2009年01月13日

白川郷・高山観光(石川県〜富山〜白川郷〜高山)

石川県〜富山〜白川郷〜高山に行ってきました。




P1020247.jpg
美川 県一の町なんです。



P1020249.jpg
白川郷。天気いいけど、寒っ。




P1020251.jpg
合掌造り〜




P1020253.jpg
本場の雪だるま?


P1020258.jpg


P1020261.jpg





P1020264.jpg
その後、五平餅〜


P1020265.jpg
高山に行きまして〜、みたらしだんご。
甘くないシンプルなしょうゆ味うまいな〜


P1020269.jpg
飛騨牛の握り
まぁ・・・ね。




P1020270.jpg
焼き立てのせんべい



P1020271.jpg
うま〜♪


P1020273.jpg
朴葉味噌まんじゅう


P1020274.jpg
もち米も入ってるそうな。うまい〜



P1020281.jpg
飛騨牛コロッケ
まぁ・・・うん、まぁ、ね。



P1020275.jpg
高山ラーメン食べましょ〜う。



P1020278.jpg
ラーメン〜。

P1020277.jpg
地ビールいただきま〜す。
だって今日運転しないも〜ん♪

いや〜、楽しかったです。


この後にそば屋に行って、さらにトランブルーにも行きました。(のちのちアップします。)
ん〜よく食べた。笑

パン屋めぐりとかはよくやるけど、やっぱり知らない土地に行ってその郷土のものを食べるってのはもっと楽しい。
その土地ごとの風土に合った食べ物を、そして、四季に応じた食べ物を食べるってのは大切なことです。
僕は「食育」は法律にしてまでするものでなく、家庭で食べ物に関わることで培われていくものだと思っているのでこの言葉は好きじゃない。
でも、あえて言うならこのようなその土地のもの、風土に合ったものを知るというのがそれにあたるのかもしれない。


↑人気ブログランキングに参加しています!今日は何位かな〜?


posted by 1031 at 14:31| Comment(15) | TrackBack(0) | 観光とか県外とか | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月10日

菜香樓(さいこうろう)

菜香樓1
菜香樓(さいこうろう)に行ってきました。
金沢市内に6店舗ほどあり、金沢の中華料理といえば真っ先に名前が挙がるくらい有名。
僕はこのお店のことは知っていたが、今回は初の訪問。
本館に行きたかったが、今回は新館の近くを通ったので新館の方に行った。



菜香樓2
入った瞬間に嫌な予感。
なんだろう、とてもじゃないけどうまい料理が出てきそうにない。

今思えばここで店を出ればよかった・・・。


ランチは1260円でサラダ、スープ、点心、チャーハンorご飯、一品料理、デザートが付く。
ランチと単品のメニューをいくつか食べた。


菜香樓3
ランチのスープ
・・・?
何これ、インスタント?いや、もっとひどい。
化学調味料漬けの味。舌マヒしそう。




菜香樓4
ランチの点心
何これ・・・?
冷凍食品?いや、もっとひどい。
化学調味料の味しかしない。



菜香樓5
ギョーザ(390円)
マズ・・・。
もうこの時点で1年分くらいの化学調味料摂取しました。



菜香樓6
ランチのやきそば
こりゃひどい。油まみれ&化学調味料まみれ。




菜香樓7
ランチのホイコーロー
これはギリ食べられる。
同じく油の海ですが。


で、ここからがさらにひどい。
単品メニュー出てくるの遅すぎ。
ランチ全部終わってから持ってきた。
同じテーブルで食事終わってる人と今から食べはじめる人いるってどーゆーこと?
考えて持って来て。



菜香樓8
チャーシュー入りねぎラーメン(945円)
結局ランチメニューが終わってから30分ほど待った・・・。
いやぁ〜、このラーメン生ぬるい。
あと麺がまずい。
あ、この麺、給食のソフト麺か〜♪笑




菜香樓9
担々麺(1050円)
もうよく分からん。完全に化学調味料の味しかしない。
あと麺がぜんぜんほぐれてない。
これもソフト麺ですね。笑
同じく生ぬるいし。ヤケドしなくて済みました〜。



菜香樓10
海鮮やきそばみたいなもの(1260円)
本日最大の悲劇はこれ。
まず注文を忘れていたようで、あまりに遅いのでそのことを伝えると、
厨房に行って、戻ってきて「ただいま作っておりますのであと1、2分お待ちください」ときた。
ホントに1、2分で持ってこれるならそんなこと伝える前に持って来て。
結局10分ほど待ったし。



菜香樓11
その上、極めつけにホタテ風かまぼこ(左)
これはビビッた!まさかニセモノ使うなんて!
広がる酸化油の海・・・。(右)
しかも麺が酸化臭するわ、あんかけはクソマズイわ・・・。
もう口の中が化学調味料の味しかしない。

さすがにこれは食べられん。
これを注文した同行者は大半を残してしまい、僕がチャレンジし、二口ぐらいでギブアップ。
残すのは悪いと思い、流し込もうと試みるが・・・。
やっぱりムリ。残しました。
それにしてもどうやったらこんなにまずくできるのか不思議。
揚げ物に使った後のような酸化油と化学調味料あんの海に浮かんだニセモノ海鮮入りの物体。
もうここまでまずいと笑えます。
これで1260円は完全なるボッタクリ。




菜香樓12
デザート
スーパーに売ってる杏仁豆腐の素で作った杏仁豆腐?
でもこれが今日一番おいしかったです。上のフルーツだけね。



店を出た後も、某メーカーの化学調味料の瓶を開けてそのままさらさら〜っと口に流し込んだみたいな味がずっと残って気持ち悪い・・・。
酸化油のせいかちょっと吐き気する。
今日はこれまでの人生の中でも5本の指に入るくらいの大失敗でした。



金沢市駅西新町2-8-15
076-260-3156
木曜日休

↑人気ブログランキングに参加しています!今日は何位かな〜?
posted by 1031 at 12:05| Comment(18) | TrackBack(0) | 中華 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月09日

大野町 醤油蔵巡り

soy1
金沢の大野町に行ってきました。
ここは町一帯に醤油蔵がたくさんあり、見学したり、醤油を買ったり出来る。
日本有数の醤油どころです。

いつも思うけど、この時期の日本海は見てると寂しいような怖いような気分になる。




soy2
まずはじめは「もろみ蔵」
看板を目印に入らなければ入り口が分からない。


soy3
中はこんな感じになっている。


soy4
醤油がいっぱい置いてある。



soy5
醤油ソフト(250円)
これはうまかった!
観光地にあるような珍しいだけのソフトクリームかと思ったが、これは違う。
絶妙な塩加減がいい。
塩キャラメルとか塩スイーツとかに似た感じ。
あぁいうの好きな人には好きだと思います。



soy6
次に行ったのは「直江屋源兵衛」
石川県では直源として親しまれている醤油メーカー。
ここでも醤油スイーツというのを味わえる。
ここのおばちゃんがめちゃくちゃ不機嫌そうで感じが悪かった。





soy8
次は「ヤマト醤油」
ここの醤油は全国各地で購入可能。なはず。


soy9
アイスにかける醤油。へぇ〜


soy10
玄米ソフト(300円)
これうまいなぁ〜。
玄米のコクのある甘さがなんともいえない。
金沢の俵屋のじろ飴のような、米から作った風味のある水あめのような味わい。



soy11
アイスにかける醤油をかけてみる。
みたらしだんごのタレみたい。
好きな人には好きかな。




soy12
醤油ソフト(300円)
ちょっと醤油が強いかな?
さっきのもろみ蔵の方がうまかった。



日本海の港町で海に近いので拉致されないように気をつけてください。笑
しかしなかなかいい町でした。
この辺りでは醤油を作っている蔵が多いせいか、あちこちで醤油のような匂いがしてくる。




(もろみ蔵)
金沢市大野町2-39
076-267-6638
営業時間 正午〜午後9時(土・日・祝日は午前10時より)
水曜休

(直江屋源兵衛)
詳しい情報はホームページで

(ヤマト醤油)
石川県金沢市大野町4イ170
076-268-1248


↑人気ブログランキングに参加しています!今日は何位かな〜?
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。