2011年02月21日

トランス脂肪酸という無意味な栄養表示。


人気ブログランキングに参加しています。


fattyacid.jpg
<トランス脂肪酸、食品に含有量表示へ>
というニュースが発表されました。

その記事はこちら
(全文抜粋)
マーガリンなどに含まれ、過剰摂取すると動脈硬化などを引き起こすとされるトランス脂肪酸について、消費者庁は21日、食品事業者が任意で含有量を表示する際の指針をまとめた。同庁はこの指針をベースに、トランス脂肪酸の表示を他の栄養成分とともに義務化する方針。義務化に先立ち、なるべく指針に沿った表示にするよう関連の業界団体に要請する。
 指針によると、トランス脂肪酸の含有量を表示する際には、熱量やたんぱく質などの一般的な栄養表示のほか、脂質の一種で同じように心疾患につながる恐れがある飽和脂肪酸やコレステロールの含有量も合わせて表示する。
 食品100グラム(飲料水などは100ミリリットル)あたり0.3グラム以上のトランス脂肪酸が含まれる場合は含有量を明示し、0.3グラム未満の場合は含有量0グラム、または「ゼロ」「フリー」などと表示できる。
 この指針自体に事業者への強制力や罰則はないが、仮に事業者が不適切な表示をすれば景品表示法違反になる可能性がある。
 トランス脂肪酸はマーガリンやショートニング、これらを原材料とする菓子パンやケーキなどの食品、揚げ物などに含まれており、米国や韓国などではすでに表示を義務付けている。



個人的にはトランス脂肪酸の含有量を表示をすることは有益であることはおろか、無意味どころか有害だと考えている。
こんなことを言い出した大バカはどこのどいつか知りませんが、即刻中止していただきたい。
これを良いことだと思った方はぜひ違う側面からこの事態を考えて見てください。

そもそもトランス脂肪酸は天然にはほとんど存在せず、人間が人工的に作り上げたマーガリンなどに多く含まれているもの。
なぜそうものができるのかという点は省略するが、このトランス脂肪酸が動脈硬化のリスクになるとされているのである。
したがって、一見こういう物質の栄養表示をすれば危険を避けられるように思えるが、そんな単純にことが進むわけがありません。

>食品100グラム(飲料水などは100ミリリットル)あたり0.3グラム以上のトランス脂肪酸が含まれる場合は含有量を明示し、0.3グラム未満の場合は含有量0グラム、または「ゼロ」「フリー」などと表示できる。
この一文が本当に義務化されれば日本はもう終わりだと断言できます。

ではそれはなぜかと言うことなのだが、トランス脂肪酸が「ゼロ」「フリー」と表示された油脂類が販売されれば、それがヘルシーだなどと勘違いして購入する人が増えます。
これは断言できます。
しかし油は油です。トランス脂肪酸が含まれているかいないかと言う問題よりも、使いすぎれば完全に体には悪い方向にしか働きません。
別の観点だが、現に今売り出されている「コレステロールゼロ」や「体に脂肪が付きにくい」油を買う人がとても多いんですからね。同じことが起こるのは容易に想像できます。
もちろん情報を取捨選択できる能力がある方にとっては何の問題もありませんが、そうでない方が大半を占める中、この表示は有害と言うほかありません。
つまり、日本人を押し並べて見ればこの表示により勘違いをする人が増えるのはもう目に見えています。

ご存知の方も多いかもしれないが、アメリカではすでにトランス脂肪酸の表示がかなり前から義務化されています。
某フライドチキンチェーン店ではトランス脂肪酸の含まれた油の使用を廃止したくらいですから。
ではその表示の義務化によって何が良くなったかというと別段効果は出てないだろうし、その一方で肥満人口の割合は急激に上昇しているんですからね。
→その参考となるFLASHアニメはコチラ

簡単にまとめると

トランス脂肪酸ゼロの表示
     ↓
普通の油よりヘルシーだから購入(なわけねー)
     ↓
たっぷり使っても安心♪(なわけねー)
     ↓
肥満助長or脂質の摂取過多
     ↓
生活習慣病助長


この流れが間違いなく起こります。
いいことなど何一つ無いのでこういう表示は絶対にして欲しくありません。
そもそも日本人は農耕民族であり、一般的に油には強くありません(油を代謝する能力が低い)。
日本でこれだけバカみたいに欧米の栄養学(笑)を叫び続け、なぜ消化器系の疾病や婦人科系の疾病が増え続けているかということを考えた上で、もう一度考え直して欲しいと強く願います。

人気ブログランキングに参加しています。


posted by 1031 at 21:05| Comment(8) | TrackBack(0) | 栄養学など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月20日

七尾観光と茗荷庵と。


人気ブログランキングに参加しています。

noto9.JPG
さんなみへ行ったついでにちょっと能登方面の観光を。
輪島塗でも有名な能登地方。輪島漆芸美術館なるところへ行ってきました。
平日だったとは言え、客が我々だけだった。大丈夫か(笑)




noto4.JPG
続いて七尾市の一本杉通りへ。
老舗が立ち並ぶが、キレイに整備されていて趣のある町並み。
まずは「高澤ろうそく店」へ。
石川県内で唯一の手作りろうそく店。




noto5.JPG
小さな資料館もある。
ろうそくが作られる工程を初めて知りました。





noto6.JPG
ろうそくって手間がかかるんですね。きれいでした。







noto7.JPG
しら井という海藻を販売するお店へ。
まだ昆布はいっぱいあるから買わなくていいな。
出汁引くときの昆布ってどういうものを使えばいいかいつも頭を悩ませております。









noto8.JPG
続いて鳥居醤油店へ。
お店に入った瞬間から醤油のいい香り。
醤油を絞った後のもろみと三河みりんを使った漬物床「モロトモ」という商品があったので購入。
さて何を漬けよか♪
醤油はほんのり甘さのあるやさしい味わいでした。







noto1.JPG
そして羽咋方面へ向かいながら、茗荷庵(みょうがあん)という蕎麦屋へ。






noto2.JPG
そばは外二で打ってあるそう。





noto3.JPG
そば自体の香りはそれほど無いが、食感が良くおいしくいただける。
ただ、つゆがあまりにも残念すぎる。
出汁の味はほとんど感じず、「ほんだし」「化学調味料」っぽい後味の悪さがある。
それに甘さが強すぎる。醤油の質も悪く、変に角がある。
ま、やっぱりと言う感じだけど。




七尾市の一本杉通りはレトロな雰囲気がなかなか良かった。
能登方面にもいいお店があるかな?もう少し新規開拓せねば。


人気ブログランキングに参加しています。

(茗荷庵)
石川県羽咋市神子原町25
0767-26-2419
営業時間 11:00〜16:00(売り切れ仕舞い)
水曜休
posted by 1031 at 23:12| Comment(4) | TrackBack(0) | 観光とか県外とか | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月17日

郷土料理の宿 さんなみ


人気ブログランキングに参加しています。

sannami1.JPG
能登にある民宿「さんなみ」に行ってきました。
ご主人の船下智宏さんは郷土料理や発酵食品など、この能登地方に伝わる伝統の料理を継承し、提供し続けることでも有名。
「いしり」をはじめ、ありとあらゆるものが自家製であることも非常に魅力的。
もう何年も前から行きたかったが、ついに今回行く機会に恵まれました。






sannami2.JPG
それだけに、
奥能登の郷土料理にこだわり続けてきた能登町矢波の民宿「さんなみ」が、3月末で店をしまう。
電話予約をしたまさに翌日、こんな記事が地元の新聞に掲載されたのは衝撃だった・・・・。
→その記事はこちら
結果から言うと、本当に本当に閉店が強く惜しまれる宿です。

宿泊は1泊2食付きで14700円(12歳以下は利用不可)。
1日3組限定。




sannami3.JPG
掃除が行き届いた落ち着いた佇まい。
部屋も風呂も非常に簡素で、お世辞にも豪華とは言えません。
部屋は4人入るとちょっと狭く感じるくらいだろうし、風呂は共同で(交代で入る)、家庭用の風呂を広くした程度。
このあたりに価値観を求める方はこの宿に来ない方がいいでしょう。








sannami4.JPG
では夕食です。
別室の食堂には囲炉裏が3つあり、そこを囲んで食事をする形。








sannami5.JPG
食前酒
船下さんの奥様手作りのかりん酒。
すっきりしてとてもうまい。







sannami5'.JPG
料理はすべて船下さんの丁寧な説明付きで提供されます。







sannami6.JPG
自家製いしり貝焼き
船下さんがご自身で作られた「いしり(いしる)」を使った鍋風の料理。
いしりはイカから作った魚醤で、こちらでは2年以上熟成させているらしく、普通に味わえるものに比べて角が取れ、とても旨みがある。
これにイカをはじめ、船下さん夫婦自ら無農薬で育てた新鮮な野菜。
めちゃくちゃうまかった。







sannami7.JPG
天然のハチメ(メバル)炭火焼き
塩は能登の天然塩。
変に焼きすぎることも無く、とてもうまい。
塩もマグネシウムを強く感じる味わい深い塩。魚介との相性抜群。






sannami8.JPG
海餅(かいべ)
いしりを使って炊いた米を潰してイカの軟骨や身を混ぜ込んで焼いたもの。
何とも言えない旨みの詰まった料理。しみじみうまい。









sannami9.JPG
お造り
サザエ、甘エビ、天然ブリ。
わさびは本わさび。
すべてうまいが、特に天然ブリが最高!
食感、うまみともに抜群。最高レベルの刺身。







sannami10.JPG
ごま豆腐
ごまの風味、上品な出汁。見るからに締まりがあり、とてもうまい。
田舎の民宿にありがちな変に甘い味付けや野暮ったい味付けは無い。味を構成する上での無駄な装飾なども一切無く、文句のつけようがありません。








sannami11.JPG
ブリのヅケがすごくうまい!!
酒も進む!ご飯も進む!
ちなみに日本酒は奥能登の「竹葉」のみ。
これでいいんです。





sannami12.JPG
白子
見るからに超新鮮でうまみも十分。そうそうお目にかかれないレベル。
写真には無いが、畑で取れたゆずの絞り汁を使ってもまたうまい。







sannami13.JPG
鱈の子付け
うまみの強い雄の鱈の身に、これまた旨みの強い雌の真子を付けてある。
右の赤い調味料は「ゆうなんば」と言い、ゆずを唐辛子と塩のみで漬け込んだもの。
あぁ・・・うまい・・・幸せ・・・♪





sannami14.JPG
ヤリイカの刺身
これにはいしりの原液を付けます。
合わないワケが無いです。もう悶絶。








sannami15.JPG
エイの和え物
変な臭みなど一切感じさせない上質なエイ。
当然うまい。







sannami16.JPG
アワビの刺身
アワビはそれ自体で非常に強い旨みがあり、食感もいい。
一緒についてくる肝を使って肝醤油にして食べましたが、うまいと言うしかありません。





sannami17.JPG
漬物
とってもキレイな味。
酒はもちろん、ついついご飯も進んでしまい、2合以上は食ってしまった。







sannami18.JPG
デザート
ゆずのチーズケーキ。
こちらは娘さんの手作り。素朴なうまさ。





sannami19.JPG
料理は見た目にも味付けにも非常にセンスがあり、単に田舎の素朴な料理というだけでは到底片付けられないレベルです。郷土料理好きにはたまらないと思います。
変な天ぷらなどが出ない点も非常に好感が持てる。
食器なども豪華絢爛な感じではないが、風情がありとてもセンスがある。
朝食も非常に楽しみ。大満足で就寝するのでした。







sannami20.JPG
翌日の朝食はこれまた夕食とは違う魅力があり、見るからに締まりがあってうまそう。
旅館などで必ずと言っていいほど出てくる「温泉卵」や「海苔」や「乳製品」や「色合いのためだけに使用した野菜(トマトとかね)」など、食事の中で意味をなさないものが全く無いという点はまさに僕の追い求めてきたもの。




sannami21.JPG
3年物の「こんか鯖」
3年以上の熟成を経て非常にうまみが強くなったこんか鯖(へしこ)。
角も取れており、当然塩気は強いが嫌な塩辛さが一切無い。
こんか漬けの概念を覆されました。こんなうまいものがあるなんて・・・・!





sannami22.JPG
車麩と切干大根の煮物、ネギ味噌、自家製ピクルス、松前漬っぽい味の料理
どれ一つとして全く手抜きなし。ご飯が進んで進んで仕方ない。





sannami24'.JPG
漬物もちゃんとうまいもんね。








sannami24.JPG
ごはんとお茶はセルフサービスだが、ここはそれでいいと思う。
料理がうますぎて朝から3合ぐらい食ってしもうた。







sannami23.JPG
鱈汁
白子、肝、骨と供に煮込んであり、非常に旨みが濃厚。味はもちろんのこと、残さずおいしく頂くという意味でもとても素晴らしい料理。
器は合鹿椀(ごうろくわん)で、その昔はご飯を食べるために使用されていたもの。






sannami25.JPG
大根と大根菜の塩もみ
上にかかっている鰹節も自家製。とってもうまかった。





sannami26.JPG
鱒のなれずし
麹ではなく飯を使った、正真正銘のなれずし。
熟成感があるが、変な酸味などは無い。うまい!





sannami27.JPG
ブリ大根
非常に好みの味付け。





sannami28.JPG
お茶はセルフサービスですが、この杜仲茶も茶葉を育てるところから自家製

個人的に好みそのまんまの料理が出てきましたし、料理一つ一つの手のかかり方がすごい。
決して豪華な食材を使った料理ではありませんが、年単位で熟成したものや、調味料なども含めすべて自家製であることを考えると本当に素晴らしいと言うほかありません。
手間と時間が作った料理は何にも替えがたい。
単に田舎の郷土料理というだけではなく、素晴らしいセンスもある。
そこらの料亭なんかと比べても手のかかり方が違いすぎるし、刺身一つとってもちょっとレベルが違う。抜群にうまかった。





sannami29.JPG
朝食後には隣の部屋も見せていただいた。
ここには数々の保存食があります。













sannami30.JPG
自家製の干物たち。
くちこや鰹節などなど。




sannami31.JPG
からすみ、ゆべしなどなど・・・・。

そして船下さんから直々に貴重なお話もたくさん聞かせていただきました。
やはりとても素晴らしい考えの持ち主であることを改めて知ることが出来ました。
まだまだ食文化にも知識が浅い僕ですが、お互い食に対する考えを熱弁していると、話が止まらない(笑) お忙しい中1時間近くも熱い話を聞かせていただきました。
特に船下さんのおっしゃったことで心に残ったのは「文化を薄めるな」と言う言葉。
船下さんは、今いしりなどが流行り出し、都会はもちろん、挙句の果てには海外でもいしりを使った料理が作られていることを嘆いておられた。
都会の人たちに興味を持っていただくことはとても重要だが、それは能登でだけで出せばいいことで、必要以上に文化を広めることはすなわち薄めることでもあると言うこと。
そんなことをして金儲けに走れば、まがいもの(添加物使ったりね)が蔓延ったりしないでもない。
そうなってしまえば本当におしまいである。
一度途絶えた食文化は絶対に元に戻らない。例えそこにレシピが残っていてもその味が分かるものがいなければそれが正しいのか正しくないのかが分からない。
もちろん能登に限らず、地方の食文化は絶対に絶やしてはいけない。
そして最後には船下さんに「こんな風に考えとる若い人もおるんやな。驚いたわ。いやぁー未来に希望が見えてきたわ(笑)」と感心していただけたのはお世辞でも素直に嬉しかった。

ちなみに話の中で徳山鮓美鈴をオススメしていただきましたが、どちらも行ったことがありますよ、と言うとこれまた大変感心されました(笑)






sannami32.JPG
個人的には好みそのまんまの宿であり、あえて点数をつけるなら100点満点で120点つけたいくらい満足。
郷土料理を出してくれる宿やお店には数多く訪れたが、ここは段違いに素晴らしい。
金額のことを言うのも野暮かもしれないが、気の遠くなるくらいに手の込んだ料理の数々が味わえて14700円で宿泊できることを思えばかなり良心的です。
ただ、ここは一緒に来る人を選ぶ宿でもあると思います。
料理以外は非常に簡素なので、好き嫌いが分かれるのもそうですし、なにより興味がある人でないとこの料理の「本当の素晴らしさ」を理解し難い気がします。
もっと前にここへ来ることが出来ていたなら、僕は間違いなくリピーターになっていたでしょう。(実際すぐに予約を確認しましたが、閉店まで完全に予約が埋まっているそうです。)
やはり素晴らしいとしか言いようがありません。名残惜しいですが仕方ありません。
読者の皆様でさんなみへ行かれたことのある方はいらっしゃいますか?こういう宿はこの良さを共感できる人とだけ行きたいですね。
今後ここを超えるほど満足できる宿に巡り会えるだろうか・・・・・。

ありがとうございました!ごちそうさまでした!
そして40年間お疲れ様でした!!

<追記>
船下さんから直々のメールが届きました。 泣きそうです。
先日はわざわざ遠いところまでお越しいただきましてありがとうございました。
私共も大変有意義な時間を過ごさせていただきました。
最近の若い方々は郷土料理や発酵食品などに興味を持っておられないのかと思っておりましたが、安心いたしました。
ついつい熱が入ってしまい、時間を忘れてお喋りしてしまいましたね。
今後益々食が変化していくのではないかと思っております。
いろいろ進化しながら変わっていくのも悪くはないのですが、基本は基本としてきちんと残しておくべきだと思います。
〇〇さんの年代の方々で頑張っていただけたら将来は何も心配いりません。
頑張って下さい。(抜粋)


人気ブログランキングに参加しています。

さんなみ その1の記事はこちら
さんなみ その2の記事はこちら



石川県鳳珠郡能登町矢波27-26-3
0768-62-3000
ホームページはこちら
posted by 1031 at 20:05| Comment(25) | TrackBack(0) | 宿・旅館・ホテルなど | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。