2010年01月07日

福文 その4


人気ブログランキングに参加しています。

fukubun406.JPG
地元に帰省した際にまた福文のお菓子を食べました。
今回は冬のお菓子と干支にちなんだのお菓子の紹介です。





fukubun401.JPG
花びら餅
求肥は極限まで柔らかいがちゃんとしたコシがある。
甘く炊かれたごぼうと味噌の入ったあんも上質な味わいと舌触り。







fukubun402.JPG
ゆり根きんとん
ゆり根きんとんは薯蕷きんとんに近い感じ。
滑らかさと、程よい香りが感じられる。中は香り高く、滑らかで上質なこしあん。この繊細な中でしっかりとバランスが保たれておいしい。




fukubun402'.JPG
これに一保堂の玉露を合わせた。
十分おいしいが、上質な煎茶の方が合うかもしれない。






fukubun403.JPG
薯蕷きんとん
滑らかで味わい深い薯蕷きんとん。山芋の特徴を生かしきっている。







fukubun404.JPG
トラきんとん
干支にちなんで。






fukubun405.JPG
僕の大好きなお茶である丸八製茶の「献上加賀棒茶」を合わせた。
これは非常に上品な味わいと芳醇な香りがあり、和菓子はもちろん、料理にも何に合わせてもおいしいと思う。






今回も大満足でした。
ここのお菓子は上質な味なので、何個食べても全然気分が悪くならないし、もっともっと食べたくなる。本当にすっきりしていて食後感がいい。

人気ブログランキングに参加しています。


福文その1(初夏のお菓子と冬のお菓子)の記事はこちら
福文その2(夏のお菓子)の記事はこちら
福文その3(秋の栗きんとん)の記事はこちら
福文その4(冬のお菓子)の生地はこちら
福文その5(新緑の時期のお菓子)の記事はこちら
福文その6(早春の時期のお菓子と真夏のお菓子)の記事はこちら
福文その7(わらび餅)の記事はこちら
福文その8(栗きんとんと栗蒸し羊羹)の記事はこちら
福文その9(冬のお菓子、かるかん、すはま等)の記事はこちら
福文その10(冬のお菓子、水羊羹)の記事はこちら

石川県加賀市大聖寺荒町31
0761-72-0307(上生菓子は予約制)
営業時間9:00〜18:00
日曜休


posted by 1031 at 20:06| Comment(5) | TrackBack(0) | 和菓子・お茶など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。