2011年01月09日

熊野古道と割烹の宿 美鈴へ。


人気ブログランキングに参加しています。

kumano1.JPG
ちょっと前ですが、熊野古道を歩いてきた。
初めてだったので一番熊野古道っぽいところをと思って調べると、どうやら「馬越峠」を越えるコースが一番いい感じらしい。
ということで、今回はJRを利用して相賀駅まで行き、そこから熊野古道を抜けてさらにJRの尾鷲駅まで行くという定番中の定番のようないかにもミーハーな初心者的コースを歩いてきました(笑)






kumano2.JPG
てくてく。









kumano3.JPG
ついでに天狗倉山にも登った。
頂上までの道は険しかった。









kumano4.JPG
気持ちええな。










kumano5.JPG
夜は「割烹の宿 美鈴」へ。
一泊二食付きで、15750円、18900円、21000円と3つのプランがあるが、今回は15750円を選択。
金額の差は料理の内容の差だけです。








kumano6.JPG
新しくキレイなつくり。
すぐに風呂に入り、夕食までしばし待つ。








kumano7.JPG
平日であり週末でもなかったので、この日の宿泊客は我々だけ。
ということで、普段はカフェスペース(?)として使用される所を貸し切って食事を頂くことが出来ました。
ここからは海が見えます。









では食事へ。

kumano8.JPG
珍味の盛り合わせといった感じで、いきなり酒が進みまくる!






kumano9.JPG
冷酒は禮泉の純米。
このあと燗酒も頂いたが、それがかなりイマイチでした。
ここに限らず言えるが、日本酒における燗酒をあまりにも軽視しすぎじゃないか?
熱くして飲むから悪い酒でいいという考え方は本当にやめて欲しい。っていうか物によっては温度を上げた方が味も香りもよく分かるしね。
特にこの宿のようにどちらかと言うと燗酒を飲みたい料理が出てくる所は、やはり少しは気を使っていただきたい。








kumano10.JPG
造りは伊勢海老、イサキ、カワハギだったと思う。すんごくキレイ。
魚はかなり上質。このレベルが出てくればかなり満足。
でも案の定醤油がね・・・・。
これだけ上質な魚を用意しておきながらこんな醤油を出せる神経が分からない。
もちろんここに限ったことじゃないけど、おいしいと思える醤油が出てくることがあまり無いが、作ってる本人はこれでいいと思ってんのかな。魚が台無しですよ。









kumano11.JPG
この宿の定番、カラスミ!
こりゃぁうまい!酒が進む!出来るならうまい酒をぬる燗ぐらいで頂きたかった。








kumano12.JPG
他の料理たち。
もずくは素材の味わいが濃くとても良かったが、味付けが甘すぎるのと酢が・・・・。
素材の質はかなりいいと思いますが、調味料に難ありです。
全体的にやや甘すぎたりする味付けはあまり好みではありませんが、普通に食べられるレベルではあります。









kumano13.JPG
茶碗蒸しにはゆずと三つ葉が散らしてあることが多いが、この二つが茶碗蒸しに合うと思ったことは一度も無い。出汁と卵と具材を味わう料理になぜゆずが必要なのか。
特に料理にゆずを使うのってかなり難しいと思うんですよね。全部ゆず味になって出汁も香りも味もクソもなくなるし。








kumano14.JPG
食事とカワハギの煮付け
カワハギはかなり甘いが醤油は弱い。好みとは真逆ではありますが、悪くはありません。
この段階でもカラスミが残っていたのでご飯と一緒に食べましたが、これまたたまらなくうまい!
今晩この宿で炊かれていた釜のご飯を空にしました(笑)










kumano15.JPG
大内山牛乳で作ったアイスと柿のジャム
これはかなりうまかった。ミルクミルクしてるけどしつこさは全く無い。
もっと食べたかった。







kumano16.JPG
翌日の朝食にはカラスミで作ったふりかけが用意されており、これがまた絶品。








kumano17.JPG
料理に関しては調味料や味付けにやや難ありですが、素材は良く全体的には満足です。
雰囲気も良いし、熊野古道へ行った際にはぜひ泊まりたい宿です。
特に珍味が好きで、その他は簡素でも気にならないという方にはオススメできると思います。
逆に旅館の料理は豪華絢爛、肉や高級食材がふんだんに!部屋は豪華で風呂は絶対に温泉!というのがお好みの方は行かない方がよいかと思います。

ちなみに帰る際に厨房に犬が出入りしているところが見えましたが、非常に萎えますのでぜひやめていただきたい。動物が好きとか嫌いとかそういう問題ではありません。
あと、宿泊客がひどい動物アレルギーとかだったらどうするんだろうね。確認はされなかったけど。


人気ブログランキングに参加しています。

三重県北牟婁郡紀北町紀伊長島区三浦297-4
05974-9-3031


posted by 1031 at 10:33| Comment(6) | TrackBack(0) | 宿・旅館・ホテルなど | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月08日

福梅の食べ比べ



人気ブログランキングに参加しています。

先日帰省した際に、金沢のお菓子である「福梅」を食べ比べました。

福梅は加賀の藩主前田家の家紋である「剣梅鉢」の梅をかたどっている。
金沢のお正月に欠かせない風情のあるお菓子です。
最中の中にねっとりした粒あんが入っているのがいわゆるスタンダードな福梅。
毎年福梅とおいしいお茶を飲むのが実に楽しみであります。





fukuume0.JPG
今回食べ比べたのはこちら。
左の列上から、中島、雅風堂、柴舟小出。
右の列上から、諸江屋、うら田、森八。

金沢をはじめ石川県内ではこの時期どこの和菓子屋でも福梅は作っているが、今回は原材料、およびそのお店のお菓子のレベルから判断し、この6軒に絞りました。
その他もろもろのお店は書類選考(笑)で落選しました。










fukuume1.JPG
<中島>
粒あんがもう一歩。皮は悪くない。

<雅風堂>
やや厚めの皮のせいで全体的にバランスがよくない。
粒あんはやはりもう一歩。

<柴舟小出>
可も無く不可も無くといった印象。
粒あんにもっと豆らしい香りと洗練を求めたい。

<諸江屋>
皮がいい香りでうまい。
粒あんも頭一つ抜け出た上質な味わいと香り。
しっかりした甘さがあるにもかかわらずとてもキレがいい。

<うら田>
甘さ控えすぎでイマイチ。
すべてにおいて「味が無い」という印象。
後味は悪くないが、おいしくはない。

<森八>
老舗中の老舗。福梅なら絶対にここという人も多いと思う。
小豆の質はさすがに良く、上質な香りとねっとりした甘さが秀逸。
ただ、口の中にわずかに残る後味が気になる。
皮もまずまず良く、さすがにおいしいです。

<越山甘清堂>
これは写真には無いのだが、食べたもの。
一口かじった瞬間から皮のマズさに驚いた。
まさに駄菓子の味です。粒あんもキレが悪く、甘すぎないのにしつこく感じる低質な味わい。
今回選んだ中では断トツで一番まずいですが、書類選考で落ちたところはだいたいこんなもんです。
つまり食べ比べるまでも無いところが大半なんです。





<結果>
諸江屋と森八が完全に頭一つ抜けています。
そして中でも諸江屋はまさに福梅といった感じの濃厚な味わいが良かった。優勝です。
その他は大差ありません。
越山甘清堂はこの中では群を抜いてマズイ。

こんな感じでしょうか。
諸江屋>森八>>>柴舟小出>中島≧雅風堂≧うら田>>>越山甘清堂



これまでにも福梅はたくさん食べてきたが、諸江屋、森八レベルは皆無です。
その他の和菓子屋も押し並べて普通もしくはイマイチです。
「福梅とは一体どんなものか」知りたい方は諸江屋を食べることをオススメします。
これを食べて福梅が嫌いというなら仕方ないが、変なお店のを食べて嫌いにならないで下さいね。笑

他に福梅のおいしいお店ご存知の方いましたらぜひ教えてください。

人気ブログランキングに参加しています。

福梅の食べ比べその1の記事はこちら
福梅の食べ比べその2の記事はこちら

<中島>
石川県金沢市兼六元町1-14
076-231-6534

<雅風堂>
石川県白山市布市1-239
076-276-3488

<柴舟小出>
石川県金沢市横川7-2-4
076-241-1454

<諸江屋>
石川県金沢市増泉3-6-35
076-241-2854

<うら田>
金沢市御影町21-14
076-243-1719

<森八>
石川県金沢市尾張町2-12-1
076-262-6251

<越山甘清堂>
石川県金沢市武蔵町13-17
076-221-0336
posted by 1031 at 14:04| Comment(8) | TrackBack(0) | 和菓子・お茶など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月07日

季節料理 魚年市(あゆち)


人気ブログランキングに参加しています。

ayuchi1.JPG
栄5丁目、ちょっと怪しい雰囲気の中にあるお店。
飲み屋となれば、当然同行していただいたのは酒のお姉さん



ayuchi2.JPG
ビルの5階だが、ここのビルは4階までしかエレベーターが無いため、そこからは階段で上がることになる。知らなきゃなかなか入れません。
以前から来たかったお店だったので楽しみにしていました。




ayuchi3.JPG
かんぱーい!
ビールはいつでもうまい(笑)


ayuchi4.JPG
お通し
悪くない。



ayuchi5.jpg
天然ぶり刺身(900円)、浦村産殻付き生牡蠣(2個・650円)、野菜サラダ(800円)、豆腐田楽(750円)
ぶり900円か・・・。
見た目でも分かると思うけど、味わってももちろん感想は変わりません。
イマイチすぎ。

牡蠣は小振り。普通。

飲み屋のサラダは一歩間違えれば大変なことになりますが、一歩間違えました(笑)
色々言いたいことはありますが、こりゃひどすぎます。ぼったくり。

田楽は・・・うーん。



ayuchi6.JPG
万齢 純米吟醸 五年古酒
これはうまい。


ayuchi7.JPG
八海山 しぼりたて生原酒



ayuchi8.JPG
もちろん追加オーダー無し。
店を出たのはなんと夜の7時台・・・・・、つまりそういうことです。
さすがにこれではお姉さんに申し訳ない気持ちでいっぱいでした・・・・。
場所柄ちょっと怪しいと思いましたが、まさにその通りでした。これならまだチェーン居酒屋の方が安い分割り切って使える。
このあとお気に入りのまほらまで飲みなおしたのは言うまでも無い。

人気ブログランキングに参加しています。

愛知県名古屋市中区栄5-3-4 栄オクダビル5F
052-242-6317
営業時間 17:00〜24:00
日曜日、祝日の月曜休
posted by 1031 at 23:50| Comment(4) | TrackBack(0) | 居酒屋・バー・酒など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。