2009年06月14日

無人島ダイエット。

人気ブログランキングに参加しています。

mujinntou2.jpg
現時点で僕が考える最良のダイエット法を教えます。

巷で流行ってる変なダイエット法じゃないですよ。
ただ、「ダイエット」というよりは単なるライフスタイルですので、太っているいないにかかわらず、やってみる価値はあるかもしれません。


信じるか信じないかは自由ですが、僕はこの方法で1年余りで16kgほど痩せました。
もちろん健康なまま。しっかり食べながら。
昔は欧米の栄養学に完全に洗脳されていましたが、考え方を改められて本当に良かった。
このダイエット法(ダイエット法というのは嫌だが、便宜上こう言うことにする。)は、簡単に言うと、「おなかが減ったら、食べたいときに食べたいものを食べる。」
というものです。




mujinntou1.jpg
「無人島ダイエット」と名づけたのは、体を何も無い最も自然な状態、つまり無人島での生活に近づけることが重要だと考えたからです。
日本人は農耕民族です。
米と豆と芋と野菜で生きてきました。
西洋の文化を持ち出し、牛乳や肉や油を摂取して栄養バランスがどうこうと言い出した人は本当に罪である。






以下、ポイントをまとめました。



1.おなかが減ったら食べる。
減っていないのなら無理して食べないことです。
朝おなかが減らないなら食べる必要なし。
規則正しくと言う考え方は捨てましょう。


2.たくさんの食品を食べようとしない。
その土地でその季節に取れるものを食べるということがもっとも自然です。
あれこれ考えずに、季節の野菜とごはんを中心に味噌汁と漬物でも食べましょう。


3.食べたいものを食べたいだけ食べる。
おなかが減っている時に食べるならある程度食べたいだけ食べてもいいです。
また、たとえかなりの暴飲暴食でもたまにならストレス発散にもなるしいいんです。
変に我慢しすぎないこと。
ただ、無人島には有り余るほどたくさん食べ物がないことを覚えておいてください。


4.一応運動を。
昔は車なんて無いんです。
全部自分の足です。
「一応」としたのは運動を強制することでストレスになるならやらない方がいいってこと。
だから、別に運動はしなくてもいい。
ただ、現代ほど自分の力で動いていない時代はありません。


5.「カロリー」などという考え方自体を捨てる。
カロリーなんて人間が後から考え出したものです。
普通の人にはそんな考え方自体が必要の無いものです。
食事は数字で表せるようなものではありません。


6.固定観念を捨てましょう。
現在正しいとされていることは、たいてい欧米の栄養学を基に考えられたものです。信じすぎないようにしましょう。
牛乳?日本人は酪農民族ではありませんし牛の子でもありません。
好きで飲む分にはいいですが無理に飲むものではないです。
肉?そんなもの頻繁に食べられたワケないです。
3食規則正しく?誰が決めたんですか。
食事はバランスよく?バランスってなんですか。
30品目?はいはい、じゃぁ料理に七味とガラムマサラでもかけて毎日十数品目補っててください。





ごはん.jpg
ほうれん草'.jpg

本来は食事は特に考える必要もないんです。
自然のままに食べたいものを食べればいいだけ。
日本人なら、ご飯を中心に味噌汁と季節に採れる野菜や豆や芋などを食べるだけでいいです。
だから、うまく自然の状態に近づけられれば、適正な体重になるはずです。
ちなみに「適正な体重」と言ったのは、太っている人がやせる可能性はあるが、逆にやせすぎている人が適正な体重まで増加する可能性もあるということ。





僕は現時点ではこういう風な生活スタイルが良いと思っているが、必ずしも最善かどうかなんて誰にも分かりません。
でも全く何も疑わずに、「3食規則正しく食べましょう。」「バランスよく食べましょう」「夜は控えめに、朝はしっかりと」などと言うありきたりな情報だけを鵜呑みにするのもどうかと思う。
正しい食生活など誰にも分かりません。
固定観念にとらわれすぎないようにしましょう。

もちろんこの方法がおかしいと思う人もいるでしょうが、いて当然。
いろんな意見があることが自然なんです。



人気ブログランキングに参加しています。


posted by 1031 at 21:58| Comment(10) | TrackBack(0) | 栄養学など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。