2011年01月27日

ル・シュプレーム(Le Supreme) その3


人気ブログランキングに参加しています。

supreme3-1.JPG
久しぶりにシュプレーム。
今回が3回目の訪問。前回は約2年前。





supreme3-3.JPG
ショコラ・ヴァローナ(200円)
いわゆるパン・オ・ショコラ。
折込は少なめで、焼き込みが強く、チョコレートもうまい。
後味の悪さやキレの悪さが多少あるが、これはかなりうまいと言える。
ただ、何度かコメントでも見られたが、「折り込み系の焼きが強すぎて苦い疑惑」だが、今回食べてみてそう言われるのも無理は無いかと思った。ちょっと危ない焼き加減だが、僕は嫌いじゃないです。





supreme3-2.JPG
ブリオッシュ・アテッド(120円)
パサつく。口溶け良くない。
イマイチ。




supreme3-7.JPG
あんぱん(140円)
あんこは3日間かけて炊かれたらしいが、申し訳ないけど全然おいしくないし、パン生地と合いません。
下手に塩を効かせた「煮豆」のようなあんこをパン生地で包んでおいしくなるわけが無い。
これ、センスないね。
こういうあんこって頭が痛くなる味なんですよね。







supreme3-5.JPG
ア・ラ・クレーム(160円)
うまい。が、想像の範囲内。






supreme3-4.JPG
リュスティック(130円)
水分量がやや少なく、甘味も無くおいしくは無い。
成型および分割の際の手粉が多すぎるため、中まで粉を巻き込んでしまっている。これも味の低下の一つの原因。
リュスティックは特に水分量が多いため、生地がべた付き、扱いが難しいらしい。
でもだからと言って手粉をたくさん使うとこんな残念な結果になっちゃう。






supreme3-6.JPG
パン・オ・ルヴァン(300円)
自家製の酵母を使ったパン。フィリングはレーズンとクルミ。
かなりパサ付きが感じられ、不要なヒキの強さも感じられるし、口溶けも悪くおいしくはない。
頑張らないと食べられないと言った感じです。
酵母の嫌な酸味は無く、変な菌は育っていないのでそこは良かったが。






supreme3-8.JPG
アンフィゼ(500円)
サフ製パンコンテストとやらで優秀賞を取った作品だそう。
表面はアーモンドのハチミツがけ、中にはオレンジ風味のアーモンドクリーム。
折り込み生地は表面はともかく、内部はややべたつくためあまり好きになれない。
サイズはかなり大きめで、その上単調な味わいなのですぐ飽きる。
せめてもっと小さく焼けば良かったと思うけど。





supreme3-9.JPG
今回で相当印象が悪くなりました。
あれ?こんなにひどかったっけ?って感じでした。
これはもう選んだものが悪かったというレベルじゃありません。
バゲット(バゲット・トラディショナル?)は一定以上のレベルにあると思いますが、その他はイマイチ。今回選んだもので普通に食べられたのはア・ラ・クレームとショコラ・ヴァローナだけでした。

ル・シュプレームその1の記事はこちら
ル・シュプレームその2の記事はこちら
ル・シュプレームその3の記事はこちら


人気ブログランキングに参加しています。

名古屋市中村区栄生町7-8
052-471-3667
営業時間 10:00〜19:00
月曜休


posted by 1031 at 20:51| Comment(16) | TrackBack(0) | パン(愛知県) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。