2010年08月21日

食道園(しょくどうえん)


人気ブログランキングに参加しています。

syokudouen1.JPG
一ノ関からさらに北へ向かい、盛岡へ。
盛岡と言えば、冷麺!







syokudouen2.JPG
駅からはちょっと離れた食道園というお店へ。






syokudouen3.JPG
冷麺(850円)
思ったより薄味でさっぱり。
コシのある麺もキムチもうまい。
化学的な味がしないでもないが、そんなに気にならない。

辛さが4段階から選べ、下から2番目の「普通」にしたが、僕でもあまり辛さを感じなかったので、辛さは控えめだと思います。少しは辛いの慣れてきたかな(笑)







syokudouen4.JPG
夕食までは時間があるので、盛岡城址をふらふら〜









そして、夜は酒を求め盛岡の街へ・・・・!

人気ブログランキングに参加しています。



2010年夏の東北地方+αの旅
・割烹一八(いっぱち) 〜名古屋から東京へ、東北へ〜
・会津若松から大内宿へ
・米沢 鯉の六十里
・出羽屋(でわや)
・山寺観光と山寺御膳と立石寺
・バーニャのパン(Pain Bagnat)
・おりざの森、ふみえはらはん
・三彩館ふじせい
・食道園(しょくどうえん)
・日本酒と、郷土料理と日本酒と。(盛岡にて)
・料亭 東海林(しょうじ)
・酒盃(しゅはい)
・東北地方のうまいもん。
・アル・ケッチァーノ
・知憩軒(ちけいけん)
・蘭(あららぎ)


岩手県盛岡市大通1-8-2
019-651-4590
営業時間11:30〜15:30 17:00〜24:00
第1、3火曜休


posted by 1031 at 22:54| Comment(2) | TrackBack(0) | ラーメン・その他麺類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月20日

三彩館ふじせい



人気ブログランキングに参加しています。

fujisei1.JPG
おりざの森を後にして、次に向かったのは岩手県の一ノ関市にある「ふじせい」です。
一ノ関駅からも近く、アクセスはいいです。






fujisei2.JPG
一ノ関はもち料理で有名だが、このお店は一ノ関伝統のもち料理を食べられるお店なんです。






fujisei3.JPG
ふじせい餅膳(1575円)
一ノ関伝統の餅料理が8種類とこの地方の雑煮が付いてくる。






fujisei4.JPG
左上から時計回りに、ヌマエビ、ずんだ、ごま、しょうが、納豆、あんこ、くるみ、じゅうね(エゴマ)
どれも素朴なおいしさ。
餅自体の質も悪くは無いが、すごく良いということもない。
ちなみに正月限定で売り出すこのお店の餅はめちゃくちゃうまいですよ。








fujisei5.JPG
地酒の飲み比べがあったので注文しました。やっぱりこういうのがあると飲みたくなってしまう。


大吟醸。とってもフルーティーで後味すっきり!これはうまい!

地主町
純米吟醸。非常にまろやかな口あたり。ほんのり酸が効いてうまい。

有壁の隠し酒
純米大吟醸。やさしくクセの無い感じ。

七福神
大吟醸。香りは弱め。柔らかい口あたりでやさしい飲み口。

浜千鳥
純米。後味に複雑な風味を感じ、米っぽさがあるお酒。おいしい。

浦霞
純米。やや強めの味わい。もち料理に合いそうな味。




もち料理という風土に根付いた料理と、地酒を味わえて大満足!
また一つ郷土料理を知ることができました。


人気ブログランキングに参加しています。



2010年夏の東北地方+αの旅
・割烹一八(いっぱち) 〜名古屋から東京へ、東北へ〜
・会津若松から大内宿へ
・米沢 鯉の六十里
・出羽屋(でわや)
・山寺観光と山寺御膳と立石寺
・バーニャのパン(Pain Bagnat)
・おりざの森、ふみえはらはん
・三彩館ふじせい
・食道園(しょくどうえん)
・日本酒と、郷土料理と日本酒と。(盛岡にて)
・料亭 東海林(しょうじ)
・酒盃(しゅはい)
・東北地方のうまいもん。
・アル・ケッチァーノ
・知憩軒(ちけいけん)
・蘭(あららぎ)


岩手県一関市上大槻街3-53
0191-23-4536
営業時間 11:00〜14:00 17:00〜21:00
月曜休
posted by 1031 at 22:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 和食など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月18日

おりざの森、ふみえはらはん



人気ブログランキングに参加しています。

orizanomori1.JPG
バーニャのパンから夕暮れ時の仙台を経て次に向かうは、宮城県加美郡加美町。言ってしまえば田舎の方です(失礼)
目指すは「おりざの森」という農家民宿。





orizanomori2.JPG
一面畑の中にあるこの民家と築120年以上にもなる母屋。
(ちなみにこの写真は翌朝撮ったものです。)





orizanomori3.JPG
農家民宿「おりざの森」はこの母屋を改築したもの。
ちなみに宿泊は完全予約制で1日1組限定。
1泊2食付で7500円です。(一人で宿泊の場合は割り増し+500円)




orizanomori15.JPG
また、すぐ隣には農家レストラン「ふみえはらはん」がある。
こちらは3日以上前からの完全予約制。
また定休日以外に1〜3月中旬、農繁期などは営業していないようです。
詳しくは問い合わせてみた方がいいでしょう。

こちらのレストランはこの家の渋谷文枝さんが経営しており、おりざの森の方は娘さんのわかなさんが経営しているそうです。







orizanomori4.JPG
建物は非常に広々としている。文化財に指定されているため、中は完全禁煙。
虫の鳴く声を聞きながら夕食までしばし待つ・・・。






orizanomori5.JPG
夕食です。民宿なので豪華絢爛ではないです。
でも、米、野菜など、すべてが無農薬自家製と言う風に、食べ物がそうあるべき姿で出てくるんです。



ここで「お兄ちゃんお酒飲む〜?」と文枝さん。
はい、もちろん頂きます!






orizanomori18.JPG
まずは、プレミアムモルツ!
コレ大好きなんです!見透かされてる?(笑)



orizanomori9.JPG
朝取れの枝豆とともに。
これ、豆本来の味わいがめちゃくちゃ強い。
至福の一時・・・♪





orizanomori17.JPG
天上夢幻
同じ加美町にある蔵で造られたお酒。そのお酒がこの料理に合わないはずが無い。
しかし、このお酒・・・危険なくらいおいしい!
ややさっぱりとした酸を感じ、後味、香りとも最高!あっという間に瓶が空っぽ。










orizanomori6.JPG
つるむらさきのお浸し
これ、すごくうまい。
野趣ある味わいも含め、野菜っておいしいんだなーとしみじみ感じられる一品。
日本酒との相性が良すぎて、もう嬉し過ぎ(笑)





orizanomori7.JPG
あいこトマト
今朝取れたて。
程よい甘さとしっかりした濃い味わいと酸味。
うまいとしか言いようが無い。






orizanomori8.JPG
なす、ピーマン、シソの葉の炒め物
旬の野菜をさっと炒め、軽く味付け。
想像はできますが、これまたうまい。余計なことをしないところにすごくセンスを感じる。







orizanomori10.JPG
合鴨の燻製
最高にうまい!!!付け合せのルッコラ、イタリアンパセリ、生のかぼちゃも相性が良いし、しかもめちゃくちゃうまい。
そしてなかなかのボリュームです。

そしてこの合鴨も自家製。なんと雛を育てるところから。
育てると言っても、ここの米が合鴨農法の無農薬栽培なのだが、秋を過ぎ役目を終えた合鴨を潰し、ありがたく頂いているだけのこと。
最後まで食べてあげる事こそが本当の意味での感謝なのです。
これをかわいそうと言うのは論点が違います。

その季節にその土地で採れる野菜や米、最低限の肉類(家畜、家禽等)、そして自家製の漬物などなど・・・・。言ってみればこれが本当の本来の意味でのマクロビオティック。






orizanomori11.JPG
どれもうまかった。素朴な中にもセンスある料理。
こういう料理を毎日食べたい。
まさに僕の求めているものと100%合致した料理でした。



orizanomori19.JPG
幸せな気分になって眠りにつくのでした。
朝食も楽しみ(笑)






orizanomori12.JPG
翌日の朝食
旬のものしか使わないこの潔さ。






orizanomori13.JPG
なすの漬物ときゅうりのからし漬けがたまらなくうまい。
もちろんその他も全部うまいけど!






orizanomori14.JPG
晩御飯でも思ったが、ごはんもうまい!
合鴨の説明でも書いたが、聞いてみると合鴨農法のササシグレだそう。ササシグレはササニシキの原種のようなもので、あまり一般に出回らないもの。
おひつにたっぷりありますが、おいしいしもったいなくて残せません。




orizanomori16.JPG
野菜、米をはじめ、すべて育てるのには手がかかっているだろうに、それをすごいだろ〜とばかりにひけらかしたり、能書きをたれない所にも好感が持てる。もちろん聞けば丁寧に答えてくれますがね。

何度も言うが、ここは素晴らしかったです。僕の求めているものと100%合致した料理でした。ただ単に現代の健康ブームみたいな流行に乗っているだけの料理とは似ていて非なるものです。
本当の意味での野菜のうまさ、そして本当の豊かな食がここにはある。
ただ、料理に豪華さや派手さや高級食材を求める方にはオススメできません。

こんなことして地産池消、食育なんて言っちゃう愉快な会の方々にはぜひここを参考にしてもらいたいですね。


人気ブログランキングに参加しています。


2010年夏の東北地方+αの旅
・割烹一八(いっぱち) 〜名古屋から東京へ、東北へ〜
・会津若松から大内宿へ
・米沢 鯉の六十里
・出羽屋(でわや)
・山寺観光と山寺御膳と立石寺
・バーニャのパン(Pain Bagnat)
・おりざの森、ふみえはらはん
・三彩館ふじせい
・食道園(しょくどうえん)
・日本酒と、郷土料理と日本酒と。(盛岡にて)
・料亭 東海林(しょうじ)
・酒盃(しゅはい)
・東北地方のうまいもん。
・アル・ケッチァーノ
・知憩軒(ちけいけん)
・蘭(あららぎ)



(おりざの森)
宮城県加美郡加美町字中島南田1-16
0229-67-5091
12月から3月ぐらいまで休み
完全予約制、1日1組限定。

(ふみえはらはん)
宮城県加美郡加美町字中島南田1-16
0229-67-6051
営業時間 11:00〜13:30(完全予約制)
毎週月曜日、1〜3月中旬、農繁期、地域の行事日は休み
完全予約制。
posted by 1031 at 20:10| Comment(6) | TrackBack(0) | 宿・旅館・ホテルなど | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。