2010年03月07日

トツゼンベーカーズキッチン(TOTSZEN BAKER'S KITCHEN) その2






人気ブログランキングに参加しています。

TOTSZEN2
トツゼンベーカーズキッチンに行ってきました。
前回行ってとても印象が良かったので、また行ってみました。






ttzn1.JPG
いい意味で迷う。





ttzn2.JPG
写真を撮っていいか尋ねると、どうぞどうぞ!と快諾していただけた。
さらに「こっちで生地こねてますからぜひこっちも撮って下さい!」とサービス精神旺盛(笑)
やや丁寧すぎるぐらいしっかりしたサービスです。









ttzn4.JPG
ロールパン
しっかりとした弾力、ヒキ、香り、味わい。
ちゃんとおいしいです。









ttzn5.JPG
ニーダベイユ(240円)
ブリオッシュ生地は口溶けが良く、おいしい。
バターも卵もすごく強く感じることは無かったが、うまくまとまっていておいしいです。








ttzn6.JPG
バゲット・ドゥ・トラディション(330円)
フランス産小麦、フランス産石臼引き小麦とゲランドの塩、さらにあの超硬水「クールマイヨール」をつかったバゲット。まさにフランス。
クラストはバッキバキで口の中が流血するという嬉しいハード加減。
クラムはしっとりしていて、粉の味わいがものすごく強い。さらに複雑な甘みもとても強く感じる。









ttzn6'.JPG
材料からも想像できるが、とても強い味わいのバゲットです。
ところで、クールマイヨールは僕には常飲できる味ではありませんでしたが、長期間飲み続た人の一説によれば「硬水の向こう側」が見え、だんだん甘く感じるようになってくるそうです。
この変態にぜひこのバゲットも味わって欲しい。







ttzn7.JPG
白イチジクのデニッシュ(300円)
赤ワインで煮た白イチジクを使ったデニッシュ。
いちじくはおいしいし、生地はザックザクでいいのだが、生地の味が好きな感じではなかった。
どうやらバターは使っていないような感じ(コンパウンド?マーガリン?ショートニング?)
くどくないようになどと考えたのかもしれないが、これはどう考えてもバターの香りと味わいが欲しい。
好みの問題かもしれませんが、僕には口溶けが悪く後味が悪くしつこく重たく感じられるだけでした。
実際何を使っているのかは知りませんが、とにかく僕にとってはおいしいと言えるものではなかった。非常にもったいない。










ttzn8.JPG
パン・ド・ロデヴ(600円)
生地は非常に水分たっぷり。力強さを感じる。
しっかり焼き上げられ、香ばしさも感じるが、熟成された甘さも感じる。とてもうまい。これぞロデヴ。







ttzn9.JPG
ベルリーナラントブロート(600円 ハーフ300円)
実は始めに、スライスしてあった当日焼きのものを買ったのだが、お店の人が、
「良かったらこれ食べてみて下さい!」
といって写真にある前日のベルリーナラントブロートをくれた。
実際は焼いてから2日後ぐらいが食べごろということだそうで、当日焼きのものに比べて味がまろやかに感じられた。
ライ麦の主張と穀物の甘さがとてもよく感じられうまい。





ttzn3.JPG
サービスはしっかりしているし、パンは一部を除いて超ハイレベル。
今回もかなり良かったです。こちらへ来る際にはぜひ寄りたいお店の一つです。


人気ブログランキングに参加しています。


トツゼンベーカーズキッチンその1はこちら
トツゼンベーカーズキッチンその2はこちら

神奈川県横浜市港北区大倉山2-1-11
045-548-0568
営業時間 9:00〜19:00
月曜、第2日曜休


posted by 1031 at 18:24| Comment(4) | TrackBack(1) | パン(首都圏) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。