2008年06月09日

菊乃井(きくのい)

泣く子も黙る菊乃井に行ってきました。





と、その前に。
三条から祇園方面に歩いて行ったので・・・。



一澤帆布
一澤頒帆布と・・・



信三郎帆布
信三郎帆布を通り過ぎまして・・・



菊乃井2
歩いて歩いて・・・。



菊乃井3
着きました!



菊乃井1
菊乃井です。



菊乃井弁当
しぐれめし弁当 お造り付き(4000円+1200円 サ(10%)・税別)



菊乃井しぐれめし
どーん☆しぐれめし
でっかく切った鯛の身に、ゴマだれと山芋と卵黄を・・・。
鯛はさすがにすごくうまかったです。
こんなうまい鯛はほとんど食べたことが無い。



菊乃井しんじょう
えびのしんじょ
だしは昆布だしかな?
えびがダイレクトに味わえる。




菊乃井お造り
お造り(真鯛・マグロ)
こっちも真鯛。かぶってるけど、めちゃくちゃうまいし許す!
真鯛は素晴らしく強い弾力と、白身魚独特の甘さを兼ね備えてる。
わさびももちろん本わさび。



菊乃井豆腐
豆腐
濃厚でうまいよ。


菊乃井料理
色鮮やかでどれもうまい。
一つ一つ丁寧に作ってあるんだろうなぁ。



菊乃井などという高級料亭で4000円の弁当が味わえるのはかなりお得。
普通に考えて4000円のランチは高いけど、この品質なら大満足。





京都市東山区祇園円山真葛ヶ原
075-561-0015
営業時間
12:00〜14:00
17:00〜20:00(入店)

↑人気ブログランキングに参加しています!今日は何位かな〜?


posted by 1031 at 13:33| Comment(4) | TrackBack(0) | 和食など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月07日

Le Petit Mec(ル・プチ・メック)2号店 (黒メック)



人気ブログランキングに参加しています。

Le Petit Mec1
Le Petit Mec(ル・プチ・メック)の2号店に行ってきました
本店を赤メック、こちらを黒メックと呼ぶらしい。
先日紹介したカノビアーノはここのパンを使ってる。

本店は金、土、日のみ営業という悲惨なくらい(笑)の限定営業っぷり。



Le Petit Mec2
種類はかなり少なめ。



Le Petit Mec3
ん〜、スタイリッシュ!



Le Petit Mec4
左から、リュスティック(168円)、パン・オ・レ・ショコラ(150円)、セーグルフロマージュ(150円)
あと、上の写真に写ってる、バゲット(262円)とパン・ド・セーグル(252円)を1本ずつ購入しました。

パン・オ・レ・ショコラは名前の通りミルクたっぷりで軽い食感のリッチな生地ながら、甘ったるくなく、決して安っぽい生地ではない。
しっかり丁寧に作られたうまさがあるし、チョコレートの主張もあるし。




Le Petit Mec5
リュスティック断面
素晴らしい。水分たっぷりで、つやっつや☆
はちきれんばかりの見た目からも想像できましたが、気泡が素晴らしくぼこぼこできていて、限界まで膨らんでます。
クラムの水分量がハンパじゃない!噛み締めると、じゅわっという音と共に小麦の甘さが口の中に広がる。しかもその甘さの余韻が長く長く続く。

クラストは薄めながら、ガッシリと焼きこんだような素晴らしい香りもある。
素晴らしいバランスのリュスティックです。
リュスティックがこれだけうまいので、この時点で何を買ってもだいたいうまいということが分かった。





Le Petit Mec6
バゲット
ここのバゲットは見事なくらいスレンダーです。
今までに見たことないくらい細くて長い。
今までに見たことのないタイプのバゲット。
店内の写真にも写ってます。




Le Petit Mec7
バゲットの断面
細身のバゲットの中にも力強い気泡が。クラムのクリーム色も食欲をそそる。





Le Petit Mec10
縦に割ったら・・・。
おぉ〜!力強い気泡!なんか普通の気泡とちょっと違う感じがする。すごく力強い。

クラストはごく薄めながらバリバリとした強い主張がある。
そしてこのバゲット、信じられないくらい香りが強い
そしてこのクラスト、時間がたってもヒキが強くなりすぎない。完成度が高い!
一方クラムは、水分量がたっぷりで、つやつや!心地よい弾力がある。
味わいはすごく濃厚というわけではないが、すきっとした味わいがある。





Le Petit Mec8
パン・ド・セーグルの断面
ライ麦を10%配合しているそうだ。





Le Petit Mec9
縦に割りまして・・・。

香りがめちゃくちゃ鋭い。
ナイフを入れると、酔っ払いそうなくらい芳醇な香りが部屋中に立ち込めます。
ライ麦がしっかり主張しているので味が濃い。塩味じゃなくてライ麦味ね。
クラストは薄めだけど、主張は強い。バリバリしてる。
かみ締めるごとに膨らむ甘みが非常に素晴らしい。

同様にセーグルフロマージュもうまかった!



これよりさらにライ麦の配合率を上げ、自家製酵母で作った「ルヴァン」も置いてあったが(店内写真の上の丸いの)、結構でっかいパンだったので購入をあきらめた。
しかし、今思えば買っておけばよかった・・・。
どんなうまいパンだったのか気になって夜も眠れない。


人気ブログランキングに参加しています。

ル・プチメックその1(黒メック)の記事はこちら
ル・プチメックその2(赤メック)の記事はこちら
ル・プチメックその3(黒メック)の記事はこちら




ル・プチ・メック2号店(黒メック)
京都府京都市中京区衣棚通御池上ル下妙覚寺186
075-212-7735
営業時間 8:00〜20:00
不定休?
お店のホームページはこちら
ラベル:京都 黒メック
posted by 1031 at 09:21| Comment(10) | TrackBack(0) | パン(京都府) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月05日

Hohoemi(ホホエミ)

Hohoemi(ホホエミ)に行ってきました。



店内雑貨屋を思わせるようなかわい〜♪感じです。
男一人でいる僕は完全に浮いていたのではないでしょうか。笑

見た感じパンのラインナップも焼き色が淡〜い感じのものが多い。
バリバリハード系じゃなく、あくまで優しい感じ。
僕はあまり好きじゃないかも。見た目でだいたい味の想像ついちゃう。
女の子が好きそうなお店。




hohoemi
ブルーベリーベーグル、レーズンパン、クリームパン、クルミのリュスティック

ブルーベリーベーグルはぷくっと膨れた見た目がかわいい。
だいたい想像できる味だけど、思ったより甘さを控えてあり、小麦本来の味わいになってる。
ヒキもしっかりあるので、これはまずまずでした。
 
クリームパンのクリームうまい。卵の香りというよりはなめらかで乳臭い。ミルクミルクしてる。
これも生地がうまい。丁寧に作られているのが分かる。

レーズンパンも想像以上にうまかった。水分をたっぷり抱き込んだ生地が舌の上でレーズンの甘さとともにしっかり主張してる!レーズンが多すぎないのでレーズンが主張しすぎてないのも僕好みです。バランスがいい。
その点ダンディゾンのグラッパはもったいない。
せっかくのうまい生地がレーズンが主張しすぎて印象が弱くなってるから。

リュスティックもなかなかいい。
水分はしっかりあるし、生地の主張もまずまずある。


いい意味で想像とは違う部分があった。
他のパンも食べたいと思いました。

今までに京都の有名どころのパン屋はだいたい制覇しましたが、恥ずかしながら実はまだボンボランテには行けてません。
ボンボランテに行けば僕の行きたいリストin京都は完全制覇です。
いつになったら行けることやら・・・。




京都府京都市上京区亀屋町128
075-212-7727
営業時間 11:00〜19:00
木曜日休

↑人気ブログランキングに参加しています!今日は何位かな〜?
posted by 1031 at 22:22| Comment(2) | TrackBack(0) | パン(京都府) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。