2011年08月11日

リストランテ レ・ジョイエのトラットリアな夜!


人気ブログランキングに参加しています。

le gioie2-1.JPG
久し振りのレ・ジョイエ(Le Gioie)!
しかもこの日はレ・ジョイエと親交の深い方が主催された会に招いていただきました。
レ・ジョイエのブログにその時の様子がアップされていました。







le gioie2-2.JPG
この日は貸切。
どんな料理が出てくるのか楽しみ♪






le gioie2-3.JPG
シャンパンで乾杯!!






le gioie2-4.JPG
まずは前菜の盛り合わせ
生ハム3種類とラタトゥイユみたいなものなどなどの盛り合わせ。
生ハムはどれもおいしい!一つはシェフのお手製らしい。






le gioie2-5.JPG
パン






le gioie2-6.JPG
前菜その2
スモークサーモン、カプレーゼ、タリアータ
どれも素材の質がしっかりしていておいしい。





le gioie2-7.JPG
ワインも進むよね。








le gioie2-9.JPG
トリッパ
プレアペの時のヤツですね!
うまし。







le gioie2-8.JPG
ワインがとっても進むのは仕方ないよね。







le gioie2-10.JPG
手打ちタリアテッレのカルボナーラ
メニュー名は想像(笑)
見た目からしてうまそうでしたが、こりゃやっぱうまい。






le gioie2-11.JPG
ムール貝のなんちゃら
パスタ(こういう形のなんて言うんだっけ)が隠れるほどムール貝入ってます。
しっかり旨みを吸ったパスタはとってもうまい。






le gioie2-12.JPG
そりゃもうワインが進んで進んで仕方が無いよね。
がぶがぶ。







le gioie2-13.JPG
仔羊のロースト
柔らかくしっとりと火入れされた羊は出てきたときの香りからして食欲をそそる。
大人数である分、大きな塊で焼いたため、とてもうまい。
一緒に付いてきた自家製ソーセージも激ウマでした。
羊の肉は骨の周りがうますぎてガシガシむさぼっていたので、マダムに覚えられていました(笑)
ちなみに、プレアペのときにいたことも覚えてくださっていました。







le gioie2-14.JPG
デザートまで食べて、おなかいっぱいっ!!大満足の食事でした。
こんな楽しい会を企画してくださった主催者様には感謝感謝・・・。
そして改めてこのお店の料理のうまさを確認いたしました。
また必ず行きたいと思います。
ごちそうさまでした!

そして次の日に名古屋市民スポーツ祭に出場するというのに、その後ある場所で明け方まで日本酒を飲むと言う暴挙に出てしまいました(笑)

人気ブログランキングに参加しています。


愛知県名古屋市千種区池下1-2-19 山八第一ビル 1F
052-752-5065
営業時間 11:30〜13:30 18:00〜21:30
水曜、第1・3火曜休


posted by 1031 at 23:16| Comment(4) | TrackBack(0) | イタリア料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月09日

鮨 安吉 その2


人気ブログランキングに参加しています。

そして、今回の放浪で最後に訪れたのは博多駅近くの安吉!
前回印象が良かったので、楽しみにして訪問。





平日の早い時間なので一番乗りでした(笑)
大将は前回の訪問のときを覚えてくれていました。
ちなみにここの大将、かなりのイケメンです。







まずはビールで喉を潤し、墨廼江を燗で頂く。
まずまずイケる。
その後東北泉も燗で頂いたが、これもまずまずイケる。

横に座ったねーちゃんが、かなり香水臭かったのは萎えた。
鮨屋に強い香水付けて来るなよ・・・。


さて、今回もお任せでいただく。




yasukichi2-4.JPG
子持ちヤリイカ〇 白海老昆布締め〇
ツマミから始まる。
子持ちのヤリイカは濃厚な旨みで酒に良く合う。
白海老もおいしい。






yasukichi2-5.JPG
鰹のヅケ◎ 鯖の炙り〇
鰹は上質な旨み。かなり良かった。
鯖はわらの香りを付けてある。味付けや香りの効かせ方はいいのだが、鯖の質がイマイチ。こればかりは時期の問題もあるので仕方ないと思う。









yasukichi2-6.JPG
鯖寿司〇 穴子の炙り△
鯖寿司は丁寧な作りでおいしい。ここでシャリがやや甘めであることに気付く。
バランスを崩すほど激甘ではないが、もう少し甘さを控えればより一層好み。

穴子の炙りは前回も頂いたが、レアに火を入れた穴子は個人的に好みではない。もちろんまずくは無いけど。







yasukichi2-7.JPG
穴子の肝〇 穴子白焼き〇
どちらも見たまんまではあるが、おいしく仕上がっており、酒のつまみには最適。







yasukichi2-8.JPG
じゅんさい〇
うまし。






yasukichi2-9.JPG
飛魚のなめろう◎ ハモの卵塩辛〇
飛魚はややクセのある味わいだが、酒に最高に合う。
やや濃い目の味付けが味に締まりを持たせていてとてもいい。

ハモの卵塩辛はまずまず旨みがあるが、塩が弱すぎる。
これはかなりキツめに塩を効かせてほしい。熟成も甘い。





生のシャコ〇
これは写真がありません。シャコを生で食べたことは数えるほどしかないが、シャコは火を通した方が断然好み。




yasukichi2-10.JPG
イサキの白子◎ アサリの丼〇
イサキの白子は文句なしのうまさ!
アサリはやや旨みに欠ける。






ここからは握りに参ります!!
写真はありませんので悪しからず・・・。







イカ〇
よく覚えていないがうまかった。


ヒラマサ◎
まずまず脂が乗り、熟成したうまみもあっておいしい。
ブリやカンパチなど、この系統の魚は大好きです。


カスゴ〇
締め具合は浅め。ほんのり甘くやさしい味わいのシャリには良く合う。


アジ△
悪くは無いが、あさつきがやや邪魔な感じがしないでもない。


壱岐のマグロ漬け◎
ねっとりした味わい。うまい!


壱岐のマグロ トロ〇
しっかりとした脂。こちらもマグロらしい味があり、とてもおいしい。
これ以降は赤酢を使ったシャリです。


車えび〇
突出した感じは無かったが、おいしくいただけた。


青柳△
旨みはやや薄く、赤酢のシャリに対して浮いている感じがした。


赤貝〇
ここでまた通常のシャリに戻ります。
赤貝はおいしいが、特別感は無い。


アサリの出汁を使った味噌汁〇
おいしい。


穴子◎
柔らかく煮てある穴子は十分な旨み。変な臭みなどはない。うまかった。


小柱〇
うまかったはず。


かんぴょう巻き〇
よく覚えていない。





yasukichi2-11.JPG
コハダ◎
握りも一枚だけ撮っておいた。
締め具合は浅めだが、このシャリにはよく合っている。
コハダ自体もちゃんと味わいがある。




卵〇
普通。



その後追加で、コハダとヒラマサをいただいた。





前回とややかぶるネタもあったが、この品質なら何の文句もありません。
ビール1本に日本酒を熱燗で2合。
そしてツマミから握りまで30種類を越えるネタを味わい、追加で握りを2カンいただき、支払い金額は驚きの15000円台!!
これはかなり安い。
すべてが完璧とは言わないが、これだけ手がかかったツマミをたくさんいただき、おいしい握りを十分に食べてこの支払い金額で一体何の文句があるでしょうか。満足度は非常に高い。
シャリがもう少し甘くなければさらに好みであるが、このほんのりとした甘さが広い客層に受け入れられている気がしないでもない。
いずれにしても素晴らしいお店です。
福岡は鮨のレベルが凄く高い。絶対また福岡いこっと。
今回も大満足でした!ごちそうさまでした!!

人気ブログランキングに参加しています。


2011年初夏福岡、佐賀の旅
・たつ庄(すし)
・小山(すし)
・安春計(すし)
・玄瑛(ラーメン)
・吟醸酒肆 ネッスンドルマ(酒)
・銀鮨(すし)
・ブルーマスター(地ビール)
・鮨よし田(すし)
・Sake Dining さが蔵(酒)
・きはる(居酒屋)
・鳳凛(ラーメン)
・飴源(川魚料理、郷土料理)
・つく田(すし)
・燻や(ハム、ソーセージ、燻製)
・鮨 安吉(すし)


福岡県福岡市博多区博多駅前4-3-11
092-437-8111
営業時間 18:00〜22:00
日曜休
posted by 1031 at 20:52| Comment(4) | TrackBack(0) | すし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月07日

燻や


人気ブログランキングに参加しています。

kunya1.JPG
続いて目指すは、佐賀にある燻や
結構山奥に入っていきます。




kunya2.JPG
到着!!






kunya3.JPG
冷蔵ケースには魅力的な商品がたくさん!




kunya5.JPG
これ欲しい(笑)




kunya4.JPG
全部うまそ。

店主の田辺さんがいらっしゃったので、いろいろと話を聞きながら選ぶことに。
ここのソーセージ、燻製類はすべてアミノ酸の添加は行っていないそう。
(添加物は亜硝酸塩のみ。)
もちろんそれは体に良いとか悪いとかの観点ではなく、「必要が無いから」だそう。
一応亜硝酸塩も使っていない完全無添加の商品もあるが、田辺さん自身ソーセージに関しては使った方が好みだそう。
「亜硝酸塩を体に悪い云々言うなら野菜も食べられないよね」とおっしゃっていたのが印象的。
当たり前だけど、野菜類には亜硝酸は含まれていますよ。
僕も同じ意見だけど、ソーセージ類の亜硝酸塩をバカみたいにうるさく言うならもうソーセージは食うなと言いたい。そして当然野菜も食うな。






kunya6.JPG
燻やドッグ
一応ドッグのみはここで食べることが可能。
ソーセージはやや粗挽きの肉で、しっかりとした旨み。
化学調味料を添加していないので、不自然な味の強さを感じることは無い。
うまかった。
ビール欲しい(笑)





kunya7.JPG
やわらか燻製半熟黄身卵
うまい〜。






kunya8.JPG
チョリソー
そして博多に戻りがてら、駅で地ビールを購入。
浜地酒造の杉能舎ビール!!
そしてチョリソーと合わせる。当然相性は最高。
このチョリソー、めちゃくちゃうまかった。






kunya9.JPG
こういうソーセージとかハム類を作っているお店は最近よく見かけますが、その中でも相当うまい部類に入るお店だと思います。
さが蔵で食べて気に入ったが、やっぱりわざわざこのお店に来たかいがありました。
商品を買うだけなら通販でも百貨店でもいいが、そのお店がどんな場所にあって、店主さんがどんな考え方で作っているのかを知るためには直接お店へ伺うのが一番です。
最近こういう社会見学っぽいのも大好きです(笑)
いいお店です。ごちそうさまでした!

人気ブログランキングに参加しています。

2011年初夏福岡、佐賀の旅
・たつ庄(すし)
・小山(すし)
・安春計(すし)
・玄瑛(ラーメン)
・吟醸酒肆 ネッスンドルマ(酒)
・銀鮨(すし)
・ブルーマスター(地ビール)
・鮨よし田(すし)
・Sake Dining さが蔵(酒)
・きはる(居酒屋)
・鳳凛(ラーメン)
・飴源(川魚料理、郷土料理)
・つく田(すし)
・燻や(ハム、ソーセージ、燻製)
・鮨 安吉(すし)



佐賀県唐津市七山白木1027-3
0955-70-7170
営業時間 10:00〜18:00
火曜休
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。