2010年05月09日

福文(ふくぶん) その5


人気ブログランキングに参加しています。



先日石川県に帰省しましたので、その際に行ったお店などを紹介します。
まずはお気に入りのお店、福文の新緑の時期のお菓子。






fukubun10-1.JPG
唐橘(からたちばな)
これ、めちゃくちゃうまい。
緑色のきんとんはえんどう豆のような強い香りが感じられる。また、水っぽさは一切感じないのに、この上ないほどの滑らかさ。黒文字を添えただけでも十分伝わる技術力。
上質な甘さも兼ね備え、まさに完璧なうまさ。
中のこしあんも豆の香りがすばらしく、甘さも下手に控えすぎることなく、とてもいい具合。このお菓子は今まで食べた生菓子の中で一番と言っていいくらい素材らしさが感じられた。


今回も想像通りの満足感が得られました。
このお店のように素材の味わいや材料がしっかりしていれば、甘さはしっかりとあっても、変にしつこさや重さを感じることは無い。
近年甘さ控えすぎただけで、全く完成されてないのお菓子が、和菓子、洋菓子を問わず多くありすぎて困る。変な健康ブームに乗ったのかは知らないが。
食べれば食べるほどこのお店のお菓子のレベルの高さを思い知らされる。まだまだ色んなお菓子を食べてみたいですね。



人気ブログランキングに参加しています。

福文その1(初夏のお菓子と冬のお菓子)の記事はこちら
福文その2(夏のお菓子)の記事はこちら
福文その3(秋の栗きんとん)の記事はこちら
福文その4(冬のお菓子)の生地はこちら
福文その5(新緑の時期のお菓子)の記事はこちら
福文その6(早春の時期のお菓子と真夏のお菓子)の記事はこちら
福文その7(わらび餅)の記事はこちら
福文その8(栗きんとんと栗蒸し羊羹)の記事はこちら
福文その9(冬のお菓子、かるかん、すはま等)の記事はこちら
福文その10(冬のお菓子、水羊羹)の記事はこちら

石川県加賀市大聖寺荒町31
0761-72-0307(生菓子は予約制)
営業時間 9:00〜18:00
日曜休


posted by 1031 at 20:20| Comment(6) | TrackBack(0) | 和菓子・お茶など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。