2011年05月16日

福文 その7


人気ブログランキングに参加しています。

福文の初夏のお菓子を紹介します。
この時期にはわらび餅を作ることもできるとのことでした。
きんとんも捨てがたいが、わらび餅は初めてだったので、こちらをお願いしました。








fukubun7-1.JPG
美しい・・・。







fukubun7-2.JPG
生地はわらび粉ならではの黒っぽい色合い。
とても滑らかで繊細で、そして心地よい弾力がある。
中のこしあんもとても香りがよく、洗練された上質な味わい。
なんともバランスがよく、そしてセンスがありおいしい和菓子。



期待通りのおいしさでした。
おいしいほうじ茶、煎茶と飲むとまたこれがうまい。
これからも通い続けたい名店。

人気ブログランキングに参加しています。


福文その1(初夏のお菓子と冬のお菓子)の記事はこちら
福文その2(夏のお菓子)の記事はこちら
福文その3(秋の栗きんとん)の記事はこちら
福文その4(冬のお菓子)の生地はこちら
福文その5(新緑の時期のお菓子)の記事はこちら
福文その6(早春の時期のお菓子と真夏のお菓子)の記事はこちら
福文その7(わらび餅)の記事はこちら
福文その8(栗きんとんと栗蒸し羊羹)の記事はこちら
福文その9(冬のお菓子、かるかん、すはま等)の記事はこちら
福文その10(冬のお菓子、水羊羹)の記事はこちら

石川県加賀市大聖寺荒町31
0761-72-0307(生菓子は予約制)
営業時間 9:00〜18:00
日曜休


posted by 1031 at 19:33| Comment(8) | TrackBack(0) | 和菓子・お茶など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。