2012年07月31日

竹鶴ナイト!atあさきぬ


人気ブログランキングに参加しています。

taketsuru night2.jpg
にこらで昼食を済ませた後、この日のメインイベントである竹鶴ナイトへ参戦!
その名の通り竹鶴を味わう会なのだが、なんとこの日は竹鶴酒造からあの石川杜氏がいらっしゃるとのことでドキドキしながら会場までの道のりを歩きました。





taketsuru night1.jpg
場所はあさきぬ。








taketsuru night4.jpg
会は昼の3時から石川さんが寝るまで(笑)
料理と共に以下のお酒を頂きました。

清酒竹鶴 純米20BY
清酒竹鶴 合鴨農法米 門藤夢様20BY
清酒竹鶴 純米にごり 20BY
清酒竹鶴 生もと純米 加水火入れ(ブラック)19BY
清酒竹鶴 純米吟醸生酒 初しぼり23BY (広島・いぶしぎんより提供)
酸味一体 にごり 20BY
酸味一体 雄町純米 18BY
秘傳
小笹屋 大和雄町 21BY
小笹屋 宿根雄町 22BY 20BY
小笹屋 生もと純米原酒 17、18、19、20BY
小笹屋 生もと純米吟醸 20BY
小笹屋 生もと純米大吟醸 20BY
小笹屋 番外品 純米原酒 18BY
純米吟醸 山田錦 12BY
小笹屋 純米大吟醸 11BY


・・・すごいラインナップ!
どのお酒も当然熱々の熱燗にしていただきます!
酒はこうでなくちゃね。





taketsuru night3.jpg
キレイに色づいています^^
原酒なども多くアルコールが強いお酒が多かったが、石川さんがいる手前、緊張して全然酔えなかった(笑)






taketsuru night5.jpg
竹鶴のお酒を石川さんにお酌してもらうというなんとも贅沢な体験をしました。
竹鶴のうまさを再認識したのはもちろん、石川さんの酒に対する考え方まで聞かせていただき、大変興味深い会でした。
そしてこれだけ酒のことを真剣に、真摯に考えていらっしゃる蔵があることに本当に安心します。
大袈裟ではなく、日本酒の未来のためにも竹鶴のようなお酒が日本にもっと広まれば良いと思う。
ま、そんな深いことは抜きにしても単純にうまい酒を色々と飲める楽しい会でした^^
ごちそうさまでした!

人気ブログランキングに参加しています。

<魚の匠 あさきぬ>
京都府京都市中京区両替町通御池下ル龍池町424-1
075-231-4222
営業時間 12:00〜14:00 17:00〜24:00
不定休
posted by 1031 at 01:37| Comment(0) | TrackBack(0) | イベントなど | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月30日

蕎麦屋 にこら


人気ブログランキングに参加しています。

soba nicolas1.jpg
先日サクッと京都へ行ってきました。
その時のお昼に訪れたお店、「蕎麦屋にこら」です。
別にミシュランガイドは全く信用していないし信頼性もないと思っているが、2010年、2011年とミシュランで1つ星を取っているお店。
僕はこのお店自体は2回目で、初訪問は5年ぐらい前だったと思う。
当時からおしゃれなイメージだったが、現在ではソバキュイジーヌなるものを押しており、なんだかちょっと不安な要素でもある。






soba nicolas2.jpg
ビールは飲みたくなるよね。
さて、何かつまもうか・・・、とメニューを見ると蕎麦屋とは思えないメニューがちらほら。
ここは守りには入りません(笑)





soba nicolas3.jpg
よこわの軽い燻製 レモンヴィネガーソース(1200円)
せっかくなので、料理も頂く。
塩加減、酢の効かせ方、燻製の具合などなかなか良い感じ。
蕎麦屋で食べたいかどうかはさて置き、料理としておいしく仕上がっている。






soba nicolas4.jpg
明石蛸のカルパッチョ 山葵ジェノベーゼソース(1050円)
これもうまい。
ただ、どちらの料理にも言えますが、価格はかなり高めであると思います。






soba nicolas5.jpg
フルーツトマト蕎麦(1500円)
にんにく、オリーブオイル、大葉、すべて味が強すぎて蕎麦には合わないと思う。
ある程度分かっていたことではあるが、わざわざ食べたい感じではない。
変な味はしないし、さっぱりしてこれはこれで食べられますけどね。
ちなみに蕎麦はすべて粗挽き十割手打ちだそう。

蕎麦自体にはそれほど旨みを感じず、あまり印象には残っていないが、やはり産地や時期などの差もあるのだろう。
蕎麦はそれほど食べ歩いていないので何とも言えませんが、例えば米にも様々な品種があり、味の濃い薄い、粘りの強い弱い、などなど挙げればキリが無いくらい様々な特徴があります。
ちょっと話はそれるが食の欧米化が進んだ現代では米も味の濃い物が好まれます。
その代表がコシヒカリや近年有名になってきたミルキークイーンなどです。
どの米が良いとか悪いとか言うつもりはありませんが、その裏では味の薄いさっぱりした味の米、つまり古来からの日本食に良く合い主張しすぎない米はだんだんと収穫量が減り、また絶滅に近くなってしまった物もあります。
例えばササニシキやその親の品種であるササシグレなどは味は薄く、現代の日本人にはあまり好まれないが、古来からの料理には良く合うと個人的には思っている。
蕎麦もそうだとは一概に断定するつもりはありませんが、こと穀物に関しては「味の濃い薄い」「香りの強い弱い」ということが直接そのものの良し悪しに関係するわけではないのではないかと思っている。







soba nicolas6.jpg
京鴨のつけ汁ざるそば(1500円)
そばつゆは余計な味は無く、甘さも少なめ。
みりん、醤油、酒などはそれなりに上質な物を使っているはずです。
鴨肉自体もちゃんとした物を使っている。


ちなみに、この日は飲まなかったが、酒も個人的にかなり好みのものが置いてあった。
使っている素材は上質だし、調味料も問題ない。
はじめは少し心配でしたが、なかなか面白く良いお店でした。
近くにあれば夜に酒と料理を頂いてみたい。
ごちそうさまでした!

人気ブログランキングに参加しています。


京都府京都市上京区五辻町69-3
075-431-7567
営業時間 11:30〜14:30 17:30〜20:30
水曜、第3火曜休
posted by 1031 at 01:00| Comment(6) | TrackBack(0) | そば・うどん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月27日

南インド料理とスリランカカレーを作って食べる会!


人気ブログランキングに参加しています。

curry party1.jpg
会の正式名称は決めていなかったが(笑)
一応僕が主催させていただき、20人以上の皆さんで南インド料理などを作って食べました。
上の写真はまだ元気に動いているワタリガニ。





curry party2.jpg
まずはレンベークの中村さんが持ってきてくれた3リットルサイズのコルセンドンクでかんぱい!






curry party3.jpg
料理中の写真はほとんどありませんので、ここからは出来上がった料理を紹介していきます。






curry party4.jpg
ワダ
豆とスパイスで作った生地を揚げたもの。
南インド風のドーナツのような感じ。





curry party5.jpg
サンバル、ポリヤル、ビンディマサラなど
このあたりはある材料で即興で作りました。
みなさん!どれもおいしかったです!






curry party6.jpg
マンガロール風ワタリガニカレー
mieシェフの作品。
素材がいいのはもちろんですが、さすがmieさんの料理はうまかった!






curry party7.jpg
スリランカカレー2種





curry party8.jpg
インディアッパ(ストリングホッパー)
スリランカの主食。米粉を使った生地を専用の機械で押し出し、それを蒸した物。
これは赤米を使ったのでこういう色ですが、普通の米なら白くなります。
僕は島根の印度亜以外では食べたことがありませでした。
愛知県内では今のところ食べられるお店は無いんじゃないかな?






curry party9.jpg
山椒カレー
独特な味わい!シェフのセンスが光る一品!






curry party10.jpg
イドゥリ
南印度の蒸しパン。





curry party11.jpg
ある材料で即興料理〜。
塊肉からミンチにして作ったラムカバブがかなりうまかった!





curry party12.jpg
丸ドリーチキン
せっかくならタンドリーチキンやっちゃう?
丸鶏で仕込んじゃう?って言って作ってしまった品。
丸鶏だからこそ味わえるうまさ!!





curry party13.jpg
プローンマサラ、稚鯛のゴアフィッシュ
こちらは僕が。好きな部類のカレーです。






curry party14.jpg
生地からちゃんと発酵させて作ったドーサ、そしてチャツネなど。





curry party15.jpg
ラムコルマ、お手製パニール、スンダルなどなど。





curry party16.jpg
デザートかな?すみません、食べていません。





curry party17.jpg
バナナの葉も本物です^^
こうやって色々と盛りつけて食べます。

主になって開催させていただいたが、料理ができる皆さんのおかげで思っていたよりもかなり多くの料理を作ることが出来ました。
写真に撮っていないものもあるので、合計で30種類ぐらいの料理があったかと思います。
楽しく飲んで食べる!これが共有できることほど楽しいことはありません。
お集まりいただいたみなさま、会場を提供していただいた某氏、材料の買出しをしていただいたみなさん、本当にありがとうございました。

人気ブログランキングに参加しています。
posted by 1031 at 02:44| Comment(4) | TrackBack(0) | オフ会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。