2010年03月16日

ポワンタージュ(Pointage) その2






人気ブログランキングに参加しています。

pointage1.JPG
麻布十番にあるポワンタージュに行ってきました。
前回の訪問は2年ほど前。
このお店のシェフは赤坂のペルティエでSSの志賀シェフの下で修行した経験を持ちます。
ちなみに、麻やの奥様はこのお店で修行されています。






pointage2.JPG
いい意味で迷った。気になるパンがかなり多い。








pointage3.JPG
塩キャラメルブリオッシュ(210円)
パサつきが目立つ。キャラメルの苦味も少なく、ちょっと物足りない。
普通においしいが、印象には残らない。







pointage4.JPG
クロワッサン(200円)
食感が弱く、バターの風味もあまり感じられない。
しっとり感もあまり無く、普通においしくはあるのだが、印象には残らない。
いつ変わったか知らないが、以前のクロワッサンとは全くの別物になっていました。








pointage5.JPG
しょうがとはちみつのリュスティック(210円)
生地はたっぷりと水分を含み、非常にしっとりしている。
はちみつの甘さだけでなく、長時間発酵によって引き出された深みのある甘みもあり、とてもおいしい。
しょうがは思ったよりはやさしいが、爽やかな香りと辛味が何とも言えない。もっとしょうがが強い方が好みかもしれないが、十分うまかった。










pointage6.JPG
カンパーニュ・レザンノア(490円)
カンパーニュは自家製の天然酵母を使用しているそうだが、酸味がやや強く感じられ、バランスが悪く感じた。
クルミとレーズンの組み合わせは好きな感じなので、普通においしく食べられましたが、ちょっと残念でした。






pointage7.JPG
バゲット・グロ(315円)
さすがのうまさ。志賀さんのレシピを受け継いでいるだけあり、一口目から甘い。クラストはかなりハードで、食感も歯切れもいい。
クラムはきれいなクリーム色で、気泡も力強い。
麻やのバゲットとほとんど同じ味だと思います。







pointage8.JPG
栗の粉のバゲット(315円)
栗の風味はやさしい感じだが、噛むごとにしっかりと甘みが感じられる。
粉の複雑な風味もあり、とてもうまい。しっかりと焼きこんであるため、クラストもバリッとハード。








ハード系はかなり強いと思います。特にバゲットとリュスティックは好みです。ちょっと残念なものもあったが、全体的に満足度は高いです。
このお店は閉店時間も遅く、夕方の17時以降に焼きあがるパンも多くあるようでした。
余談ですが、ほぼすべてにおいて麻やの方が上を行っていると思います。


人気ブログランキングに参加しています。

ポワンタージュその1の記事はこちら
ポワンタージュその2の記事はこちら


東京都港区麻布十番3-3-10
03-5445-4707
営業時間 10:30〜24:00
月曜、第3火曜休


posted by 1031 at 08:23| Comment(4) | TrackBack(0) | パン(首都圏) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。