2008年11月13日

「アミノコラーゲン」について



人気ブログランキングに参加しています。

amino1
明治製菓の「アミノコラーゲン」についての考察です。

商品の説明(ホームページより引用)
1本に、低分子化フィッシュコラーゲン5000mgに加え、美しさを感じるための、アミノ酸(アルギニン)450mg、グルコサミン60mgを配合。さらに、ヒアルロン酸+ローズヒップエキスを追加配合!しかも、カロリーオフ(32kcal)で、脂質も0gだからダイエット中でも安心です。


amino2
<原材料>
魚コラーゲンペプチド(ゼラチン)、トレハロース、ワイン、ローズヒップエキス、酸味料、安定剤(ダイズ多糖類)、香料、グルコサミン、甘味料(アセスルファムK、スクラロース)、アルギニン、ヒアルロン酸
※魚コラーゲンペプチドとは・・・・・魚から抽出したコラーゲンを低分子化したものです。



この商品の「低分子化フィッシュコラーゲン」という表記が気になったので、お客様相談センターに聞いてみた。

「フィッシュコラーゲンは普通のコラーゲンと何が違うんですか?」
「フィッシュコラーゲンは低分子化してあるので、通常の豚のコラーゲンに比べて吸収速度が1.5倍速いというデータが出ております。」
「吸収速度が速いのはわかりますが、合成速度は速まるのですか?」
「それについては個人差があるので何とも言えません。」
「1.5倍吸収が速いというのは一体何人データをとったんですか?」
「6人です。6人の平均値です。」


<結果>
1.低分子化してあれば吸収速度が速くなるのは当たり前。ご飯よりおかゆの方が消化がいいでしょ?
2.吸収速度が速いから合成も速くなるわけがない。
3.6人という人数は少なすぎる。そもそも何人も検証して都合のいい6人のデータを平均している可能性もある。

※ちなみに「カロリーオフ」の栄養表示基準は20kcal/100ml未満です。
だから500mlのペットボトル入りの飲み物ならカロリーオフであっても100kcalぐらいのカロリーがあることがあります。

ゼロとはぜんぜん違うので覚えておきましょう。
「カロリーゼロ」の表示基準は5kcal/100ml未満です。







amino3
さて、コラーゲンを飲むとお肌にいいとかそういう効果があるのか?
ということについてですが、はっきり言って効果はありません。


簡単に言うと、コラーゲンは「タンパク質」なので、体に吸収されるときにはバラバラの「アミノ酸」になります。
また、食物中のタンパク質はほぼすべて「アミノ酸」として吸収されます。
そしてここから再度、コラーゲンが合成されるわけなので、コラーゲンから摂取しようが、肉から摂取しようが、ご飯から摂取しようが「アミノ酸」であることには変わりないのです。
つまり、普通に食事をしていれば「タンパク質」が不足することはないので、コラーゲンは合成されます。
また「コラーゲン」を摂取したからコラーゲンの合成が増えることはありません。

鶏の手羽先を食べたら腕に筋肉がつきますか?
牛のもも肉食べたらももに筋肉がつきますか?


そういえば知り合いにコラーゲンが肌にいいと信じて、好きでもない鶏肉の皮を必死で食べていた人がいた。
好きで食べているならともかく、嫌いなら食べない方がよっぽどいい。
とにかく「普通の食事」をしてればいーんです。




まぁ簡単に言うとこんな感じです。
ちょいと難しいですが、さらに詳しく知りたい方は、続きを書いたのでどうぞ〜



ほかにもこんな愉快な食品や、変なサプリンメント(効能など含む)、うさん臭い健康食品、特定保健用食品、変なダイエット法、などがありましたらぜひ情報下さい。
面白そうなのがあったら検証していきたいと思います。

コラーゲンについてさらに詳しく知りたい方はコチラ


posted by 1031 at 11:31| Comment(2) | TrackBack(0) | 栄養学など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。