2009年11月30日

道中庵(どうちゅうあん)


人気ブログランキングに参加しています。

dochuan1.JPG
東海市にある日本茶の専門店、道中庵(どうちゅうあん)に行ってきました。
余談だが、僕は丸八製茶場のほうじ茶が好きで良く飲んでいます。おいしいのでオススメ。







dochuan3.JPG
お店はカウンターとテーブルを含めても10席しかない小さな空間。静かだが、変に緊張させるような感じではない。






dochuan2.JPG
店主の強いこだわりが見られるメニュー。
例えば煎茶なら同じ茶葉で温度を変えて三杯の異なる味わいのお茶を味わわせてくれるらしい。
もちろんこだわりすぎて変な方向に行っている感は全く無い。





メニューが非常にたくさんあって迷ったが、煎茶 上(800円)をいただくことにした。
ちなみにすべてのお茶に生菓子がついてくる。





dochuan4.JPG
煎茶 一杯目(36℃)
小さな器にごく少量のお茶を入れて供される。
低温で出しているので渋みがほとんど無く、ものすごく甘く、強いうまみがある。
非常に強いので少量で満足できる。
店主いわく、こういうお茶は「舌に乗せて楽しむ」ものらしい。





dochuan5.JPG
煎茶 二杯目(38℃)
一杯目と比べて明らかに味が変わった。若干渋みが感じられたが、いまだに強い甘みとうまみが感じられる。
器も一杯ごとに変えていただける。こういうのも趣があっていいですねぇ。





dochuan7.JPG
生菓子は8種類ほどあったと思う。見本を見せていただき、そこから選ぶ。
僕は写真上の栗きんとん(+100円)を食べました。
確かこの栗きんとんともう一種類は店主自ら作っているとのことでした。
生菓子は「洗練」とまではいかないが、丁寧でおいしかった。





dochuan6.JPG
煎茶 三杯目(50℃)
「栗きんとんに合わせて出しました」とのこと。
う〜ん・・・やられました!相性抜群!
やや高温で出しているので甘みよりもキリッとした嫌味の無い渋みが感じられた。
それがこの栗きんとんの味わいを十分すぎるぐらいに引き立てている。
ワインと料理を合わせるように、生菓子にうまくお茶を合わせてくれました。




dochuan8.JPG
こちらは同行者の選択した抹茶 上(800円)





dochuan9.JPG
ほうじ茶
「こちらは単にサービスで出しているものなので、大したもんじゃありません」とのことだが、香りも味わいもちゃんとあり、おいしかった。
ちなみに、ほうじ茶は香りが出るまで焙じてはいけないらしい。
「ほうじ茶もコーヒーも香りが出るまで加熱している時点で香りが飛んでいるんですよ。液体に香りを移すべきなので、ほうじ茶は焙じるときに香りを出しちゃいけません。そこがうなぎとは違いますね(笑)」
のようなニュアンスのことを話して下さった。うーん納得。





dochuan10.JPG
カウンターに座って店主さんのお茶や食に対する考え方や知識をたくさん聞かせていただきました。
帰り際にちゃんとしたお茶が飲めてよかったという旨を伝えると、
「ちゃんとなんてしてませんよ。入れ方は自己流ですから。なんでも思ったことを聞かせてください!お茶は嗜好品ですからおいしければそれでいいんです。これが良いという決まった方法なんてありませんし、お茶って言うのはそれを押し付けて飲ませるものでもありません。」
と言うようなことを話して下さった。

僕がこんなことを言うのは畏れ多いが、
この店主さんとは考え方というか、波長が合う気がした。
たぶん料理を作ったら同じような方向性の料理が出来上がりそう。





dochuan11.JPG
これだけ手のかかったお茶とお菓子をこの値段でいただけるのなら非常に満足度は高い。
変な喫茶店やケーキ屋でも、ケーキとコーヒーで1000円ぐらい払わなければいけないことを思うと、なおさらです。
近ければ何度でも通いたくなる、そんな素晴らしいお店でした。
いろんなお茶をもっと味わってみたいです。考えただけでもわくわくする。


人気ブログランキングに参加しています。

道中庵その1の記事はこちら
道中庵その2の記事はこちら
道中庵その3の記事はこちら


愛知県東海市高横須賀町6-116
0562-32-7575
営業時間 13:00〜21:00
水曜休
posted by 1031 at 21:23| Comment(12) | TrackBack(1) | 和菓子・お茶など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月28日

ぱん工房 麦 BAKU (boulangerie BAKU)





人気ブログランキングに参加しています。


baku1.JPG
大府市にある、ぱん工房 麦 BAKUに行ってきました。
2009年10月10日にオープンしたお店。






baku2.JPG
ハード系が良さそうに見える。






baku3.JPG
バゲット・ルヴァン(260円)
自家製の天然酵母を使ったルヴァンの生地をバゲットの形に成型している。丸い形のルヴァンもありました。
クラストはガリッとしていて香ばしく、歯切れがいい。
生地はちゃんと甘みが感じられ、嫌味のない程度の酸味もある。





baku4.JPG
バゲット“麦"(250円)
低温で一日熟成させたバゲット。
バゲット・ルヴァンほど焼きが強くないように見えたが、クラストはちゃんとガリッとしててうまい。
熟成させたうまみがナッツのような風味に感じる。
水分量もしっかりとあり、みずみずしくておいしい。

ただ、画像が無くて分かりにくいのだが、気になったことが一点。
どちらのバゲットにも言えることだが、底の部分の生地がくっついておらず、裂けやすくなっていた。たぶん成型の際の打ち粉が多すぎるんだと思う。






baku5.JPG
ショコラオランジュ(140円)
ブリオッシュ生地にオレンジピールとチョコレート。
ブリオッシュ生地はしっとりとしていて、ほんのりと卵とバターの香りが感じられる。うまくまとまっている印象でした。








baku6.JPG
抹茶ミニ食パン(160円)
かわいいので購入。
良くある組み合わせだが、生地もおいしくしっかりとまとまっています。





baku7.JPG
ハード系はなかなか良かった。
その他の小物はもう一歩という感もあったが、オープンして間もないこともあるし今後に期待したいお店です。
基本となるハード系がおいしいので、それをベースに変なことをしなければおいしいパンになりそう。









その後、げんきの郷に行ってきた。






baku8.JPG
野菜が安いよ〜





baku9.JPG
知多の牧場ソフトクリーム(300円)
濃厚〜






baku10.JPG
富有柿買った〜



人気ブログランキングに参加しています。


(ぱん工房 麦 BAKU)
愛知県大府市吉田町6-345
0562-44-8989
営業時間 10:00〜18:00
金曜休
posted by 1031 at 06:19| Comment(2) | TrackBack(0) | パン(愛知県) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月27日

和菓子工房まっちん





人気ブログランキングに参加しています。


matchin1.JPG
ある秋の晴れた日に、東郷町にあるぶなの木に行ってきました。
目的はまっちんの和菓子。
以前は三重県の伊賀市にお店があったそうだが、2009年9月をもって閉店され、現在はイベントなどで特別に販売しているそう。






matchin2.JPG
今回はカフェメニューとして、お菓子セット(600円)があり、和菓子は2種類選択できた。






matchin3.JPG
けしくるみ大福
けしの実とくるみが練りこまれた大福。
あんこも丁寧に炊かれていておいしい。くるみやけしの力強さを考えると、粒あんの方がバランスがいいかもしれない。






matchin4.JPG
わらびまんじゅう
わらび餅の中にさらっとしたこしあん。こっちはこしあんじゃないとね。
あんこはさっきの大福よりも少し甘さが少なくなっていて、わらび餅との相性はすごくいい。
わらび餅自体もかなり柔らかいのだが、ちゃんとしたコシを兼ね備えていていい感じ。どこも同じように感じるわらび餅とは違い、丁寧でしっかりしたおいしさでした。
一幸庵のわらび餅を少し思い出した。






matchin5.JPG
わらび餅(720円)
これは持ち帰りで。




matchin6.JPG
あんは入っていない。こっちもちゃんとおいしい。





matchin7.JPG
もちろん変なものは一切入っていない。
余談だが、成分表示の話を少し。
「本わらび粉」と表記されているものはわらびから取ったデンプンのみを使った粉のこと。
「わらび粉」と表記されているものは、本わらび粉のデンプンを配合した粉のこと。この粉の配合されている割合はメーカーによって異なると思うが、概ね5%程度だろう。残りはジャガイモ及びサツマイモのデンプン。
つまり、「わらび粉」にはほとんど本わらび粉が使われていない。
また、成分表示は多いものから順番に書いてあるので、このわらび餅も残念ながら本わらび粉の使用量は非常に少ないということ。まぁ、うまいから別にいいけど。

ちなみに「本わらび粉」は灰色なので、透明なわらび餅はまず本わらび粉は使われていないと思っていい。
そういうのはわらび餅じゃなくてジャガイモ餅かサツマイモ餅(笑)
さらに「本わらび粉」のみのわらび餅は非常に不安定なので、練り上げて15分程度が寿命だと聞いたことがある。
宝泉のわらび餅は100%本わらび粉です。





ちゃんと丁寧に作っておられる印象でした。
こういうイベントがあればまた行ってみたいですね。


人気ブログランキングに参加しています。
posted by 1031 at 07:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 和菓子・お茶など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。