2008年06月17日

Boulangerie Le Sucre-Coeur(ブーランジェリー ル・シュクレ・クール)




人気ブログランキングに参加しています。


Le Sucre-Coeur1
Boulangerie Le Sucre-Coeur(ブーランジェリー ル・シュク・レクール)に行ってきました。

このお店は大阪といっても吹田市にあって、最寄り駅からも遠いので、わざわざここに来るお客さんしか来ない。
でもお客さんたくさ〜ん。
このお店のオーナーシェフである岩永さんという方はパリの「メゾン・カイザー」で修行した経験もあるそうだ。
そのため、カイザー氏から受け継いだルヴァン・リキッドという液体天然酵母を使ってパンを焼いているとかなんとか。
まぁ、そんなことより問題は味です!味。



Le Sucre-Coeur2
ショーケース
ショーケースに入っていて説明を聞きながら選べるのは僕が好きな感じ。
店員さんもちゃんとパンのことがわかっていて、丁寧にしっかりと説明してくれる。

それにしてもまさに本格的なパンばかりが並ぶ、これぞブーランジェリーって感じのたたずまい。
だって食パンすら無い。菓子パンも無い。惣菜パンも無い。


もうパンの顔からして違う。うまいパンだってのがしっかり伝わってくる。
店内に3つだけある席ではパンを食べることができる。






Le Sucre-Coeur3
バゲット
色合いは淡い感じ。
確かにメゾンカイザーのバゲットモンジュに似てる。
とてもきれいな形が印象的。






Le Sucre-Coeur4
クラストは薄めで、ガッシガシな感じではない。
クラムは水分たっぷりでみずみずしい。
天然酵母のわずかな酸味もある。
このバゲット、クラストの色は比較的淡くいのだが、香りは非常に良く、そしてみずみずしいクラムが持つあふれんばかりの甘さがいい感じ。
そして粉の配合の関係だろうか、味わいや風味にも非常に厚みがあり、しっかりとうまみが膨れ上がる。
非常に心地よい余韻が長く続く。
いいですね〜、カイザー系では最高品質のバゲットです。
VIRON系とは全く違った方向性だが、この系統としては完成されてる。



Le Sucre-Coeur6
断面
ほぼ完璧。
このバゲット、これだけ本格的に完成されていながら、好き嫌いが分かれにくいんじゃないかな。
とまらんとまらん♪
あ、すいませーん!おかわり!笑




Le Sucre-Coeur5
左手前から時計回りに、リュスティックパリーヌ(260円)、クロワッサン(170円)、パン・オ・セーグル(320円)、レ・サンク・ディアマン(250円)
いい顔してる。



Le Sucre-Coeur9
リュスティックパーリーヌはそば粉を配合してあるため、複雑な風味を放つ。
突出したうまさは無いけど、水分たっぷりの生地は問題なくうまい。



クロワッサンは相当うまかった♪
パリパリはらはら〜、中心部はバターたっぷり、しっとりじゅわわぁ〜☆その上、生地の主張もバターの主張も抜群。
そして密に重なり合う層がばっちり主張してる。弱々しく潰れることは無い。
これほどフランス的な完成度が高いクロワッサンは初めてかもしれない。
この類のクロワッサンの中ではこれ以上ないくらいのうまさだった。





Le Sucre-Coeur8
パン・オ・セーグルはライ麦を70%配合してある。
非常に水分たっぷりでしっとりしてて、ライ麦本来の味わいがしっかりと感じられる。
酸味も甘みもしっかりとあるし、クラストの香ばしさでさらに引き締まった味になってる。
セーグル好き必見!じゃない、必食。





Le Sucre-Coeur7
レ・サンク・ディアマンは5つのダイヤって意味みたい。
中には、オレンジピール、ドライいちじく、カレンズ、2種類のレーズン、の5種類に加え、くるみが入ってるそうだ。
生地はバゲットの生地だそうだが、生地もフルーツもぎゅぎゅぎゅ〜っと詰まってるので、とっても重い。文句なしにうまい。




店員さんも丁寧に説明してくれるし、接客の面でも文句無しだった。
やっぱりパンの説明はしっかり丁寧に抜け目なくして欲しいものだ。

これほどフランスっぽいパン屋は全国探してもどこにも無いと思う。(フランスに行ったことは無いが)
パンの一つ一つがどれも印象的で、見た目も味わいも非常に鋭い印象だった。
まだまだ食べたいものがいっぱいあったので、また行ってみたい。


人気ブログランキングに参加しています。



ル・シュクレクールその1の記事はこちら
ル・シュクレクールその2の記事はこちら
ル・シュクレクールその3の記事はこちら
ル・シュクレクールその4の記事はこちら


大阪府吹田市岸部北5-20-3
06-6384-7901
営業時間 8:00〜19:00
水曜、木曜休
お店のホームページはこちら
(↑なんかこのホームページにあるmenuの挑戦的?な文章も結構好き。笑)


posted by 1031 at 13:00| Comment(2) | TrackBack(0) | パン(大阪府) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。