるy'KUNIEDA(ワイ クニエダ)に行ってきました。
グルマンクラブハリエ(たねや)で修行したとの噂だったが、実際はグルマンでは修行していないということらしいです。
確認したわけではありませんが。




y'kunieda2.JPG
気になる品が多い。
いい意味で迷ってしまう。




y'kunieda3.JPG
バゲットフェルマンタシオンラント(252円)
フランス産小麦を使用し、長時間発酵させたバゲット。
発酵による甘みが感じられ、噛むごとにしっかりとうまみが膨れ上がる。キレがよく、口溶けの悪さやパサつきは一切無い。
もっと焼きを強くし、一気に焼き上げるとさらにクラストとクラムのコントラストがついていいと思う。
値段のわりにサイズは小さめだが、おいしいのでそれでも十分満足できます。
かなりいいレベルでまとまってます。




y'kunieda4.JPG
端っこもカリッとしていて、一度で二度おいしいバゲット。
怪我しないように注意しましょう。





y'kunieda5.JPG
クロワッサン・オ・ブール(158円)
折込はとてもキレイで、見た目からしていい表情。
しつこさを全く感じさせないキリッとした味わいで、サクサクとした食感がいい。
クロワッサンや折込系はお店を出たらすぐに食べましょう。
パンは時間が経ってから食べるなんてことを想定して作られていないので、時間が経ってから食べるなんてことは失礼です。
特にこういうすぐに劣化するものはね。




y'kunieda6.JPG
プロヴィンチア(378円)
クルミ、レーズン、いちじく、オレンジピールなどがバランスよく練りこまれている。
クラストはハードだが、ざっくりとして歯切れが良く鋭角的な香りの主張がたまらない。
生地自体もフィリングに負けないしっかりとした存在感のある味わい。
これはかなりおいしいです。






y'kunieda7.JPG
ルヴァン・ナチュール(200g・210円)
これ・・・うまいです!
ライ麦を40%配合している。確か天然酵母使用とのことだったが、酸味は全く無く、まろやか。
冷め立てで食べたときのライ麦の味わい、香りの主張はかなりすごい。
クラムのしっとり具合も良く穀物の甘みが感じられる。
ちょっとびっくり。かなりうまかった。
以前は400gのものがあったそうだが、今はこのサイズのみだそうです。
これは大きく焼いた方が断然おいしいと思うので、もっともっと大きいサイズのものを食べてみたい。




今回選んだものはすごく良かった。小物系は分かりませんが、ハード系はすごくいい。いろんな生地のものを試してみたが、特にライ麦系が強そう。
これ以上のバリエーションは無いかもしれませんが、他のパンも食べてみたい。
実際に行ったのはかなり前だし商品が変わっている可能性もあります。それにハード系は数もたくさん作っていなさそうなので、行くときには一度確認するといいと思います。
なかなかレベルの高いお店でした。


人気ブログランキングに参加しています。

岐阜県大垣市西之川町1-295-1
0584-71-9790
営業時間 9:30〜18:30
月曜、火曜休
posted by 1031 at 09:28| Comment(9) | TrackBack(0) | パン(岐阜県) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
サヨヒ=さよひ=?=はじめまして=祭りさんへ

すごくたくさん書き込みましたね。
満足しましたか?じゃ、消しますね。
次からも。
Posted by 1031 at 2009年11月10日 20:07
地元のお店が続いているので、またコメントしてます(^^;

こちらのお店は、グルマンで働かれていた方
(多分女性の方)もいらっしゃるので、
「修行した」と言われているのかも?ですね。
(グルマンで働いていた妹からの情報です)

『プロヴィンチア』、私も食べましたが、
美味しかったです。

この辺りは田舎なので、美味しいパン屋さんが
今まではあまりなかったので、嬉しいです♪
Posted by robina at 2009年11月14日 18:23
robinaさんへ

コメント歓迎ですよ。
グルマンで働いていた方がいるんですか〜。
それで勘違いされている可能性はありますね。
プロヴィンチアはなかなか良かったです。
おいしいパン屋がもっと出来てくれるといいんですがね。
Posted by 1031 at 2009年11月15日 00:20
本日このブログの影響でルヴァン・ナチュールを買いに行ったのですが店頭に無く聞いたら現在2個以上購入で2日前に予約しないと買えないそうです。(450gで630円)
その時店員さんはマニアの方々に好評ですとマニアという単語を5回くらい言われました。
なんで一般とマニアと分けるの?普通に買いに来ただけなんだけどという感じでした。
あとバゲットが210円になっていてホームページができたようです。http://ykunieda.com
Posted by シャイアントヌネノ at 2010年06月19日 20:55
シャイアントヌネノさんへ

そんな敷居が高くなっちゃったんですか(笑)
確かにマニア受けするように作っている感じはしますが、わざわざアピールする必要も無いかもしれないですね。
ホームページもできたんですね。情報ありがとうございます。
Posted by 1031 at 2010年06月20日 00:25
y`kuniedaさんのルヴァンナチュール私も大好きです。kuniedasさんとはクラブハリエ時代からの知り合いなんですが、当初からとってもおいしいパンを提供しててくれはるので、時々大垣まで買いに行ってしまいます。
お奨めは、ルヴァン(2日前に予約)、ビエールマロン、ノワールドノワール、クロワッサン、ディジョネーズ、プロヴィンチアもはずせないですよね。どれをとってもはずれなしな気がします。店主さんは誰が食べても食べやすくておいしいパン作りをめざしているとか・・・。でも、もっともっと、個性的なパン屋さんを目指して欲しいです!
Posted by yuki at 2010年07月10日 12:25
yukiさんへ

お知り合いの方なんですね。
僕もルヴァンナチュールとプロヴィンチアは特に気に入りました。
誰にでも受け入れられるパンもいいですが、もう少しマニアックなパンが増えてもいいかもしれませんね。
Posted by 1031 at 2010年07月10日 20:58
大垣に行く機会があったので、1031さんの評価を参考に行ってきました。

コメント欄まで確認しておらず、ルヴァン・ナチュールを予約していませんでした。一番食べたかったパンなのに残念。
2日前までの予約が必要なのですね。

伺ったのが午前中だったので、まだ商品が並びきっておらず、あと10分くらいでバゲットが焼きあがるということで焼きあがりを待って買ったんですが(バゲットフェルマンタシオンラントはなく、名前は失念しましたが、普通のバゲット?細めでクープ6本くらい、先は尖っていない)、窯から出した焼き立てアツアツをビニール袋に入れてくれようとしたので、ちょっとびっくり。
バゲット用の長い紙袋は用意してないとのことでした。
オーナーらしき男性がバック(?)で冷やしてきてと指示をして、しばらくしてちょっと粗熱が取れたものをビニールにいれてくれましたが…。
クープも綺麗で、細身で反り上がった形は美しかったのですが、クラムは結構詰まっていたのでもうちょっと軽さが欲しい感じでした。クラストももうちょっとバリッとしてる方が私は好きです。良く噛むと甘みがあって美味しいのですが、袋の件もあり、ちょっと残念な感じです…。

今度はバゲットフェルマンタシオンラントとルヴァン・ナチュール食べてみたいです。
クロワッサン・オ・ルヴァンは外サクサクハラハラ、中しっとりで美味しかったです。

硬派なパンが多くて近くにあったら通いたいです。
でも袋はなんとかしてほしいと思いました。
Posted by kaori at 2011年04月11日 11:34
kaoriさんへ

ルヴァンナチュールはおいしいと思いますので、ぜひもう一度お試し下さい。
バゲットはちょっと変わったのですね。
熱々をビニール袋に入れる神経はちょっと理解できないですが、機会があれば試してみたいです。
丁寧なコメントありがとうございます、もう一度行ってみたくなりました。
Posted by 1031 at 2011年04月11日 22:06
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/129074358

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。