2010年08月10日

米沢 鯉の六十里



人気ブログランキングに参加しています。

yonezawa1.JPG
会津若松を後にし、郡山、福島を経て山形県の米沢へ向かいました。
上の写真は郡山駅のビッグアイから。




yonezawa15.JPG
米沢に到着し、駅をぶらぶら。




yonezawa16.JPG
うこぎアイスなるものを発見。なかなかおいしかった。
うこぎはこのあたりでよく取れる植物だそう。生の葉っぱを食べたが、ややアクの強いほうれん草みたいな味わい。





さて、米沢と言えば米沢牛なのだが、僕はどうも観光や地方の料理などで牛肉を食べる気にならない。
僕が米沢に来たのは牛肉を食べるためではなく、鯉料理を食べるため。







yonezawa2.JPG
そしてここが、鯉料理の専門店「鯉の六十里」
米沢駅から徒歩15分ぐらい。建物は大きいのだが、住宅街のような場所にあるため、やや分かりづらい立地。



yonezawa3.JPG
立派な建物で、内装も風情があります。
お昼のメニューは定食や丼のほか、コースもあります。
今回は3675円のコースをいただきました。






yonezawa4.JPG
食前酒のあんず酒を頂きながらしばし待つ・・・。







yonezawa5.JPG
前菜
手前から鯉の燻製、鯉の出汁の寒天寄せ、鯉の煎餅
どれもシンプルながらしっかりしたおいしさ。







yonezawa6.JPG
小鉢、酢の物
小鉢は冷汁。酢の物は鯉の皮入り。
ちなみに、「冷汁」と呼ばれるものは宮崎県の物が最も有名だが、同じ名前の違った料理が全国にたくさんあるらしい。
山形の冷汁はお浸しのような感じで、ちょっと珍しい凍み蒟蒻が使われている。




yonezawa7.JPG
「鯉の六十里」という名前がついたお酒。
県内の蔵で作ってもらっているそうだが、詳細は忘れました。
やや辛口で、後味にほんのり米の香り。







yonezawa8.JPG
鯉のあらい
鯉のあらいは初めて食べたが、こんなもんなのかな。
質は悪くはないしおいしいのだが、新鮮なスズキなどに比べると食感は物足りない。
そもそも洗いは熟成したうまみより、食感を味わうものなので、食感が物足りないとちょっと寂しいかな。
でもこれ、日本酒にめちゃくちゃ合う!うまい!






yonezawa9.JPG
鯉の甘煮
内臓や皮や骨ごと鯉を甘く煮てある。
甘煮と言うだけあって、相当甘いです。喉が焼けそう(笑)
ただ、質の悪い甘さではないので、頭が痛くなるような感じではないです。
この甘さは身との相性はどうなのかと思うが、皮や内臓はこの濃厚な味わいと相まってすごくおいしいです。






yonezawa10.JPG
これはご飯が欲しくなります。よって追加注文。







yonezawa11.JPG
鯉の塩焼き
鯉ってこんなにおいしいんだ。
パリッと焼かれた皮は非常に味わい深く、ふっくらした身もおいしい。
これも日本酒との相性抜群。うまいなぁ〜。






yonezawa12.JPG
鯉こく
鯉の身と卵を白味噌仕立てにしたもの。
この卵・・・たまらん・・・うまい!





yonezawa13.JPG
水菓子
マンゴーと鯉の卵入りゼリー。





鯉料理づくしは初めて食べましたが、すごくおいしかったです。
好き嫌いの分かれる料理も多いと思いますが、僕はこういう料理好きです。
ちなみにこの上の4725円のコースでは、さらに揚げ物と吸い物がつきますが、こちらも魅力的ですね。






yonezawa14.JPG
帰り際に・・・。
外にはいけすがありました。
もしまた米沢に来ることがあればゼヒ訪れたいお店です。
ごちそうさまでした!


人気ブログランキングに参加しています。



2010年夏の東北地方+αの旅
・割烹一八(いっぱち) 〜名古屋から東京へ、東北へ〜
・会津若松から大内宿へ
・米沢 鯉の六十里
・出羽屋(でわや)
・山寺観光と山寺御膳と立石寺
・バーニャのパン(Pain Bagnat)
・おりざの森、ふみえはらはん
・三彩館ふじせい
・食道園(しょくどうえん)
・日本酒と、郷土料理と日本酒と。(盛岡にて)
・料亭 東海林(しょうじ)
・酒盃(しゅはい)
・東北地方のうまいもん。
・アル・ケッチァーノ
・知憩軒(ちけいけん)
・蘭(あららぎ)


山形県米沢市東1-8-18
0238-22-6051
営業時間 11:00〜14:00 17:00〜19:00
火曜休


posted by 1031 at 22:34| Comment(4) | TrackBack(1) | 和食など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月09日

会津若松から大内宿へ



人気ブログランキングに参加しています。



aizu1.JPG
宇都宮を出た後は、東北本線をそのまま北上し、郡山を経て磐越西線で会津若松へ!

町並みをゆっくり楽しむ・・・ほど時間に余裕がありませんでした・・・・。





aizu2.JPG
五郎兵衛飴総本舗へ。






aizu3.JPG
水あめを寒天で固めたようなもので、こういう郷土のお菓子で良くありそうな感じ。
素朴でうまいです。こういうの好き。






aizu4.JPG
会津若松からは、只見線、そこから直通の会津鉄道で湯野上温泉駅まで。







aizu5.JPG
大内宿へ到着。
とても風情がある素晴らしい町並み。








aizu6.JPG
本家扇屋という民宿へ。





aizu7.JPG





aizu8.JPG
左上から時計回りに、馬刺し、岩魚の塩焼き、こづゆ、たけのこまんじゅう。

こづゆは会津地方で食べられる郷土料理で、主にお祝いの席などで出されるそう。
民宿なので、洗練はもとめませんし、料理は「素朴なうまさ」を感じられるものを期待していましたが、そういう方向性でもありませんでした。





aizu9.JPG
夜はまた街に行燈が灯され、味わい深い雰囲気・・・。






aizu10.JPG
翌日は朝の大内宿の風景を楽しみ・・・・。
「山形屋」へ立ち寄りました。






aizu11.JPG
このせんべいはうまかった!








aizu12.JPG
そして会津地方を後にし、さらに北へ・・・。



人気ブログランキングに参加しています。


2010年夏の東北地方+αの旅
・割烹一八(いっぱち) 〜名古屋から東京へ、東北へ〜
・会津若松から大内宿へ
・米沢 鯉の六十里
・出羽屋(でわや)
・山寺観光と山寺御膳と立石寺
・バーニャのパン(Pain Bagnat)
・おりざの森、ふみえはらはん
・三彩館ふじせい
・食道園(しょくどうえん)
・日本酒と、郷土料理と日本酒と。(盛岡にて)
・料亭 東海林(しょうじ)
・酒盃(しゅはい)
・東北地方のうまいもん。
・アル・ケッチァーノ
・知憩軒(ちけいけん)
・蘭(あららぎ)



(五郎兵衛飴総本舗)
福島県会津若松市駅前町7-11
0242-22-5759

(本家扇屋)
福島県南会津郡下郷町大字大内字山本36
0241-68-2945

(山形屋)
福島県南会津郡下郷町大字大内字山本43
0241-68-2932
posted by 1031 at 21:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 観光とか県外とか | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月07日

割烹 一八(いっぱち) 〜名古屋から東京へ、東北へ〜



人気ブログランキングに参加しています。


この夏の休暇を利用して東北をぶらぶらしてきました。




touhokutabi2.JPG
名古屋から青春18きっぷ、ムーンライトながらを利用し、東京からは鈍行でゆっくーりと。
通過したり立ち寄ったりした主な駅は上の写真の通り。







touhokutabi1.JPG
どこへ行ったかはこの写真がヒント。
今回は地方の郷土料理を味わうための旅でした。






touhokutabi3.JPG
まずは眠い目をこすりながら東京から栃木県、日光へ。





touhokutabi4.JPG
キレイな庭園。








touhokutabi5.JPG
東照宮、その他。











その後は宇都宮へ。
宇都宮と言えばギョーザが有名。
それに加えて、栃木はかんぴょうの生産湯葉の生産が盛んなことでも有名。







ippachi1.JPG
そして、ここ「割烹 一八(いっぱち)」は郷土料理のコースを食べられるお店。
はじめに言っておくと、洗練された料理と言うよりは、家庭料理っぽいお店です。
でも郷土料理ってそれで良いと思います。(変な味さえつけなければ)


今回は5000円の郷土料理のコースをいただきました。
なお、郷土料理のコースは完全予約制です。











ippachi2.JPG
栃木のお酒、四季桜を燗で。





ippachi3.JPG
左上から時計回りに、かんぴょうの三色揚げ、生湯葉、かんぴょうとレンコンのごま和え、ちたけの煮物
揚げ物が最初に出てくるとなぁ・・・。まずくは無いけど。
生湯葉はうまい。
ごま和えも味がやや濃い目だがおいしい。かんぴょうの質は良いと思う。
ちたけは栃木でよく食べられるキノコだそう。はじめて食べましたが、味はさっぱりで独特な食感。このキノコ、相当高価だそうです。






ippachi4.JPG
左上から時計回りに、湯葉と甘鯛しんじょう、鹿沼こんにゃくの刺身、かんぴょうとアスパラのマヨネーズ和え、かんぴょうの吸い物
鹿沼こんにゃくは、栃木県の鹿沼市で作られるこんにゃく。
かんぴょうとアスパラのマヨネーズ和えはまずくは無いが、こんな創作料理みたいな調理法で出して欲しくない。居酒屋じゃないんだから。
かんぴょうの吸い物はおいしい。






ippachi5.JPG
このご飯、すごくおいしい。もっと食べたかった。
から揚げや出し巻きはB級な味わいで、皿の中で邪魔な存在。





ippachi6.JPG
以上で、コース一通り。
やや創作チックなのが残念だが、使っている食材の質はなかなか良いと思います。
お話を聞くと、もともとかんぴょうは巻物に入れるしか調理法が無かったものを、何とか料理に使えないかとこのお店の大将が考え抜き、様々な料理に仕立て上げたそう。
大満足とはいかないが、こういう料理もあるんだなー。と思えたし、なじみの無い郷土の味に触れられたのはとてもよかったです。



さて、ここからどんどんと北上します!
しばらくは旅の覚え書きのような記事ですが、どうぞよろしくお願いします。

人気ブログランキングに参加しています。


2010年夏の東北地方+αの旅
・割烹一八(いっぱち) 〜名古屋から東京へ、東北へ〜
・会津若松から大内宿へ
・米沢 鯉の六十里
・出羽屋(でわや)
・山寺観光と山寺御膳と立石寺
・バーニャのパン(Pain Bagnat)
・おりざの森、ふみえはらはん
・三彩館ふじせい
・食道園(しょくどうえん)
・日本酒と、郷土料理と日本酒と。(盛岡にて)
・料亭 東海林(しょうじ)
・酒盃(しゅはい)
・東北地方のうまいもん。
・アル・ケッチァーノ
・知憩軒(ちけいけん)
・蘭(あららぎ)


栃木県宇都宮市江野町3-3
028-633-6916
営業時間 11:30〜21:00
月曜休
posted by 1031 at 15:51| Comment(6) | TrackBack(0) | 観光とか県外とか | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。