2009年07月16日

スーリープー(SURIPU) その2





人気ブログランキングに参加しています。

前回印象が良かったので、またスーリープー(SURIPU)に行ってきました。





SURIPU201.JPG
相変わらずいい表情。
惣菜系、菓子パン系はほとんど置いていない。
パン屋ってどれだけハード系が強いお店でも菓子パンや惣菜系の売り上げが大きな割合を占めているらしいですからね。
このストイックで勇気あるラインナップも僕は評価したいと思う。







SURIPU202.JPG
カンパーニュ(大・580円)
クラストは多少焦げるほどに強く強く焼きこんであり、ガリッガリの主張がすばらしくいい。
ライ麦と深みのある天然酵母の風味を十二分に生かしきる焼き具合。
クラムもものすごくしっとりとしていて、酵母の風味、ライ麦などが一体となって抜群の主張を誇る。
しかもこのバゲット型(バタール)というのが僕にとってはクラムとクラストの割合などを考えても「どストライク」なのである。

僕は開店早々に近い時間に行ったんですが、カンパーニュの大は2個しかなかった。と言うことはたくさんは焼いていないのかも。
そのうち一つがこのバゲット型(バタール)だった。




SURIPU203.JPG
チーズパン(250円)
ソフトなパンだが、主張が無いという意味ではない。
こっちは焼き具合がかなりソフトで、クラストはクラムの延長線上という感じ。
しかし、チーズの風味、生地の味わいを生かし切るためにはこの焼き具合がベストだろうと思う。
水分をたっぷりと含んだムチムチの生地とチーズの組み合わせ、これでうまくないわけが無い。



このお店はカンパーニュの完成度がすば抜けている印象。そのせいで他のパンもおいしいのだが、やや印象が薄いか。笑
しかしカンパーニュも様々な種類があると思うが、このカンパーニュのように自家製の酵母を使い、酸味が少なくまろやかで、かつライ麦の主張があり、焼きがしっかりしているタイプは僕が一番好きな感じだと思う。
僕は現時点では少なくとも愛知県内では一番おいしいカンパーニュだと思います。

カンパーニュもどきのようなパンで満足する前に一度このお店のカンパーニュを味わってみては?


人気ブログランキングに参加しています。



スーリープー1回目の記事はこちら
スーリープー2回目の記事はこちら
スーリープー3回目の記事はこちら


名古屋市中区千代田2-16-20
052-253-5307
営業時間11:00〜19:00
日曜休


posted by 1031 at 18:00| Comment(19) | TrackBack(0) | パン(愛知県) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。